Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Feb. 18 . 2022)

ウクライナ情勢は緊迫化、暗号資産市場にも重しに。

ウクライナ情勢が日に日に増してきております。
今週はウクライナ東部での砲撃合戦が過激化をはじめているようで、ウクライナ軍と親ロシア派武装勢力が小競り合いをしているようです。

出典:https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-02-17/R7GDLADWX2PX01?srnd=cojp-v2

ウクライナの東部ドネツク州では、ロシア語が主流言語となっており、事実上実効支配されているエリアになります。
開戦するとしたら、このあたりから巻き込まれていくと感じます。
黒海では、ロシア艦隊が海上に姿を表しているそうで、ロシアの本気度が伺える展開です。
先ほど、ヘッドラインニュースが出てきましたが、週末に米・仏・英・独・加のNATO主要国が首脳会談を実施するそうです。
また来週後半に米・ブリンケン国務長官とロシアのラブロフ外相と会談が行われることになりました。
ただし、付け加えてロシアが近くウクライナを侵攻した場合はこの限りではないと。

非常に緊迫してきたムードです。
今回のロシア侵攻を許し、そして食い止められないとなると、次は中国側が台湾侵攻など、連想させられます。
8年前のクリミア半島制圧した頃と比べると比にならないほど重苦しい雰囲気です。

こうした一連の流れを受けて、暗号資産市場は反落。
BTCは特に反応を示しているようで、土日動くマーケットですから、ヘッドラインにより敏感に反応しやすいでしょう。
買い目線ではいるのですが、深い押し目を狙ったマーケット戦略でお送りいたします。

逆三尊形成中?

20220218-btc01

BTCJPY日足から分析を始めます。
下降トレンドラインを右側に抜けてきまして、反転の合図でしたが、ここへきて少し休憩でしょうか?
逆三尊形状を形成中にも見えます。
30日移動平均線でピッタリと反発をしておりまして、一部のアルゴリズムトレードが動いてきたかもしれません。
過去にこの30日移動平均線(SMA30)はサポートされたり、レジスタンスとなったり、抜けるとその方向に相場が走りやすい傾向があり、今週末は重要な節目になるかもしれません。
ここで食い止められるなら、再び大きく上昇相場に戻っていくでしょう。仮に割り込むようであれば、またしばらくボトム圏で停滞相場が続く展開が予想されます。
SMA30を割り込む場合は、375-450万円のレンジ相場、SMA30サポートされれば、450-500万円で推移後、再び600万円方向に伸びていくと考えております。

ただ、いずれにしても375万円を大きく割り込む想定は今の所しておらず、400万円付近まで下落するものならば、本格的に買いで参入をしていこうと考えております。

ネックライン割れで注意

20220218-eth01

続いて、ETHJPY日足分析です。
こちらはボトム圏で小さなダブルTOPを作り始めております。
ネックラインを割り込めば、少し強めの下落トレンドで走るでしょう。
直近24時間ではBTCのほうが下落を早めておりますので、あとから追いついてくるようにETHをはじめ、アルトコインも下落してくるかもしれません。
32万5000円にネックラインが引けますので、そこがポイントとなりやすいでしょう。
またETHも同じくして、30日移動平均線がネックライン付近で控えております。
よって、テクニカル的に条件が一致しているこの付近は注目でしょう。
条件が重なったポイントを抜けるとトレンドは加速しやすいため、32万5000円割れは注意です。下値の目処は前回安値の25万円付近で設定します。
買い向かうならこの手前からのエントリーでしょうか?
25-27.5万円付近で予想します。

今週末もウクライナ情勢で大きく相場が乱高下しやすいでしょう。
いざ、開戦となれば、マーケットはおおよそ織り込んでいると思いますので、下落したところは買い場になると個人的には考えます。よって、深い押し目は買いで予想しておきます。
BTC、ETH、しっかりと引きつけた指値注文で対応すると予定でしょう。ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。