BITPoint Weekly Market View(Dec. 18)

        

<先週の相場振り返り>

アルトコイン祭りが勃発した。

今年の6月を彷彿させる値動きであり、上がるものに飛びつくように大衆が押し寄せてくる。 こういった値動きの後は、本当に良いことがない(笑)。 1月に入ったあたりから注意が必要となりそうだ。

ただし、目先この値動きは継続されるように思われる。 上昇トレンドの最終局面は必ずウェーブが荒くなる。 そこで投資家の心を一喜一憂させて揺さぶった後に下落は起こるので、どっしりとした気持ちで待つことしよう。

<今週の見通し>

イーサリアムとビットコインキャッシュの値上がりが顕著となった。 特にイーサリアムは本当に久しぶりの大幅上昇となり、8万円を超える展開となった。 ICOブームも来年以降続くだろう。

仮想通貨市場の基軸通貨がBTCとETH化が進んでおり、安全資産の立ち位置を確立しているように見える。 来年あたりはBCCも仲間入りするのではないかとも予想している。 今週は先週の上昇後の値固めの週になるように考えている。

各コインのテクニカル分析をしていこう。

<BTC/円 レバレッジ市場 価格帯予想 12月18日 ~ 12月24日>

想定レンジ:150万円 ~ 250万円 コアレンジ:180万円 ~ 230万円

btcjpy

■出所 BITPoint MT4 BTC/円

ビットコイン円FXチャート日足分析をしていく。 サポートラインを3つ記載した。 およそであるが、180万円、150万円、130万円になる。 それぞれ下落した場合、サポートとなるポイントがこれらだ。 今週はこのレベルまで下落をしてきたら押し目買いを実施したい。

先週の値動きはビットコインからアルトコイン市場に資本が逃避した格好だ。 ビットコインの利益を確定させて高値でアルトコインを掴んだ投資家も多いだろう。 この動きが継続されるものと考えて、少しずつビットコイン価格が下値を切り下げていくと考えてもよい。

30日移動平均線もまだ140万円台付近で推移をしている。一か月間の平均値がこんなに遠い距離にあるのだから、やはりじっくりと押し目を待つべきではないだろうか。 個人的には150万円付近まで押し目を待っている格好だ。 イーサリアムとビットコインキャッシュは買い持ちしつつ、ビットコインの押し目を待つ展開で今週は臨みたい。

また今朝方、シンガポール市場にてCME先物取引がスタートされた。 価格が少し下落した模様だ。

来年から徐々にプロの機関投資家のポジションが入りやすくなる。 個人投資家とは比べ物にならないぐらいの建玉となって襲い掛かってくるので注意が必要だ。 下落相場では特に注意をしたいと思う。 特に今夜の米国時間のCMEはどんな値動きになるか注目であろう。

<ETH/円 価格帯予想 12月18日 ~ 12月24日>

想定レンジ:60,000円 ~ 100,000円 コアレンジ:65,000円 ~ 90,000円

ethjpy

■出所 BITPoint ETH/円

イーサリアム円の現物である。 本当に先週はよく上昇してくれた。 高値をブレイクしたときの仮想通貨の上昇速度は本当にすごいものがある。 マーケットの薄いプライスを買っていくため、気づいたら勝手に時価総額が大幅に上昇しているといった現象だ。 さて、そんなETHだが、今週は値固めの展開を予想している。 12月に入り日本のボーナスが明らかに流入を始めているのであろう。

まだこれから新規の参入者も増えてくるであろうし、下落したところは買われるであろう。 押し目買いスタンス継続、ホールドしているポジションは手じまわずにキープすると良いだろう。 押し目買いの絶好のポイントは6万円付近だ。 こちらもサポートラインとなるので、必ずといっていいほど買いが入ってきやすいポイントだ。 まずはここに集中して、61,000円や62,000円などに買いの指値をセットしておくことが重要である。 小生もこのレベルで買い指値を実行しようと考えている。

<BCC/円 価格帯予想 12月18日 ~ 12月24日>

想定レンジ:17万円 ~ 25万円 コアレンジ:18万円 ~ 22万円

bccjpy

■出所 BITPoint BCC/円

最後のBCC円現物の分析をする。 上昇はしたものの、他のアルトコインと比較すると見劣りしてしまうかもしれない。 ただそれでも先週の安値付近から約40%も上昇しているので、悲観することはないだろう。 出遅れとしてまだここから上昇に期待できる。 出来高もここ数日はおとなしくなっており、注目がされていない証拠だ。 これはチャンスだと考えている。

今週もBCCをメインに買い入れを実施したいと考えている。 直近のサポートラインは19万円 ~ 20万円で引くことができるため、現在のポイントから少し下落したところから買いを入れていきたいと考えている。 イーサリアムのようにビットコインキャッシュも追随する方向で考えている。

まず週前半でBCCを少し追加の買いを検討し、イーサリアムとビットコインは深い押し目を待つスタンスで良いのではないだろうか。

■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)

FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


免責事項・注意事項

トップへ戻る