Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Oct. 22 . 2021)

BTC史上最高値突破!米BTCETFが追い風に!

直近1週間、米国のビットコインETFが相次いで認可をされております。
先週末、プロシェアーズが米国市場にて、悲願のビットコインETF第一号となりましたが、一昨日、続いて、米ヴァルキリー社のETFも認可が降りました。
これを受けて、ビットコイン価格は上昇、ついにドル建てでも史上最高値を更新し、67000ドル付近まで価格を押し上げました。

その後、中国のエバーグランデ債務不履行問題など、少し金融市場を冷やりとさせるニュースが流れたことから、価格が下落して現在は63000ドルを少し割り込む展開で推移をしております。

20211022-01
出所:Trading View Coinbase BTCUSDチャート

米国市場では、複数のETF上場の噂が既に流れていたため、そろそろ「セル・ザ・ファクト」かもしれません。
来週、このヴァルキリー社のETFも取引が始まるようで、値動きが注目されるでしょう。ただし、ほとんどBTC価格と連動するため、どこのETFも基本BTC価格を参考に取引されると思われます。
これで米株式市場からの資金流入の入り口が出来たと言えるでしょう。
これまで投資をしたくても出来なかった株式ファンド勢が投資機会を得ることになりました。新たなキャッシュフローに期待して良いと思われます。

史上最高値更新も織り込み済み?

20211022-btc01

さて、BTCJPY日足から見ていきましょう。円建てでは767万円をつけました。
ドル円レートは一時114.50円を超えて上昇をしておりましたから、日本の投資家からすれば、余計大きく上昇をしたように感じてしまいます。(年初レートは103円前後だったため。)

日足の形状を見ていると、2日連続で少し上ヒゲの長い足が出現を始めているので、短期的な天井を付けたかな?と思わせられる形状です。
個人的には、米ETF上場もおおよそ織り込んでいたと考えておりますので、一旦緩んでもおかしくはないと考えております。
日足ベースでもMACDが過熱感を帯びてきているため、一度、小休憩を挟んで年末に向けて上昇を再開するには、しばしこの価格付近で停滞をしても良いでしょう。

個人的には少しポジションを縮小して、押し目を待ってもいいように考えます。
次の押し目買いはフィボナッチとサポートラインが同時に引けるポイント、640万円付近をイメージしております。
BTCも400万円台から急激に上昇をしていたため、短期的にこの程度の値幅で調整があってもおかしくはありません。
次の押し目買いを640万円手前で再度拾い直すイメージで、2割ポジション縮小戦略もありだとコメントを残しておきます。
当然、最終的には年末1000万円方向を狙ったスイングトレードの方針に変更はありません。

ETHも円建て史上最高値更新

20211022-eth01

続いてETHJPY日足分析に移ります。
BTCから遅れて円建てベースで史上最高値を更新しました。
資本の集中がしばらくBTCだったため、アルトコイン全般は上昇をしているものの、BTCには及ばない期間が数週間あった状況です。

しかしながら、直近1週間に限っては、ETHも後を追いかけるように急騰し、一時50万円手前まで上値を伸ばしました。
本日はフィボナッチを逆に引き、エクステンションとして使っています。
まず9月はちょっとした下落トレンドに対し、どれだけエクステンションするか、です。
現在、127.2%のレジスタンスラインまできており、少し上値を抑えられている状況でしょうか。
FXトレードでは、フィボナッチ・エクステンション分析は結構使えるので、今回はETHトレードに採用してみました。
仮にここが短期的な天井で考える場合、次の押し目は前回高値の44万2000円付近がサポートとなります。
ここから10%弱の下落が必要ですので、程よい調整幅だと考えます。
BTCと同じく、一部利食いを入れつつも、このサポートラインの手前から買い指値注文を入れてしばし様子をみようという作戦です。
ドル建てでは、ETHは史上最高値をまだ更新しておりません。
次の高値トライで抜けると、レバレッジ市場のロスカットも相まって上値を大きく伸ばしやすいのではないかと考えます。
しかしながら、今のタイミングではないと判断し、一度押しを待ちたいと思います。

今週末の戦略は少し複雑ですが、基本的に中期ポジションは買い戦略を堅持、しかしながら、短期的に利益確定を優先させたポジション縮小を週末から来週にかけてイメージしている状況です、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。