BITPoint Weekly Market View(Aug. 05 . 2022)

米中摩擦不安定相場へ移行か?

今週、突如、米国のペロシ下院議長が台湾を訪問し、中国政府から猛反発を浴びました。
ペロシ議員は人権派で知られる米国の政治家の一人でして、ウイグル自治区の人権弾圧や天安門事件など、正式に抗議をしている人物の一人です。
そういったこともあり、米国でNo3の人物が、台湾を訪問したことにより、中国政府の怒りを買った模様です。
現在、中国人民解放軍が台湾を取り囲むように軍事演習を行なっており、ミサイルを11発射するなど、非常に物騒な状態となりました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-08-04/RG2K9ZDWRGG001

米中の緊張感は今までで一番高まっていると感じます。
日本近海に北朝鮮ミサイルが着弾することがあっても、中国のミサイル発射は初耳レベルです。新たな有事としてこの夏はマーケットの注目となるでしょう。
特にこの週末、中国国内では新たな報復措置などが取りまとめられて発表があると思います。
世界のサプライチェーンが将来的にまた逼迫するかもしれませんので、この動きには注意しておかなければならなさそうです。

下降トレンドラインを抜けられず

20220805_btc01

BTCJPY日足分析です。一連の報道を受けて、BTCは今週からやや下落基調です。
下降トレンドラインを上抜けられず、一目の雲の中で推移をしております。
数日前までは反転形状で上昇トレンド復活の様相だったのですが、現在は、上値を切り上げられず、少し下方向に向かいつつあります。
ポイントとしては280万円付近に引けるサポートラインですが、ここを再び割り込みますと、上昇トレンド失敗の可能性が濃厚です。
直ちに急落するとも考えにくいですが、方向感を失いやすくなりますので、その場合ですと、ボトム圏でのレンジ相場が再び始まる印象です。
現在の値動きを受けて、BTCポジションは縮小し、普段の50%程度のロット量に抑えて運用が良いのではないかと考えているレベルです。
今週戦略はこのチャート形状により、利益確定を優先で、ポジションを縮小という戦略で書かせていただきます。

ETHJPY

20220805_eth01

続いて、ETH分析です。BTCよりも形状は良好です。高値と下値を切り上げております。
一目の雲をしっかりと抜けてきましたので、上昇トレンド継続の可能性がBTCよりも高いでしょう。
ただ、レジサポラインはちょうど22万円付近で推移しております。
この水準より上で推移できるか、下で推移してしまうかで、上昇と下降の分かれ道のようにも感じます。
MACDがデッドクロスを開始しており、しばし数日はETHも様子見のほうが得策かもしれません。
現状レベルで一度、利食いし、押し目買いを待つスタンスに変更でしょうか?

BTCの連れ安相場の可能性もあるので、ETH買いトレードは一部収益ロックしておいたほうが無難と考えます。1時間足で詳細を見ていきましょう。

1時間足は下値を切り下げ開始?

20220805_eth02

1時間足では下降トレンドラインを引くことができます。
利食いに目安は22万-22万4000円ということになりそうです。
1時間足ですので、このコラムをお読みいただくころには、すでに数時間が経過してしまっていると思います。よって、この下降トレンドラインをうわ抜けられずにいるならば、一部撤退とし、逆に超えている場合は、22万円にストップを切り上げてトレールするようなスタイルが良いのではないかと考えます。
1時間足ではすでに高値と安値を切り下げ始めておりますので、現状水準から下落が再開されるならば、20万4000円方向となるでしょう。
ここを下抜けた場合、20万円割れを覚悟し、次の安値である18万5000円付近を目指す展開になりますので、結構な注意が必要となる週末となるのではないでしょうか。

加えて、冒頭で記載しました米中問題は始まったばかりです。中国が台湾侵攻計画などとなれば、強烈なリスクオフ相場となると考えます。
その場合はさすがに暗号資産市場も崩れるでしょう。
特に侵攻という文字が出てきた場合、台湾領土に認定されている「金門島」あたりから注意が必要です。中国本土とほぼ密接するレベルの島ですので、中国軍があっさり侵攻すれば武力もなしで制圧できる島だと考えます。
今回のリスクオフ相場は為替市場でも円高相場のポテンシャルが高いため、BTC/JPYやETH/JPYの下落幅も大きくなると考えます。しばらくはリスクを抑えた運用をおすすめしたいところです、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。