Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(May. 7 . 2021)

各アルトコインの急騰、リクイディティが薄い証拠か?
そろそろ一旦の天井に警戒を!

先日もお知らせしましたが、海外市況含めてアルトコインの日替わりヒーロー相場が続いております。
どれも持っているだけ儲かるという相場はまさに2017年相場と全く同じです。
ここ最近ではBTCが堅調に推移しているものの上昇には至らず、上がったところは売られ、代わりにアルトコインに断続的な資金流入が続いております。
直近では、ビットコイン・キャッシュやドージコイン、イーサリアム・クラシックが米大手ロビンフッドに取り扱い銘柄入りされてることもあって、急騰しております。

引き続きこういった相場は5月中まで続くと考えておりますが、当コラムで何度かお知らせしてきた通り、5月中旬〜下旬に一旦TOPをつけて一度BTCドミナンスが回復するターンがやってくると考えております。
一度、ポートフォリオ整理のタイミングとして構成比率を見直すタイミングとしてはよい機会ではないでしょうか。

20210507-01

出所:Trading View BTC.D

  • ドミナンスのイメージとしてはこのように考えております。
    一方的に上がる相場はこの世に存在しません。キツい調整を何度か繰り返して再び同じ方向に向かいます。資産を守る機会もしっかりと対応すべきだと筆者は考えますので、ぜひ当コラムを参考にして頂ければ幸いです。

Bitcoinは方向感を欠く

20210507-btc01

BTCJPY日足です。
4月下旬に510万円近くまで調整が入ったものの、すぐに価格を回復させてGW中は一時640万円にまで回復をしました。
やはり価格が下がったところからの買い圧力は相当なものだったと思います。
簡単に崩れないのがBTCでもあるのですが、やはり上がったところでは買いが入ってこないようです。
並行チャネルレンジ内で推移を予想しますが、正直ここから上限か下限ラインまでどちらが先に到達するのかはわかりません。
一目均衡表レベルですと、先行スパンが陰転をはじめました。かなり久しぶりの陰転です。
MACDも0.00ライン前後で推移を始めていることから、少々気難しい相場がしばらく続くようにも感じます。

先週同様にBTCの長期ポジションはホールドで結構だと思いますが、短期トレードのエントリーは個人的には今週も見送りたいと考えております。
買いで入るなら、下限サポートラインから。仮に5月下旬に向かって上昇するならば、レバレッジ0.5倍程度でのショート戦略もありかな、とも考えます。

ETH高騰続く。

20210507-eth01

Ethereumチャートに移ります。
自分でトレード推奨しておきながらですが、正直30万円突破からこれほど上がるとは思いも寄りませんでした(笑)
ポジティブ材料は数多くあるのですが、7月のロンドンハードフォーク期待も大きいと考えられます。DeFi市場の取引高も上昇続きであり、やはり取引高からくる人気具合が価値の裏付けでしょう。
また米フィンテック企業MogoがETH購入したニュースも大きかったと思われます。NASDAQ上場企業でETH購入を敢行したのははじめてではないでしょうか。
現金ポジションの5%を仮想通貨ポートフォリオに充てる計画だそうです。

さて、ETHポジションですが、利益確定準備は前述通り、5月中旬からで構わないと思います。
押し目買いチャンスはあと1回ぐらいあるようにも思え、サポートラインである28万4000円が絶好の買い場になると思いますが、そう簡単に押し目の機会を与えてくれそうにもありません。
水色の転換線タッチするあたりから浅い押し目ぐらいで入っていくと良いように感じます。
週末に35万円前後に押す機会があったら、そこからまた10%ぐらいの上昇を取れるかもしれません。(ボラティリティが高いため。)あくまで短期的な戦略ですが、短期トレードに限って勝負するならばこちらの戦略を参考にしていただければと思います。

冒頭でコメントさせて頂きましたように、時価総額の小さなコインが1日に10-40%高騰するものが目立ってきております。何もかもが上がる相場には終焉が必ず待っています。突然悪材料が引き金になりかねないので、慎重な投資判断と資金管理は徹底して頂き、トレードィングを楽しんで頂ければと思います。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。