BITPoint Weekly Market View(March. 19 . 2021)

TRX取り扱い開始!

20210319-01

BITPoint JapanではTRX(トロン)の取り扱いを開始しました。
トレーダー観点から申し上げますと、流動性も熱く、時価総額と取引高の割合では他のアルトコインと比較して圧倒的に流動性があるコインです。つまり何かしらの需要があるため、取引高が常に多いのでしょう。
TRXサイトはこちらのURLです。
https://tron.network

Dappsの分野では世界TOPクラス、且つ、トランザクションも多いのがトロンの印象です。特に分散型アプリケーションの中でもオンラインゲームに強みがあり、そのシェアは世界でNo1です。
またトロン率いるJustinSun氏は、暗号通貨業界のアジア地域でも、最も影響力のある1人としてノミネートされており、Twitterフォロワーは229万人を超えます。

20210319-02

TRXは、日本国内第一号で取り扱いがはじまったコインです。
ぜひ、BITPoint口座で取引を始めてみてくださいね!価格は1コインあたり、5.8-5.9円前後で推移をしております。

20210319-03

BTCは高値圏揉み合いでしばし休憩か?

20210319-btc01

BTCJPYから分析していきましょう。
今週のFOMCは市場が予想していたよりハト派でした。パウエル議長はハト派姿勢を貫き、長期金利の上昇も前向きに受け止めているご様子です。またドットチャートによると、FRB議員も2023年までは利上げをしない見通しが圧倒的多数で反映されており、市場はリスクオンで反応しました。その値動きが水曜夜中から木曜にかけて反応がありました。
BTCも連動したような値動きで、現在は金融市場と歩調を併せている様子です。
今週も基本的にはBTC押し目買い戦略を前提でお話致します。
まずはトレンドラインを引いてみました。

向こう1週間ベースでお話しますが、このピンクのラインまで下落してきた場合、そのあたりからテクニカル的には買いを入りやすいように考えます。
イメージ的には550-590万円で、まずはここに絞って指値注文を有効活用できればよいイメージです。もう少し慎重にエントリーを狙われるなら、一目均衡表の雲をサポートにエントリーでしょうか?雲のサポートは520-550万円ゾーンで向こう1週間は推移をしそうですので、このあたりのように思えます。

時間軸を落として、週末短期売買戦略についてもご紹介していきます。

BTCJPY1時間足

20210319-btc02

1時間足です。三角持ち合いを形成中でしょうか?
この1時間足チャートベースですと、第一エントリーポイントは600-610万円にサポートラインが重なりそうなので、この付近からのエントリーが考えられるでしょう。

直近の値動きから考えられることは、昨晩、高値を超えて安値を割り込んで、短期トレーダー勢はこの値動きに振り回されて一掃されている可能性があるということです。(○で囲った値動きです、)
622万円のサポートも割り込んだことですし、600-610万円まで下値は警戒をしておくべきではないでしょうか。
ただし、610万円すら割り込まず、現状価格で本日明日中に小動きとなる場合、短期勢は上記の値動きでほとんどロスカットされている場合があります。よって、相場はより大人しい値動きとなるかもしれません。
その場合、時間差でまた上方向に動き出す可能性もあります。その場合は史上最高値を更新する前提の値動きに頭を切り替えて長期ポジションホールド体制継続といった格好で良いように感じます。短期トレードで高値追いは禁物、深い押し目買い姿勢を堅持です。

ETHはトレンドラインまで待ちたい。

20210319-eth01

ETH分析に移ります。
やはり高値を超えきれません。夏頃までハードフォーク論争に揺れる可能性が少なくともあり、買いを手控えている投資家は多そうです。DeFiトークンバブルに沸いている最中ですが、送金手数料高騰にて、新規参入者は減少傾向ではないでしょうか。ETHをここから買い入れてDeFiに参加する投資家が増えるようにはあまり思えないので、徐々に上値が重くなってくるように感じます。
暗号通貨市場にポジティブなニュースが流れ、市場全体が上昇する相場なら話は別ですが、そういった相場の場合、どのコインもあがります。よって基本的にはBTCよりETHは少し弱気です。

これらを前提に考えながら、チャート分析していきます。
同じく、トレンドラインの押し目買い水準からの買いトレード狙いを個人的には考えます。
価格的水準では16-18万円ゾーンとなりそうです。ちょうど、一目の雲にさしかかるポイントでもあるので、この価格帯では止まりやすいかもしれません。
ETHに関してはこの水準より、買指値注文を個人的にはイメージしておりますが、基本的にBTCトレード戦略を中心に今週も考えていきたいと思います。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。