トムソン・ロイターの情報端末サービスに当社の価格情報提供が決定

        
お客様各位   平素は、格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。 当社は、国際的な情報企業トムソン・ロイターの日本法人であるトムソン・ロイター・マーケッツ株式会社(本社:東京都港区赤坂丁目号赤坂Bizタワー30階、代表取締役社長 富田秀夫、以下「トムソン・ロイター」)の情報端末サービスであるEIKONを通じて、ビットコインの価格情報を提供することを決定しました。   《提供価格内容》 1.通貨ペア   BTC/JPYBTC/USDBTC/EURBTC/HKDBTC/CNYBTC/SGDBTC/PHPETH/JPY 2.価格配信スケジュール 201612月上旬予定 :1時間おきの価格を24時間配信いたします(土日を除く)。 20171月上旬予定  24時間365日、リアルタイム価格を配信いたします。   〔画面イメージ〕

ロイター画像

 

ビットコインは201611月に1BTC価格が80,000円を超え、世界における流通時価総額は1兆円を超えています。日本でも2016525日に改正資金決済法が可決されたことを受けて2017年度からは決済手段の1つとしてビットコインを含む仮想通貨が認められることなどから国内主要仮想通貨取引所における取引量は1100億円を超えるまでになりました。

  Bitpoint(ビットポイント)は国内仮想通貨取引所の中でも最も多くの多通貨取引(法定通貨対仮想通貨)を提供しており、また取引所の中でも先駆けて信託保全制度を導入するなど現在急成長している取引所です。   また、Bitpointは外国為替証拠金取引(FX)ツールとして世界的に導入されているMetaTrade社のMT4を活用した仮想通貨取引を導入するなどFXユーザーからも高い支持を受けており、トムソン・ロイターの情報端末ユーザーからもビットコイン価格をリアルタイムで把握したいという要望があったことからこの度のビットコイン価格の情報提供を決定しました。   ビットコインの価格は仮想通貨取引所によって違いがありますが、今回のトムソン・ロイターへの価格提供を受けてビットポイントの提供価格が広く世界にアクセス可能となることで、ビットポイントが日本における仮想通貨取引所のスタンダードになることを目指します。     ビットポイントは、これからも仮想通貨が「使う・送る・投資する」手段としてより普及するようにサービスを強化して参ります。これからのビットポイントの取組みにご期待ください。   (トムソン・ロイターはアメリカ合衆国ニューヨークに本社を置く国際的な大手情報企業です。100年以上の歴史を有し、世界100ヵ国超で事業展開しています。また、日本事業は1872年、ロイターの現地支局開設が起源です。 詳しい情報は、http://thomsonreuters.comをご覧ください。)    

以 上

トップへ戻る