Campaign Now

BITPoint Weekly Market View(Jul. 30 . 2021)

Amazon、BTC決済報道で急騰!
ショートポジションが一掃されて、反転相場か?

今週はAmazonのBTC決済導入報道で急騰し、330万円から380万円まで。
その後、海外レバレッジ市場でのショートポジション大量ロスカットが出たそうで、さらに上値を伸ばして一時450万円を突破する局面もありました。
これは最高の値動きでした。
もう売り方は十分叩きのめされているので、しばらくはおとなしくしているでしょう。
またその後、この報道はフェイクニュースだったということで、一度、下落する場面もあったのですが、結局下値は限定的、上昇トレンド継続中です。
まさかのフェイクニュースをきっかけに相場が反転をするとは思いも寄りませんでしたが、日足ベースでトリプルボトムが完成しそうです(笑)
本日もBTCから見ていきましょう。

ボトムアウトのサイン

20210730-btc01

非常に強い反発となりました。
海外取引所ではレバレッジのショートポジションが100億円以上精算されたという報道もあり、短期の売り方は一掃されたようです。
よって、400万円を超えたあたりから、戻り売りをしてくるプレイヤーがかなり限定的です。
その影響もあってか、ジリジリと価格を切り上げております。
この場合、断続的な資本流入により徐々に価格をあげていくパターンが多いと考えているので、450万円のレジスタンスラインを突破後も買い相場が続くように考えます。

強気のアセンディングトライアングル

20210730-btc02

1時間足に時間軸を落とします。
アセンディングトライアングル形成中です。
上昇トレンドの最中によくでる形状なのですが、三角定規のような形状を出現させると最も強い上昇中に出現することが多いです。
上昇の勢いがあまりない場合は、三角持ち合いになるのですが、明らかに下値を少しずつ切り上げております。

押し目の目処としましたは、トレンドラインに沿って買いエントリーを。
ただし、1時間足で近すぎることもあるため、その場合は、サポートラインである401万円手前まで引きつけた指値注文をおいておくもの手の一つでしょう。

今週末のBTC戦略はこの2つのポイントから狙っていきたいと思います。

ロンドンハードフォーク期待か?

20210730-eth01

つづいてETH/JPY分析に移ります。
来週4日にEthereumのアップデート「ロンドン」が行われます。
※Ethereumのアップデートはなぜか国際都市の名前であることが多いです(笑)

【参考】
https://www.coindeskjapan.com/115418/

プルーフ・オブ・ワーク(PoW)→プルーフ・オブ・ステーク(PoS)にアルゴリズムを変更する過程での大型アップデートになります。
これを超えますと、Ethereumの送金手数料が下がりますので、再びDeFi市場が活発化する可能性が高まります。
よって、Ethereumの需要は増えるでしょう。
すでに日足では先回りの買いが発生をはじめており、昨年もそうでしたが、ETHJPYは7月から上昇を始め、年末まで高騰を続けました。昨年に限っては、上昇率がBTCを上回っていたこともあり、今年もその期待感は強いでしょう。
筆者もその可能性に今年も賭けたいと考えており、今週からEthereumの比重をあげて投資を再開しております。

26万7000万円サポートライン転換ならここからでも買い!

20210730-eth02

1時間足です。
上昇トレンドラインを待ちたいところですが、すでにレジスタンスラインをブレイクして抜けて行ってしまいそうです。

このコラムを執筆しているのが金曜の午前中のため、読者のみなさんがご覧になったころにはレジスタンスラインを大きく突破してしまっているかもしれません。

よって、個人的な今週末戦略イメージを以下に記しておきます。
① まずは、このトレンドラインに沿った形でエントリーを狙いたい。
② もう一つは、現在のレジスタンスラインを突破してしまっている場合は、今度はこのラインがサポートラインとなるため、26万7000台から押し目を狙いたい。

このようにストラテジーを立ててみました。

今週に限っては、BTCよりも形状が強いETHですし、来週のアップデート期待でまた買いが目立ってくると考えます。
Ethereumは新規でポジション比率を高めていく前提でスイングしていきたいと考えます。
個人的な戦略になりますが、ご参考まで。

ひろぴー

■執筆者プロフィール

CXRエンジニアリング株式会社
代表取締役 加藤宏幸

FX&Cryptoトレーダー、業界ニックネームは「ひろぴー」。
ラジオ日経パーソナリティ、FX会社や暗号資産取引所コラムニスト。
CXRエンジニアリング株式会社では、店頭FX取引業者や暗号資産取引所向けのシステム受託開発の請け負っている。
2019年7月より TradingView Japan の Marketing Director も兼務。
Twitterのフォロワーは2万5000人程 @hiropi_fx(2020年10月現在)

免責事項・注意事項
本相場展望は執筆者の個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。