Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Dec. 24 . 2021)

2021年BTC95%UP!ETHは526%UP!

本日は今年最後のコラム更新となります。
昨年同様に、今年も本当に暗号資産はどのコインも時価総額を大きく上昇させました。
コインマーケットキャップによると、本日現在(2021.12.24)時点で時価総額は272兆円、時価総額TOP10の顔ぶれは今年も大きく変わりましたが、今年もBTCとETHだけはTOP1−2を維持しております。
この2コインは引き続き不動の地位で間違いはないでしょう。

20211224-01
出所:https://coinmarketcap.com/ja/

特に今年はETHが大躍進の年となりました。年初7万5,000円だったものが現在では約47万円で推移をしており、526%アップとなりました(6.26倍)。
もちろんBTCも年初300万円だったものが現在は585万円程度で推移しており、約95%UP(1.95倍)です。
昨年のコロナ緩和による世界のマネーが大きく押し寄せた証拠でしょう。
来年もこのような相場に期待したいところですが、個人的には3年連続も爆発的に上昇はイメージしておりません。
米国をはじめ、各国は金融政策引き締めに来年からは大きく動きます。
FRBでは来年3回の利上げ見通しを発表しており、英国、豪州、NZをはじめとした北欧諸国でもインフレ懸念として通貨高政策に直近1-2ヶ月の間に舵を切りはじめました。
よって来年はどこかで必ず緩むタイミングがあると考えており、その絶好の買い場で資金を投じるチャンスを狙うゲームになるのかなと考えております。

BTC週足チェック

20211224-btc01

次回の更新は2週間後になりますので、今週はBTC/JPY週足で大きな流れをチェックしておきましょう。

前回のコラムでは、590万円にレジスタンスラインが引けますので580万円付近からポジションの縮小を提案させていただいておりますが、本日現在、ちょうどその重要ポイントにさしかかっております。よって現在の価格帯ではポジション縮小のタイミングではないかと考えます。
そして、来年に向けた投資資金の確保、または納税の換金分の確保も兼ねて段取りされると良いでしょう。

確定申告の時期は日本、米国、韓国と3-5月に集中しますので、納税に向けた換金売りは毎年、よく春先出てくることが多いです。よって年初は上値が重い展開も予想されますので、このあたりの値動きは注意しておくべきではないかと考えます。
また付け加えておくと、例年2月は絶好の買い場となることが暗号資産市場では多く、騰落率は大きいものの、過去6年間、下げたところは買い場となることが多かったです。
よって、2月の押し目はぜひ拾っていきたいわけなのです。その資金確保を現状しておくべきではないかと考えます。

チャートに戻りますが週足レベルでは、買いの目安は9月につけた安値434万円のサポートライン手前から。または並行チャネルが引ける400万円付近手前から。このあたりをイメージしております。さらにサポートライン今年の安値水準である320万円付近もあまり考えにくいですが、頭の片隅に意識しておくと良いでしょう。

ETH週足チェック

20211224-eth01

続いてETH週足分析です。
並行チャネルとサポートラインを引いております。
ここ数週間、週足では上髭を残してクローズすることが多く、上がったところは換金売りが出てきていることが多いです。
40万円をバックに下値は固く40-50万円の大きなレンジでここ数週間推移をしておりますが、比較的長めの上髭を残す足が連続で現れる場合、トレンド転換の兆候でもあるので、ポジションは縮小しておくタイミングではないかと感じます。

来年2月の仕込み場を狙うならば、9月の安値付近である29万円でしょうか?
ドル建てで2500ドル程度なのでサポートにもなりやすいでしょう(1ドル114円計算)。
よって来年の深い押し目はこの付近からの買いを推奨させていただきます。
またBTCより明らかに上昇傾向が強かったETHですが来年もその傾向は維持されると個人的に考えております。
並行チャネル下限ラインも徐々に切り上がってきますので、29万円のサポートと下限ラインが近しいポイントはチャート的には条件が多く揃いますので、やはり絶好の買い場となるのではないかと予想します。

以上、今年最後のコラムになりますが、読者様には今年も大変お世話になりました。
昨年、今年と資産を大きく増やされた方も多いのではないでしょうか。
来年も暗号資産市場の成長に期待して、投資を継続されてください。
良いお年を。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。