Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Apr. 15 . 2022)

地合いが厳しいBTC!再びボトム圏入りか?

3月下旬は一時600万円手前まで回復の兆しを見せたBTCですが、今週は一時500万円を割り込むレベルにまで下落をしました。
日足形状ではかなり地合いが悪くなってきており、軟調に推移がしばらく続きそうです。
ウクライナ情勢も多少落ち着きを取り戻しており、株式市場も一時的に上昇をしておりましたが、再び下落基調です。
円安が進んでいるのにも関わらず、BTCJPYの価格が下落しているということは、BTCUSDでチャートではより深く押し目を形成していることになります。

今週の値動きを見ていた結果、個人的には少しトーンを落とし、弱気相場入りの可能性にも注意しながら論じていきます。

BTCUSDとBTCJPY比較

20220415-01
出所:Trading View BTCUSD日足チャート
20220415-btc01

こちらはBTCUSD日足とBTCJPY日足チャートになります。
ご覧の通り、円安の影響を受けてBTCJPYはまだ上昇トレンドに反転最中に見えるのですが、BTCUSDは完全にボトム圏での並行チャネル形成中になります。
(※円安は本日も継続中、1USD=126円と20年ぶりの円安水準です。)

BTCUSD下値の目安は並行チャネル下限ラインの37500USD〜となりそうですから、円建てで計算しますと470-475万円相当になりそうです。
つまり、ここまでの下押しまでの可能性に考慮した上でトレード戦略を練った方が良いと考えます。

今週末から来週にかけては、この水準から押し目買いを狙い、ただし、現在の500万円以上の水準より上で位置しているものならば、一度ポジションを縮小して、より有利なエントリーポイントまで待つほうが得策ではないかと考え始めました。
(※あくまでも個人的な判断です。)
全て一度ポジションを解消することは推奨しているわけではありませんが、各自口座残高と相談して、リスク管理の一環として何割かを調整する程度の戦略も一理有り、として受け止めていただければと思います。

またSMA30をご覧いただきますと、ローソク足実体がSMA30を割り込んできました。
戻りの目安として、1つはこのSMA30付近と考えます。
530-540万円付近が今週末の一つのターゲットとして記憶していただければと思います。
トレンドが発生しますと、かなりワークするのがSMA30(1ヶ月平均線)です。
こちらのラインをバックに売り戦略の一つとしてお考えいただければと思います。
またMACDも下向き且つ0.00ラインを割り込もうとしております。
マイナス圏に沈下しますと下落トレンド開始となりかねないので、こちらのテクニカル水準にも注意をしておきましょう。

並行チャネル内で推移も地合いが徐々に悪化

20220415-eth01

続いて、ETHJPY週足チャートからご説明します。
こちらは大きな並行チャネル内で推移しており、中心線手前で折り返している状況です。
MACDもマイナス圏から回復を始めたところだった矢先ですので、またちょっと地合いが悪くなってきました。

これを踏まえた上で日足に時間軸を落とします。

20220415-eth02

現在、サポートライン付近で推移しておりまして、37-38万円は重要サポートの一つと認識しております。
ここを割り込みますと、次は35万円付近になりますので、このあたりまでの下押しには警戒をしておいたほうが良さそうです。
前述通り、BTCが470-475万円まで下押しする場合、ETHもこの水準まで下押しする可能性があると個人的には考えます。

ETHもあわせて軟調な地合いで推移するように考えておりますので、ポジションは落として再度、下サイドで待つ方が良いように思えます。
横ばいレンジ相場になりつつあるので、かなり難しい相場になってまいりました。
ポジション管理には十分お気をつけ頂き、無理のない投資戦略を計画していただければ幸いです。
繰り返しになりますが、個人的には、いつもの強気姿勢から中立スタンスに切り替えた次第です。
BTC、ETHは買い目線継続も一段安に警戒したレンジ相場目線に切り替えていきたいと思います。ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。