Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Jun. 10 . 2022)

ついに欧州も利上げ開始か、暗号資産市場に対してはネガティブ

昨晩、ECBがついに動き出しました。長年のゼロ金利政策解除で、0.00%→0.25%となりそうです。
また9月にも引き上げが示唆されており、0.50%が市場予想となっていくかもしれません。
このあたりは、来月にもアナウンスがあると思いますので、株式市場や暗号資産市場も全体的に上値が重くなっていく要因です。
昨晩の動きを受けて、欧州株が全体的に下落、ドイツのDAX市場中心に下落継続中です。

20220610-01
出所:Trading View DAX先物チャート

これでFRBとECBは利上げサイクルに入りました。特に欧州は米国よりも今後インフレが深刻化しそうです。
ECBの利上げサイクル入りは正直予想よりかなり早い段階となりました。世界で二番目に大きな通貨の利上げですから、キャッシュに大きく戻るフェーズでしょう。
暗号資産市場とってはマイナス要因です。再び上値が重くなる展開を予想します。

BTCは底堅くも、どうも上値が重い

20220610-btc01

BTCJPY分析です。今週は418万円付近まで上値を伸ばしたものの、すぐに反落。
レジスタンラインで売りが待っていたのか、その後400-415万円で激しく動きました。
現状、落ち着いてはいるのですが、上値が重い印象をかなりうけております。

おそらく海外のレバレッジ市場で戻り売りのエントリーが大きくヒットしたのでしょう。
まだ下サイドを見ているプレイヤーも多いように感じます。
個人的には既に買い終えているので上攻めをしてほしいところなのですが、反発傾向があまりにもない、この1ヶ月なので、少々不安にもなっております。

一目近郊表ベースではようやく週末から雲に差し掛かり、停滞感が出てくると思われます。
合わせて下降トレンドラインも近づいてきていることから、420-430万円の上値も重そうです。
一度、415-430万円まで浮上しつつも、再度350-380万円まで下落し、そこから再び上昇するシナリオのほうがトレードしやすいかもしれません。
もうしばらく我慢し(2週間ほど?)、時間をかけてこれらの値動き消化を個人的には希望します(笑)

その後の方が、テクニカル的にも上昇に転じやすいのではないかと考えて、再び方針転換しようと考えております。

まとめて、今後の値動きイメージですが、仮に418万円のレジスタンスを突破した場合、418-440万円ゾーンで一度半分ほど利食いをイメージし、再び400万円以下で買い直しの戦略に切り替えようと思います。
週末のBTCJPY戦略はこのようにいきたいと思います。

アルトコイン市況は厳しい

20220610-eth01

つづいて、ETHJPY分析です。
BTCと比較しますと、下降トレンドラインからまだ距離もあり、合わせて一目の雲とも距離がありと、なかなか厳しい形状に見えます。
さらにボトム圏で張り付いていること考えますと、捕まっている買いポジションも多いことも理由に挙げられるでしょう。

レジサポラインを引きましたが、21-26万円の推移がもうしばらく継続しそうです。
BTCが仮に430万円付近となれば、多少の連れ高となるでしょうが、それでも26万円台のレジスタンスラインが超えられていなければ、一旦逃げた方が良さそうです。
今一度、売りに押される展開を予想します。
6月いっぱいは、このレンジ相場を想定し、仮に21万円を割り込むようですと、20万円も意識した展開となるでしょう。
持っているポジションは原則縮小方向で考えたいと思います。
ECBも利上げをしてきましたし、米国のインフレ率も収まらないようであれば、さらなる下落も十分あり得ると思われます。
ETHをはじめ、DeFiやイールドファーミング系のコインの多くは、インフレコインです。BTCはそのようなことはありませんので下落が緩慢なのですが、アルトコインは引き続き注意が必要だと考えます。
また今週末から暗号資産市場に対しては、トーンを落とし気味でマーケットを静観したいと思います。
基本、BTC中心のロング継続も、リスクを押さえて、といったところでしょうか。
以上、今週末の個人的な戦略を書かせていただきました、ご参考ください。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。