Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Jun. 03 . 2022)

金融市場が反転!6月はリスクオン相場か?

米株式市場を筆頭に、リスクオン相場がマーケット全体に戻ってきております。
FRBメンバーの一部から9月の利上げ観測後退が出ている模様です。
バンク・オブ・アメリカのレポートからも6月-7月からは50bpの連続利上げがあるものの、9月は見送り、または緩和的になるというレポートが出始めました。
急ぎすぎた政策金利引き上げ速度に一旦の待ったをかける流れです。
今年に入ってからは、ハト派的な発言が出てきたのは初めてではないかと感じます。

また今週、サウジアラビアとUAEがわずかながらですが、増産する格好で、OPECプラスは会合を終えました。満場一致だったのではないでしょうか。
原油価格はこれを受けて今週下落、昨日は「バイ・ザ・ルーマー」で買い戻されましたが、高値を超えるまで至っておりません。
本日は週末ですので、原油価格が再び下落相場に向かえば、来週も下落トレンド再開の可能性があります。特に日足レベルで陰線は重要だと考えます。

現状、世界はインフレに苦しんでいる状況ですから、原油価格の下落が最も効果的です。
苦しいインフレ経済の緩和は、ほぼ原油価格にかかっております。
下落相場を望みたいところです。

リスクオンの恩恵を受けてBTCも上昇に転じる

20220603-btc01

BTC/JPY日足分析から始めます。
ようやくボトムアウトの兆しが見えてきたように感じます。
5月上旬にLUNAショックで急落したBTCでしたが、その安値を割り込むことなく、一度高値を更新して5月は引けました。
週足レベルでは8週連続陰線が続いておりましたが、365万円を下回らない限り、今週は陽線で終えそうです。
ここまで連続して陰線が続いた相場は、筆者は初めてです。
それほど弱いマーケットだったということになります。
6月以降は、米・中間選挙対策にそろそろ打って出ると考えておりますので、しばしリスクオン相場前提で付き合っていくと良いように感じます。
チャートは下降トレンドライン方向に推移していくと予想し、一目の雲の中に突入するターンだと考えております。
MACDはすでにゴールデンクロスをしておりますが、個人的にはしばらく緩やかな右肩上がり程度の上昇チャネルレンジ相場のイメージを持っており、徐々に上値を切り上げていくようなレンジ相場を予想しております。
今週から暗号資産全体を買い戻し始めており、久しぶりにポートフォリオを100%暗号資産も戻しました。個人的なポートフォリオになりますが、BTCが60%以上を占めており、BTC主体でマーケットが回復していくと予想しております。

ETHは回復が遅れるか?

20220603-eth01

続いて、ETH/JPY分析に移ります。
BTCと比較しますと、直近安値を割り込んでしまい、先週、さらに安値を更新しました。
DeFiマーケットが軟調に推移をしている影響を受け、ETHの上値は重めです。
アルトコインの中でも時価総額の小さなコインの急落が目立っており、その影響を少なからず受けている印象です。
あれだけ強かったETHがこうも弱いと、あれほど元気だった資本はどこへいったと目を疑いたくなるレベルです。
昨年の高値から60%ほど値を下げておりますから、反発を開始すれば、一定の値幅まで戻りやすいこともあるので期待もしたいところですが、現状、BTCの上昇がマーケット全体で目立っておりますから、あまり期待しすぎも良くありません。
買いを再開しますが、BTCの半分以下程度に留めて今月もじっくり買い下がるスタンスで維持でも良いように思えます。

ETHに強気になれない理由

20220603-01

USD建でチャートを見ましても、昨年の安値サポートラインまで到達しており、この1700ドルのネックラインを割り込みますと、週足レベルで長期的なヘッドアンドショルダー完成となります。
その場合は1000USD方向も視野に、1500USDは確定的ではないかと考えます。
ですので、その資金に余力もあったほうが無難だと考えます。
よって、ETHのエントリーはドル建てチャートの地合いが良くないので、まだ本腰を入れてエントリーできないという事情があることをご容赦願います。
今週からリスクオンを意識しつつも、BTC中心のトレードから開始するという理由はこちらになります、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。