BITPoint Weekly Market View(Nov.19)

        

<先週の相場振り返り>

ビットコインキャッシュ(以下、BCH)のハードフォークとなったが、フォーク数日前から相場が乱高下となった。
HASHパワーをBCHに仕向けるために、マイナー同士の全力の戦いが行われ、まさに「ハッシュ・ウォー」という名にふさわしい戦いだったと思われる。
ただ、BCHにハッシュパワーを向けてしまったため、ビットコインのハッシュパワーが極端に落ちる場面が見られた。トランザクションは混雑し、これが価格の急落につながった。
ビットコインは今年最安値を更新し、60万円を示現した。
65万円の重要サポートラインを割り込み尚も回復が見込まれておらず、雰囲気はかなり悪い状態だ。
業界全体がネガティブになっているかもしれないが、今回のような大型コインのハードフォークもまた経験だろう。
次の対処への仕方やハードフォークして得するプレイヤーは誰もいないということがわかったことでも大きな収穫ではないだろうか。
それはともあれ、少しPoW系のコインへの投資に嫌気が指した投資家も多いだろう。
その通り、PoW系のコインは全体的に値を下げる傾向があった。逆にマイニングといったコンセンサスアルゴリズムと一線を画するリップルは下落はしたものの、持ち直しが早く、プライベート寄りの仮想通貨ほど、価格の回復を見せるのが全体的に早くなっているようにも思える。
今回の出来事でまた業界の見方が変わったのかもしれない。

<今週の見通し>

それはともあれ、業界全体にはダメ押しのネガティブパンチとなってしまった。

今週はまずBTCの60-65万円のレンジで上限と下限のラインを試しに行く週となるだろう。
急落後、小動きの展開となっており、投資家は様子を見ている段階である。
個人的には持っている現物ポジションを大幅に縮小させ、様子見としたい。
短期的には一度戻り売りを試したい場面だろう。
以下、詳細を記していく。

※以下、分析ツールは一目均衡表を使用している。
こちらのテクニカル分析ツールの使い方参考コラムは別途儲けてあるのでぜひそちらをご参考頂きたい。
アドバンスチャートと一目均衡表使い方

<ビットコイン>

【BTC/円 価格帯予想 11月19日 ~ 11月25日】
想定レンジ:50万円 〜 70万円
コアレンジ:60万円 ~ 65万円

■出所 BITPoint BTC/円(現物)

ビットコイン分析を始める。(以下、BTC)

せっかく雲の中に突入し、次の上昇に向けてテクニカルが示唆を始めていたが、それを裏切る形となった今回。
トレンドラインを割り込み、そしてサポートラインを割り込んでしまい、一目均衡表ベースでも「三役逆転」となってしまった。
テクニカルのみで見ていくと、売りの局面である。
久しぶりにレバレッジトレードでショート戦略を建ててみたい。
まず、絶好の売り場としては65万円のサポートラインとなる。
ここをバックに戻り売りはぜひ試してみたい。
まだ一度もこのラインに戻していないため、まずFXトレーダーはこの場面で売りから入ってくるだろう。
その後、今一度60万円を試しにいく展開があるかもしれない。
今年のBTC特有の値動きがあるとしたら、65万円をバックに何度か売り買いが実現されたあと、下方向に向かって動き出すことが多くあった。
そこは個別株のレンジ相場の値動きっぽく動く傾向がある。
この値動きが現れるか注目して短期的にトレードすると良いだろう。

<イーサリアム>

【ETH/円 価格帯予想 11月19日 ~ 11月25日】
想定レンジ:15,000円 〜 24,000円
コアレンジ:17,000円 〜 22,000円

■出所 BITPoint ETH/円

イーサリアム分析に移る。(以下、ETH)

こちらはPoWコインでもあるが、PoSに移行を始めたコインでもあるため、今後、PoSやDPoSなど、再注目を浴びるきっかけとなるかもしれない。
今年の最安値のサポートラインは死守しているものの、まだ勢いがそこまであるわけではないので、BTCの値動きに連動しやすいだろう。
ETHもマイニングの損益分岐点がギリギリのラインとなっており、世界中のマイナーが固唾を飲んで見守っているだろう。
BTCに関しては6,000ドルを割り込むと赤字に転落するマイニング企業も多く、今回の急落でそのデッドラインを割り込んでしまった。
ETHも19,000円を割り込むとマイナーも本格的にマイナス圏に突入となる。
少し危険な水準であるため、現在の水準からの買いは手控えたほうが良さそうだ。
どちらかというと、15,000円付近など、かなり乖離したプライスの節目の部分から買指値で準備をしておいたほうがよいように思える。

<ビットコインキャッシュ>

【BCH/円 価格帯予想 11月19日 ~ 11月25日】
想定レンジ:22,000円 〜 50,000円
コアレンジ:26,000円 〜 40,000円

■出所 BITPoint BCH/円

ビットコインキャッシュ分析に移る。(以下、BCH)

分岐した相手先の名前はBCH-SVと海外では表記されていることが多い。
現在の価格は100〜110ドル前後と12,000円程度で推移をしている模様だ。
現在のBCH価格と合計すると約52,000円なので、HASHパワーの総計的には分岐前のBCHとさほど変わりはない。
マイニング面からみると適正の価格なのかもしれない。
さて、問題は今週からだが、BCHの売りはまだ終わってないように思える。
分岐して出ていったマイナー側にはBCHとBCH-SVが手元にあり、BCHを売ってBCH-SV側に資本を移動させる動きが断続的にあるからだ。
こういった面で、BCH投資はまだ控えておいたほうが良いだろう。
流動性の面でもまだまだ不安定なため、予測をするのが難しい。
今週は見送りとしたい。

<ライトコイン>

【LTC/円 価格帯予想 11月19日 ~ 11月25日】
想定レンジ:4,000円 〜 5,500円
コアレンジ:4,200円 〜 5,200円

■出所 BITPoint LTC/円

ライトコイン分析に移る。(以下、LTC)

こちらもBTCのネガティブ面だけ反映されることが多く、依然として苦しい局面となっている。
一目均衡表ベースでも三役逆転となっており、売りシグナルが点灯している。
もし捕まっているなら5,000〜5,200円の水準に回復させたタイミングで一度ポジションをカットして様子見に切り替えたいところだ。
またはBTCが65万円近辺まで値を戻したタイミングで売り抜けるとよいだろう。
ETH同様に、LTCもBTCの値動きを観察しながら対応したい。

<リップル>

【XRP/円 価格帯予想 11月19日 ~ 11月25日】
想定レンジ:45円 〜 62円
コアレンジ:50円 〜 60円

■出所 BITPoint XRP/円

最後にリップル分析となる。(以下、XRP)

驚いたことに、BCHフォーク前の価格水準まで戻してきている。
冒頭で前述したように、XRPのような、PoWとは別のコインへの再評価が高まった証拠かもしれない。ついに時価総額がETHを抜き、2位に浮上している。
ただし相変わらず出来高はETHの半分程度しかないため、トレード面では少々頼りないが、それを抜きにしてもこの回復力には目を見張るものがある。
主要コインの中でテクニカル形状は良好だ。
相場が不安定な時期に力強さを見せると資本が集中しやすい傾向があるため、市場が回復を見せるときにさらに上値を伸ばす可能性もある。
XRPについては今週も買い目線で望みたい。
一目の雲の先端はもうしばらくすれば捻れてくる。
これで三役好転となるため、テクニカル的にはさらに買いやすくなってくるだろう。
重要サポートラインは42円付近となるが、ここまで急落するにはビットコインが50万円付近まで値を下げないと示現しにくいだろう。
目先、ポジティブに勝負するなら先週の安値をバックに買いではないだろうか?

50円の手前ではぜひ指値をセットしておきたい。
またこのまま上昇してしまうとしたら、雲を抜け、トレンドラインを再び上抜けて行けば、価格回復はかなり顕著となる。
その場合、再び60円〜65円のレンジに切り上がることも考慮しておくべきだ。

■執筆者プロフィール
ひろぴー(@hiropi_fx

FX・仮想通貨トレーダー兼コラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
現在はラジオ日経で投資番組のパーソナリティを務める傍ら、「ザイFX!」や「みんなの株式」など、大手ポータルサイトでの執筆活動にも精力的に取り組んでいる。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始。
香港系プライベートファンドにて運用も担当している。
仮想通貨Webサイト:Bitcoin-FXも運営しており、仮想通貨情報発信も行っている。


免責事項・注意事項

トップへ戻る