Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(March. 26 . 2021)

バイデン大統領、経済再生計画を来週発表!
リスクオン回帰か?

昨晩、バイデン大統領は記者会見にて、コロナ経済再生計画として、パラダイム・シフトを宣言しました。
医療支援拡大の他、税制改革に乗り出し、中間層のための新たなパラダイムとしてインフラ投資拡大を宣言しました。

その詳細はまた来週発表されるようです。
これを受けて米株式市場は上昇に転じました。暗号通貨市場もBTCの下げ止まり感があり、この週末がちょうどボトムとなるかもしれません。買い場到来のように感じます。

トレンドライン割り込むが。

20210326-btc01

まずはBTCJPY分析です。
トレンドラインとサポートラインを割り込みましたが、前述の報道から下ヒゲで終えております。
逆にこれが良いだましになれば、次は上方向にカウンターパンチを贈りこむタイミングとなりそうです。

海外市場のレバレッジポジションはこの1週間以上、ショート比率に傾きっぱなしです。
彼らの利食いもこれから助けになるでしょうから、下値はそろそろ限定的ではないでしょうか。
さらに下押しする場合は、一目の雲が存在している520万円付近ですが、個人的にはそこまで下落するようなイメージはあまり持っておりません。
直近安値で騙し下げがもう一度あるかもしれませんが、今週末から週明けにかけて、540-570万円ゾーンは買い場になりやすいと感じます。その値動きのイメージを1時間足にてご説明します。

上値600万円手前、三角持ち合い形成をイメージ

20210326-btc02

1時間足です。
下げ止まるにしても急反発はあまり予想しておりません。
相場というものはV字で方向を変えるものではありませんので、下落から上昇に転じる際も短い時間足はじまります。高値と安値を切り上げたり、切り上げなかったりと、方向感をなくし、徐々に下値を切り替えていくフェーズが今週末に起こるのではないか、というイメージです。

そして、その上値の目処となる抵抗線を引いてみました。
1時間足ですので、土曜日の夜〜日曜の午前中にかけて反発しているならば、580-600万円ぐらいではないかと予想します。

逆に、もう1段下方向に価格を落とす場合、下ヒゲ騙しのような値動きになると想定しており、短時間で戻すような値動きを予想します。
下値はどこまで?と言われると難しいのですが、安値を割り込んでも数時間以内にまた戻ってくるイメージです。
よって、緑色のゾーンとして540-570万円で安値圏は推移する前提で記載させて頂きました。
個人的なイメージに過ぎませんが、直近の下値の切り下げ方と価格の戻し方をイメージした推測になります。今週末も押し目買い狙い戦略です。

ベーシックアテンションが今月は大きく上昇!

20210326-01

出所:https://www.bybt.com/ja/Grayscale

先月下旬から非常に大きく価格を上昇させたBAT(ベーシック・アテンション)ですが、理由は、世界最大のGrayScaleファンドがBATの取り扱いを始めたからです。

先日、この発表は大きく報道され、さらに上値を伸ばしました。
それから本日現在、1週間ほど調整をしており、良い具合まで下落してきましたので、そろそろご紹介したいと思います(笑)

20210326-bat01

テクニカル的には、フィボナッチの38.2%押しの水準にまで下げてきました。
BATにご興味があって、投資を検討されている方ならば、この水準からの参戦はありでしょう。
もう一つ買指値注文を出すなら、50%押しに当たる95円ぐらいでしょうか?
この2つのポイントに注目しておいてください。

参考までにBATに詳細をお知らせします。

時価総額は1600億円強

20210326-02

出所:https://coinmarketcap.com/ja/currencies/basic-attention-token/

BATの詳細です。
世界の暗号資産時価総額ランキングは61位、14億9900万ドルですので、約1630-1640億円相当のコインになります。
そして1日の取引高はVolumeを見てください、4億1862万ドルなので、450-500億円程度の出来高があるというわけです。
時価総額の1/4以上が24時間で取引されているコインですので、かなり流動性が高いコインとなります。つまり期待されているコインの一つというわけです。

マーケットにあまり流通していないコインで時価総額だけ膨れて取引高だけは少ないというコインもこの業界は多く、そういった見せかけ時価総額のコインに投資するよりかは、やはり何かしらこういった需要や期待があるからこそ、取引高が多いコインを選別して投資する必要はあると思います。

BATはリクイデティ観点からみると、実に質の良いコインだと思います。
トレーダーには好かれやすいと思います。
ぜひ、ちょうど日足チャートも調整してきたころですし、売買に挑戦されてみてはいかがでしょうか?

今週末の戦略はBTCとBATの押し目買い戦略としてまとめさせて頂きます。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。