Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(May. 13 . 2022)

LUNA、USTで暗号資産市場急落!静観がベストか?

USTとLUNA騒動で始まった暗号資産市場急落マーケットですが、市場をパニックにさせるほどのインパクトとなりました。
USTはUSDのステーブルコインで1UST=1USDとされていたわけですが、このペッグが外れて急落です。
USTはDeFi市場にて、Anchor(アンカー)という金利10-20%を謳っていたプラットフォームです。
参考:https://app.anchorprotocol.com/#/

USTという高金利ステーブルコインでしたが、無担保型に近い仕組みを採用しており、ステーブルコインで有名なDAIなどの担保型コインと比べて価値の裏付けに疑問を投げかけるブロックチェーンエンジニアは一定数存在しました。
それが今回、崩壊した格好です。
本日、海外大手取引所BinanceはLUNAやUSTの上場廃止のアナウンスを出したようです。
よって各取引所もアナウンスが入りそうです。
逆に上場廃止となれば、今度は売りで入っていたショートポジションが一気に生産される可能性がありますからもしかしたら、短時間限定で急騰するかもしれません。
価値がここ数日だけでも1/8000になったわけですから、可能性的にはあるのではないでしょうか。

20220513-01
出所:TradinView LUNA/USDT 1時間足チャート

昨年春ごろの急落を参考に!

20220513-btc01

BTCJPY日足分析からはじめます。
深夜から急激に切り返し、本日午前中ではおおきな大陽線が出現しております。
330万円付近から400万円まで価格が切り上がってきました。
LUNAやUSTの上場廃止アナウンスにて、市場が安心したのか、買い戻しが相次ぎました。
底が入った合図かもしれませんが、しばらくは乱高下しそうです。

例えば、昨年の5-6月もそうでしたが(チャート左端)、当時も330-340万円付近まで急落が続き、その後、2日で470万円付近まで上昇しました。そしてその後、再び330万円付近まで下落をしていったのです。
2021年6-7月でも大いに乱高下しており、市場が痛んだ後は本当に大きく乱高下することが多いです。
よって、現在のフェーズではあまり手を出さないほうが無難でしょう。
昨年同様に数日で435-475万円などに戻す機会はあるかもしれません。
ただし、400万円を超えて高値掴みをしたプレイヤーも出てきますから、また押し込まれた時に、心理的には即弱気に転じます。よって、再び売りが売りを呼ぶ展開になりますので、二番底のような値動きになるのです。
この底を確認したあたりからBTCを買い向かうと良いでしょう。
本日の急反発は非常に大きなものとなっておりますが、ここ数週間の大きな下落トレンド最中の1本の陽線にすぎません。『木をみて、森をみず』という相場の格言が存在しますが、その典型的なパターンだと予想します。
今週のトレードは静観(見送り)といたします。

一年ベースで見ると、やはり優秀なETH

20220513-eth01

続いて、ETHJPYです。
同じく日足です。昨年5-6月ごろの急落時の価格と比較して、現状はまだ高い位置で推移をしております。このように一年ベースで考えますと、BTCよりもETHのほうが優秀であることがわかります。
今後ですが、ETHも一度レジスタンスライン付近まで戻ることが想定されます。
29-30万円はひとつの節目でしょう。
しかしながら、市場は傷んでおりますから、捕まったポジションも多く存在すると考えます。よって上がったところは、現物の売りが出てきやすいと思いますのでBTC同様に二番底をつけに行くイメージを今の所持っております。
米株市場はまだ反発傾向にありませんし、NASDAQ市場と暗号資産市場は非常に連動性が高いマーケットです。(ブロックチェーンはWEB3.0時代の最先端の技術故、NASDAQのようなハイテク企業と連動性が高まっていると考えられます。)
米国の利上げペースは維持される見通しですので、もうしばらく軟調なマーケットが推移すると考えます。
また来週には一段とマーケットが変化していると思いますので、向こう数日値動きを見た上で判断していきたいと思います。
今週は様子見姿勢中心で良いでしょう。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。