サービス内容 - 仮想通貨の送受金

仮想通貨の送金

仮想通貨を送金する場合は、取引サイトへログイン後、メニュー「入出金・振替」にある「送金(送付)」を選択してください。
以下の仮想通貨送金用の画面が表示されますので、送金する仮想通貨の選択後、『送金アドレス(送金先相手の受金アドレス)』と
『送金額』を入力してください。送金手数料は当社が負担していますので、送金手数料無料で、世界中のどこへでも仮想通貨を送金することができます。

送金について

送金の概要

送金対象仮想通貨 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)
送金手数料 無料
送金数量最小制限

BTC(ビットコイン)の送金額は、0.01BTC以上であれば小数第8位まで指定することができます。
BCH(ビットコインキャッシュ)の送金額は、0.02BCH以上であれば小数第8位まで指定することができます。
ETH(イーサリアム)の送金額は、0.1ETH以上であれば小数第8位まで指定することができます。
LTC(ライトコイン)の送金額は、0.1LTC以上であれば小数第8位まで指定することができます。
XRP(リップル)の送金額は、10XRP以上であれば小数第6位まで指定することができます。

送金数量最大制限

BTC(ビットコイン)は、上限値200BTCまでご指定いただけます。
BCH(ビットコインキャッシュ)は、上限値1,000BCHまでご指定いただけます。
ETH(イーサリアム)は、上限値4,000ETHまでご指定いただけます。
LTC(ライトコイン)は、上限値5,000LTCまで指定いただけます。
XRP(リップル)は、上限値1,000,000XRPまで指定いただけます。

送金の訂正・取消

送金依頼完了後の訂正・取消はできません。
送金先アドレス・送金額・対象通貨は、お間違いの無いようご確認の上、ご依頼ください。

BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)の受金アドレスは、それぞれ異なります。アドレスを誤って送金される事象が多く発生しています。十分ご注意ください。

送金所要時間

各営業日の16時までに受け付けた送付依頼を翌営業日以降(土日祝日を除く)に送金(送付)手続きを行います。
ブロックチェーン(レジャー)におけるトランザクションの状況により変化いたしますので、一定ではございません。

リップルを送金される場合の注意点

アドレス有効化費用について
送金(送付)したリップルを受金するアドレスが初めて受金する場合、ブロックチェーン上でアドレスを有効化するための費用として20XRP(リップル)が受金者負担で発生します。アドレス有効化費用が受金した数量から徴収されますのでリップルの送金元(送付元)から送られた数量が20XRP(リップル)未満の場合、送金はエラーとなり送金元へ返金(返送)されます。

XRP(リップル)宛先タグについて
「宛先タグ」は任意項目であり、未入力でも送金依頼は可能です。
ただし、宛先のアドレスがタグを必要とする属性の場合、タグを指定しない場合、送金エラーとなります。送金先にご確認ください。

仮想通貨の受金

仮想通貨を受金する場合は、取引サイトへログイン後、メニュー「入出金・振替」にある「受金(預入)」を選択してください。
以下のように各仮想通貨ごとの受金用アドレスが表示されますので、『受金アドレス(お客様専用の受金アドレス)』をご利用ください。
受金手数料無料で、世界中のどこからでも仮想通貨を受金することができます。

受金について

受金の概要

受金対象仮想通貨 BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)
受金手数料

無料

受金額

BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)は受金額(預入数量)は小数第8位まで受付いたします。
XRP(リップル)は受金額(預入数量)は小数第6位まで受付いたします。

受金数量制限

受金額には、上限も下限も制限はございません。

受金の訂正・取消

受金後の訂正・取消はできません。
ご送金の際は、送金先が対象の仮想通貨の、お客様専用の受金アドレスであることをご確認ください。

受金額の残高反映

BTC(ビットコイン)、BCH(ビットコインキャッシュ)、ETH(イーサリアム)、LTC(ライトコイン)、XRP(リップル)は、お客様の受金アドレス宛の送金情報がブロックチェーンに更新され次第、即座に口座残高へ反映されます。

XRP(リップル)の受金につきましては、アドレス有効化後となります。無効状態にあるXRP受金アドレスへ『20XRP未満』のXRP(リップル)を送金(送付)した場合は、ブロックチェーン上にて「エラー」となります。

リップルを受金される場合の注意点 リップルを初めて受金する場合、ブロックチェーン上でリップル受金アドレスを有効化するための『アドレス有効化費用』として、20XRP(リップル)が受金者負担で発生します。アドレス有効化費用は、受金した数量から徴収されますので、初めて受金される場合は20XRP(リップル)以上を送金いただきますようお願いいたします。リップルの送金元(送付元)から送られた数量が20XRP(リップル)未満の場合、送金はエラーとなり送金元へ返金(返送)されます。