Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Aug. 27 . 2021)

ビットコインETF、承認間近?米で報道目立つ

今月上旬、Bloombergの報道では、SEC(米・証券取引委員会)のゲンスラー委員長は、ビットコイン先物に連動したETFならば、承認される可能性が高いと言及されておられました。
参考元:
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-08-03/QXA606DWX2PY01

さらに今週はBloombergのシニアアナリストEric Balchunas氏の予想にて、10月末と報道もされておりました。
金融の世界では、情報量は圧倒的にBloombergであり、特に米国の報道に信憑性高いことで有名です。ファンドトレーダーの多くは、Bloomberg端末を契約してトレードしていることも多いことから、筆者的には、SECもそろそろ地ならしに入ってきているように感じます。

中国はビットコインの規制を強めた結果、暗号資産業界も、米国一人勝ちの構図が見えてきております。
ビットコインの先物価格連動型のETFということで、BTCの世界の値動き中心は徐々に米CMEに移って行く可能性が高そうです。

ビットコインの先物市場、CMEは世界第二位〜四位規模の取引高まで成長をしてきており、世界市場で安定した存在となっております。ETF承認と共に、CMEが世界一位に躍り出る可能性も出てきました。
この秋相場は昨年同様にBTCのターンが強くあるかもしれませんね。

500万円台をキープ

20210827-btc01

8月中旬から500万円を突破し、上昇トレンドをキープしながら500万円台をキープしております。
前述の報道は8月3日あったものですから、8月4日から上昇していることが見て取れます。
期待した買いが断続的に入ってきていたのでしょう。
また今週により、Bloombergアナリストからの見解が出てきたことにより、今後も各報道機関でそのような報道がなされる可能性があります。
米国主導相場は続きそうです。
ただし、少し注意なポイントとしては、MACDがすでにダイバージェンスを日足ベースで開始しているところです。
ちょっとした調整相場も覚悟しつつ週末トレードは慎重な対応が求められそうです。

今週末は上値の重い展開か?

20210827-btc02

買い目線継続には変わりありません。
1時間足の形状では、512万円付近のサポートラインをバックに底が入ったような形状です。
一旦、下降トレンドラインあたりまで上値を試していくように考えます。
ターゲット的には530万円〜535万円でしょうか?

日足の形状が少し悪いことから、一旦この上値でポジションを縮小し、再度500万円から買いで入り直す計画もありだと考えます。

またファンダメンタルズでは、今晩、ジャクソンホール講演がございます。
FRBのパウエル議長が23時より講演が決まっており、金融政策に言及する可能性はかなり高めです。
ハト派な内容となれば、米株式上昇→仮想通貨市場も上昇の恩恵を受けていくでしょう。
その場合は、テクニカルは効かず、ファンダメンタルで相場が動きますので、日足MACDダイバージェンスはあまり気にしなくてもよくなりそうです。

上値が重い展開か

20210827-eth01

Ethereum分析に移ります。
この1-2週間は上昇に陰りが見え始めております。
海外ではNFTマーケットが活況にてDeFi市場から資金がそちらに移動してしまっている影響なのか、上値が重いです。
上昇チャネルを形成していくようなイメージに変更です。
日足ベースで下値の目処はチャネルの下限ライン33万円前後、またはサポートラインの32万6000円前後でしょうか。

ここを割り込んでしまいますと、次のサポートはピンクのラインで記載した319000円付近になります。
タイトですが、今週末の下値の目処はこの3つに絞っておきたいと思います。
アフガニスタン情勢やFRBのテーパリング議論、中国経済失速など、不安材料が少々多めです。夏後半から秋口にかけて、季節柄相場が崩れやすいことも多いので、仮想通貨市場も連動して動いてしまうでしょう。
上昇目線に変更はありませんが、直近の見方をニュートラルに変えて、一部の利益確定と深い押し目買いを意識した予想を念頭にポジションを取っていく予定です。

まとめますが、今週末に限っては、一部利益確定の動きが強まるイメージで、全体的に市場がやや強めの押しが入るように思えます。少し注意が必要ですね。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。