Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Nov. 26 . 2021)

調整完了?12月相場に向けて上昇トレンド回帰なるか!?

ビットコインは先週、金曜日に直近安値をつけてから、底堅く推移を続けております。
直近安値はおよそ638万円をバックに現在は668万円で推移です。
今週も一時、638万円を割り込みそうな局面がありましたが、その後反発。
短い時間足ではダブルボトム形成中の格好となっております。

今晩25時はBTCシカゴ先物のSQです。日本時間の夜中ですが、これを通過しますと再び上昇トレンドに回帰する傾向が比較的高いため、今月もその可能性に賭けたいと思います。
特に今年は、毎月下旬に際立った安値をつけていることが多く、上昇に転じるならまさにこのタイミングからでしょう。
本日ご紹介する日足チャートでも毎月後半に安値がついていることが多いので、併せてご覧ください。

ネックライン685-688万円超えが鍵か?

20211126-btc01

BTC/JPY日足チャート分析から入ります。
11月11日につけた史上最高値778万円から638万円と18%の調整を演じました。
2017年、2020年も第4四半期は大幅高になりましたが、それでもいずれも11月に15-30%の調整期間があったことをみなさんはご存知でしょうか?個人的には今年もその類ではないかと考えております。
実際に相場をみていて、今月も少しヒヤリとする場面は多くありましたが、それでも638万円をバックに踏ん張りを効かせております。そろそろアク抜け感も出てくるのではないでしょうか。

ポイントしては、掲題通り685-688万円に引けるレジスタンスゾーンです。
ここを突破できますと、チャート的には直近安値ボトムアウト形状になりますので、再度、778万円方向に向かって上昇するのではないかと期待しております。
よって、今週も押し目買い戦略は継続、1時間足で週末の押し目買いの目安を見ていきましょう。

660万円サポートラインから

20211126-btc02

1時間足です。
ちょうど1週間、640-685万円のレンジ相場だったことがわかります。
買いの目安としては、今週の安値である640万円付近をバックに買い戦略、もう一つは、レンジ中央値に位置する660万円付近をバックに買い戦略でしょうか?

上昇に弾みがつく場合、685万円をクリアに超えて1時間足ベースでダブルボトム完成に持っていってもらいたいところです。
突破できますと、再び685-778万円の史上最高値圏でのレンジ相場にステージが切り上がります。
個人的には年末に向けて期待の上昇相場に賭けた戦略を維持したいと思います。

ETHはすでにネックライン超え!

20211126-eth01

つづいて、ETH/JPY日足です。
BTC同様にトレンドラインを右方向に割り込み、調整相場となっておりましたが、BTCより一足先に昨晩から高値を更新してきました。
BTCよりも上昇が強い格好です。
ネックラインであった50万4000円付近を突破したことにより、ETHは先んじて再び史上最高値へトライするように感じます。
55万円まで残り数%というところですから、早ければ週末に買いの仕掛けが入るかもしれません。
MACDも0.00 ライン付近まで調整が完了しており、このタイミングから再開する上昇トレンドになりますと、かなり力強いものとなりそうです。
57万5000円を突破しますと、ドル建てで5000ドルラインですので、次は1万ドルが意識された展開になると思います。
そうなりますと、市場もまたかなり活況に帯びてくるのではないでしょうか。

50万4000円〜 ネックラインがポイント

20211126-eth02

ETHJPY1時間足です。
週末の目安をみていきましょう。
まずは、ネックラインからの買いでしょう。50万3000-5000円付近からの押し目は新規買いが入りやすいポイントだと思います。
もう一つがトレンドラインにタッチしてからの上昇です。
仮にネックラインにすら到達せず、土曜、日曜となってきますと、トレンドラインが一つの目安になります。
その場合、土曜日にチャンスがありそうですので注意しながら見ていただくと良いと思います。

早ければ週末に55万円の高値にトライをしているかもしれません。一度に抜けていくとは考えにくいので、ETHも50.5万円-55万円相当でのレンジを予想します。
その後、12月に入ってから大きく上昇していく個人的なイメージを持っております。
今週も買いトレードは継続。個人的はETHもBTCの比率もおおよそ1:1で運用予定です、ご参考ください。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。