Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Nov. 12 . 2021)

ATH!イーサリアム強し、着実に高値を切り上げる展開に。

今週もBTCとETHがじわりと高値を更新しました。
その後、中国エバーグランデデフォルト報道もあり、急落したのですが、ETHだけはいち早く戻してきております。

DeFi市場も安定しており、Uniswap V2でのBurnがETH市場を牽引しております。

20211112-01
https://ultrasound.money

いつものBurn(焼却)ペースを閲覧できるサイトですが、直近7日間は87,668ETHとなっております。
1日に消えているETHの量は約12,500ETHですから、先週に引き続き、この焼却速度を維持していることにあります。
直近30日ベースでみても約11,200ETHペースでしたから、常態化してきている状況です。
1日に出てくるマイニング報酬分相当が消えているので、事実上、デフレーションを起こしていることになります。
よって、ETHの価格上昇の裏付けになるわけです。

今週もETHから分析をしていきましょう。

上昇トレンドリズム良し!

20211112-eth01

今週も上昇し、55万円近辺まで上値を伸ばしてきております。
平行チャネルの中で値動きを維持しており、リズムの良い上昇になります。
相場というものは一定のリズムで上昇、下落を一定期間推移することも多く、まさにこのパターンにはまっていたのがETHになります。
当コラムを毎週お読みの方はポジションをキープで問題ないでしょう。
さらに追加を入れる場合は、トレンドラインからのエントリーが無難になります。
日足レベルでMACDは上昇しておりますが、ゆったりとした平行チャネル内での上昇ですので、過熱感はあまりありません。
前述しましたBurnペースを維持できば自然と実需が上回りますので、この価格をキープできると考えます。

1時間足押し目のポイント

20211112-eth02

1時間足に縮小して、週末のエントリーポイントを探していきましょう。
平行チャネルの中心ラインに位置しており、史上最高値のおよそ55万2000円に週末トライしようというところです。
仮に押し目があり、拾っていくならば、水色のトレンドラインからのエントリーでしょうか。
1時間足なので、値段の切り上がりは早いですが、土曜に53万円付近で押し目を作る機会があればチャンスかもしれません。
1時間足ベースでMACDによる上昇の過熱感はまだありませんので、この水準でもそこまで危険水域ではないでしょう。
今週末も押し目を丁寧に拾っていくスタンスは変わらず。個人的には持っているポジションはまだホールドでよいと考えます。

少し上値が重くなったBTC

20211112-btc01

BTCJPY日足分析に切り替えます。
日足レベルでは、トレンドラインからのエントリーで良いと考えます。
価格にして、710-720万円に下落する機会があれば、そこが追加のエントリーポイントとなりやすいでしょう。
その後反発し、800万円を目指す予測に変わりはありませんが、ドル建てで7万ドルの節目のため(1ドル114円計算)、一旦そこでは上値を抑えられると予想します。
週末から来週前半にかけてはあるとしたらこの値動きが最もありそうです。

ただし、このまま反落するケースも予想しておきましょう。
MACDがダイバージェンスをしっかりと発生させているため、オシレーター的には反落シグナルが点灯しております。よって高値圏で三角保合いを形成するパターンもイメージしておく必要もあります。その場合、サポートラインの665万円前後まで押し込まれる可能性もあるので、注意が必要です。

先日からETH中心の買い戦略でご紹介してきており、BTCのポートフォリオ比率は低めを推奨させて頂きましたがその通りの展開となってきました。
BTCも一時、史上最高値を更新したのですが、そこからの下落はETHと比べると大きなものとなっています。おそらくBTCや他のアルトコインからETHに資本が移っているのだと考えます。
個人的なBTCに対しての印象は今週末も少し弱めです。当然価格が今週上昇して史上最高値を更新したことは喜ばしいのですが、ここ最近の上昇率はETHに分があります。
ですので、今週もエントリーとしてはご紹介しますが、やはりトレードの中心はETHを推奨させて頂きたいと思います。
ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。