BITPoint Weekly Market View(Jul. 22 . 2022)

暗号資産は大幅上昇の1週間!この上昇は本物か?

先週のコラムでお伝えした通り、米CPI発表後から明らかに相場の雰囲気が変わりました。
先週の更新から、BTCは30万円以上も上昇、ETHにおいては5万円以上の上昇となりました。
https://www.bitpoint.co.jp/news/market/bitpoint-weekly-view-20220715/

為替はドル買い相場に一服感を感じ、コモデティ市況も下落基調です。
前回更新の通りですが、インフレピークアウト説を意識したエントリーがマーケットで増えてきているように感じます。
これは暗号資産市場においては大変追い風です。
今年上期はずっと下落相場でしたから、一旦大きく調整で戻すイメージをしております。

一目雲の中に突入!高値圏で揉み合い相場か?

20220722_btc01

BTCJPY日足チャート分析です。下降トレンドラインを力強く抜けてきており、一目近郊表の雲の中に突入をしてきました。
この雲は上値を抑えられやすい価格帯であり、しばらくこのあたりでレンジ相場を形成するかもしれません。
しかし押したところは買い場だと考えます。
先週から始まった反発上昇でしっかりとまだ買えていない投資家は多そうです。
また海外市場ではレバレッジ取引で戻り売りをエントリーしてくるプレイヤーもこの価格帯では多そうです。
この場合、ドル建てでよくみておかなければならないのですが、

20220722_btc02

およそ、25000USDのレジスタンスラインからの戻り売りは強めに入ってくると思います。
円建てで345万円(1ドル=138円計算)になりますから、週末の上値の目処は345万円より手前にて、一部ポジションを落とすなどをして、ポジションコントロールされると良いでしょう。

押し目買いを狙っていくならば300万円をバックに300-310万円あたりから追加のエントリーを個人的にはイメージしております。
向こう数日は、時間足で300-340万円ゾーンの三角保合いを形成してくれたほうが、後々フォーメーション分析がしやすそうです。今はアクティブに追加エントリーをするわけではなく、上昇相場の一時休憩をイメージし、上がったところはポジション縮小、下げたら再度買いを狙う、といった作戦で考えております。

大幅上昇を演じたETH

20220715_eth01

続いてETHJPY分析です。
こちらも一目雲の中に突入を開始してきており、分厚いゾーンの中、価格を押し上げております。MACDもあっという間にプラス圏に浮上はポジティブです。
現状、21万9000円のレジスタンスラインに阻まれておりますので、週末は一旦押されるかもしれません。
土日には、下降トレンドラインもぴったり重なってくるでしょうから、これも上値を抑える原因になります。
14万円台から一気に上昇を演じてきましたから、ここは一旦、小休憩を挟みやすい水準ではないでしょうか。
ETHは現状水準で、一部利益確定は戦略としてありでしょう。
個人的にはポジションを縮小し、また押したところから入りたいイメージです。

押し目は19万5000円〜20万1000円?

20220715_eth02

1時間足に時間軸を落とします。
仮に週末押すのであれば、記載した二つのサポートラインから入っていきたいと個人的には考えております。
ネックラインを割れて投げが出たところを拾うイメージです。
第一エントリーポイントは20万1000円のサポートライン、第二エントリーポイントは19万5000円のサポートライン、この二つをターゲットに個人的には定めておきたいと思います。
ですので、現状へッドアンドショルダーがネックライン割れを実現したとして、前述通り、この1週間で大幅に高騰しましたから、しっかり買えている投資家は少ないと思われます。
つまりネックライン割れから損切り注文も限定的だと考え、下値を大きく更新する可能性は低いのではないかと、このように分析しているわけです。
あくまで個人的な戦略に過ぎませんが、この2つのサポートラインは週末重要な価格帯になりますので、注目してみてください。


以上、先週に引き続き、BTCもETHも上昇目線を堅持します、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。