Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Oct. 01 . 2021)

9月のリスクオフ材料が徐々に解消中、暗号資産市場は再び上向き傾向か?

中国は本日から国慶節に入りました。中国市場は1週間の休みになりますので世界のマーケットは多少落ち着きを取り戻すでしょう。
またBloombergの報道によると、中国恒大(エバー・グランデ)の債務問題で進展があったようで、理財商品にかかる資金返還開始について報道がされておりました。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-30/R08PESDWX2PY01?srnd=cojp-v2

また米国の債務上限問題も暫定予算が成立となり、政府期間閉鎖は一時的に回避をされた格好です。
出所:
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-09-30/R09EC4DWLU6B01?srnd=cojp-v2

暫定予算として12月3日まで延命されたことにより、徐々にリスクオフマーケットは落ち着きを取り戻していくのではないでしょうか。

金融市場では9月が最もマーケットが崩れやすい月であり、10月中旬から12月にかけてリスクオン相場が到来しやすいタイミングです。
仮想通貨市場も急落しそうで下落せず、踏ん張りを見せていることから、徐々にアク抜け感が出てきているように個人的には考えます。個人的なイメージですが、10月中旬あたりから徐々に上昇トレンド回帰をイメージしております。
いつものようにチャート分析していきましょう。

BTCJPY日足

20211001-btc01

日足分析から始めます。
一目均衡表の雲の中で推移をし、そしてしばらくが経過します。
雲を下抜けし、そしてサポートラインである434万円付近を割り込みますと総悲観になるところでしたが、今の所耐えた印象です。

現在は緑色のレジスタンスライン手前でくすぶっておりますが、この週末に上抜けてしばらく500万円台定着に成功しますと、徐々に上値を追いかける展開に期待できそうです。

MACDも0.00付近で停滞をしており、且つゴールデンクロスを間もなくしそうな形状なので、この動きには期待したいところです。
先端の雲が捻れて陽転を開始できますと、上昇トレンド再開の合図となるかもしれません。

470万円台前半と490万円がポイント

20211001-btc02

1時間足で今週末の押し目買い水準をみていきましょう。
まずは、上昇トレンドラインの下限ラインからのエントリーです。
1時間足ですので、明日あたりに470万円台前半で推移することがあれば、買いやすいでしょう。
497万円のレジスタンスラインを突破してしまった場合、多少なりとも上昇の勢いがつきますので、その場合は浅い押し目買い戦略に切り替えなければなりません。その場合、緑色のレジスタンスラインになっている490万円あたりが次のサポートラインになりますので、この手前に指値注文を引き上げて対処する展開でしょうか。
まとめると、470万円台前半と上昇してしまった場合、490万円にオーダーを引き上げて準備する、というイメージです。

ETHJPY大きな三角持ち合い

20211001-eth01

ETH日足チャートです。
大きな三角持ち合いを半年以上かけて形成中です。
BTC同様にETHは雲の中で推移中です。
今回はBTCもアルトコインも同時に下落したため、値動きの連動性は極めて高い状態です。
よって、悪材料視されていた中国恒大問題など、共通していることがわかります。

ですので戦略的には同じです。買目線に変更はなく、押し目買いを模索して土日中のエントリーチャンスを狙います。

アセンディングトライアングル下限ラインから

20211001-eth02

1時間足です。
34万9000円のレジスタンスライン突破が目標でしょうか。
アセンディングトライアングル形成中となっており、少々強気形状です。
押し目買いはもちろん、トレンドラインになります。
土日中にチャンスが来るとしたら32万円台ミドルからでしょうか?
この付近から買指値注文を入れて対応したいところです。
損切りは当然安値を割り込む29万円となります。ターゲットは年末までポジションをスイングする前提のトレードですので、史上最高値更新狙いでしょうか(笑)?
現実的には、日足レベルでレジスタンスポイントとなる40万円を意識しますが、今回のエントリーは年末相場に期待していることも付け加えておきます。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。