Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(May. 20 . 2022)

短期的に底打ちの兆候、BTCは一旦の底が近いか?

少しずつですが、暗号資産市場の値下がりが鈍化傾向にあります。
今月、一時336万円付近まで急落したBTCですが、現在は380-400万円付近で推移を始めております。
理由としては、米株が下がっているのにも関わらず、BTCをはじめ、多くのアルトコインですら安値を割り込まない状況が続いていること、米政策金利引き上げはほとんど織り込み済みとなりつつあることが考えられます。
ダウ先物指数も大台の3万ドル台まで下落をしてきました。

20220520-01

ダウ先物指数は2022年1月にTOPを、NASDAQ先物指数に関しては2021年11月にTOPをつけて調整下落相場となりました。
間も無く半年間の下落相場が続いたことになります。
株式市場に限りますが、歴史的な急落をふくめて下落相場は短期的に4-6ヶ月で終えているケースも少なくありません。
例外としては、ITバブル崩壊の2000-2002年や2007年夏頃から2009年2月までのリーマンショック時期といった少し長いパターンもありますが、そろそろ意識されるころのようにも感じます。

また例年9月ごろに米株はよく崩れやすいのですが、米・中間選挙が11月にあることから、株価対策を実行してくる可能性も高いでしょう。
高いインフレ率を大きく抑え込むために利上げが必須ですが、夏頃から本格的に株式市場への対策に乗り出す可能性もあります。
よって、個人的には久しぶりに買い向かう方向で考えを改めはじめた次第です。

昨年5-7月の値動きに似てきたBTC

20220520-btc01

BTCJPY日足チャートからです。
MACDがゴールデンクロスしそうです。大きな下落トレンド後、最初のゴールデンクロスは騙しになるケースが多いのですが、その騙しとなって再度下落をはじめたポイントあたりから買いを狙うイメージです。

現状、380万円や400万円、430万円付近にレジスタンスラインが引けますので、この水準が上値の目処として考慮いただき、300-350万円台から買いを入れていくイメージを持っております。
ちなみに昨年5-7月の値動きを参考にしますと、同じく5月は640万円付近から340万円まで下落しました。
ボトム圏で揉み合いが続き、6月下旬、7月下旬に320万円付近の安値をつけて再度11月に向けて760万円まで上昇をしていったのです。
昨年の値動きとそっくりなため、アノマリーと前は申し上げませんが、値動きは参考にしておくと良いでしょう。
下落の速度や下落トレンドの波の打ち方がそっくりなので、ご紹介させていただきました。
5月下旬から6月にかけて再び値固めのフェーズと考えております。
300-350万円で指値注文から準備されると良いのではないでしょうか。

SMA30が追いついてくるまでは我慢

20220520-eth01

続いてETHJPYです。
直近安値であるボトム圏での出来高が増加しております。最後の投げが出た証拠でしょう。
市場の流動生が薄いと判断し、ある程度急反発したり、再び急落したりと22-28万円レベルの乱高下レンジ相場がしばらく続くように感じます。
最終的には落ち着きどころを探し、三角保合いのようなレンジ相場に落ち着いていくと予想します。
再度ETHを買いに転じるならこのタイミングからでしょう。
BTC同様に今月下旬から6月にかけて満遍なく資金を分けてエントリーを始めると良いと感じます。
SMA30(1ヶ月移動平均線)の位置も重要で、ローソク足実体にSMA30が何度も重なる時期まで待つ必要があります。
1ヶ月の平均価格ですから、そのラインをローソク足実体が上下しながら推移が続けば、マーケットが落ち着いたと判断して良いと思います。
そのように考えると、やはり6月ごろがベストかもしれません。
今週末から直ちに買い向かうわけではありませんが、指値注文などで準備をしておく時期のように感じます。

【5月下旬〜6月の買い場想定レンジ】
BTC300-350万円
ETH20-25万円
幅広くレンジをとっておりますが、思い切った逆張りエントリーを狙って資金を複数回に分けてマーケットに再参入を個人的には意識しております、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。