今後のバージョンアップ計画について

お客様各位
平素より、当社サービスに格別のお引き立てを賜り厚く御礼申し上げます。
さて、当社では、本年7月23日の仮想通貨現物取引のサービス開始以降、8月27日、9月25日(予定)と現物取引に係るバージョンアップを段階的に実施して参りました。まだまだご満足いただけるようなサービスに至ってはおりませんが、今後のバージョンアップを以下のとおり計画いたしております。当社は、お客様のご意見・ご要望等に真摯に耳を傾け、満足度の高いサービスを提供して参る所存でございますので、何卒ご愛顧賜りますよう重ねてお願い申し上げます。
なお、当社のサービスならびに機能に係るお客様のご意見・ご要望等は、当社ホームページ上の「お問い合せ(/contact/)」から受付けいたしております。
※今後スケジュール等に変更がありましたら、当社ホームページ上でご案内いたします。
※当社WEB取引ツールは、スマホ・タブレット等にも対応いたしております。
 
1.WEB取引ツール(現物取引)バージョンアップ第3弾
2016925日(日)より、WEB取引ツール(現物取引)バージョンアップの第3弾として、以下の機能を追加対応いたします。
 
①逆指値注文(STOP注文)の対応
②資産管理機能(実現損益照会、資産サマリー照会)の対応
③価格チャート、時系列価格情報の機能追加対応
④ユーザー設定機能(初期値の設定)の対応
BTC取引の多通貨対応(USDEURHKDCNYSGDPHPによるBTC取引対応)
⑥為替両替機能(JPY ⇔ 外貨)の対応
〔注〕上記⑤、⑥の機能につきましては、10月上旬からのサービス開始を予定しております。
 
 
2.仮想通貨送金サービスのリアルタイム化
20161015日(土)予定にて、仮想通貨(BTCETH)送金サービス機能をバージョンアップし、現状24時間を要する送金時間をリアルタイム化いたします。本対応に伴い、仮想通貨における店舗決済等のご利用が可能となります。
 
3.WEB取引ツールによるレバレッジ取引の開始
20161029日(土)予定にて、MetaTrader4による証拠金取引(ビットポイントFX)に加え、WEB取引ツール上でレバレッジ取引(保証金取引)を開始いたします。2倍から25倍までのレバレッジコースの選択が可能であり、また保証金取引であることから新規売建てからのお取引が可能となりますので、下げ相場時においても利益をあげる機会のご提供が可能となります。
 
4.WEB取引ツールの多言語化対応
20161126日(土)予定にて、WEB取引ツールを現状の日本語版に加え、多言語(英語・簡体字)に対応いたします。本対応に伴い、非居住者におけるお取引がより一層便利となります。
 
5.スマホ・タブレット端末向けアプリの提供(iOS版、Android版)
201611月下旬予定にて、仮想通貨送受金サービスを主機能としたスマホ・タブレット端末向けアプリ(iOS版、Android版)をリリースいたします。仮想通貨の店舗決済等がより一層便利となります。
 
 
 

以 上

トップへ戻る