BITPoint Weekly View(Oct. 23)

        

<先週の相場振り返り>

先週は金曜日のNYクローズにかけてビットコインが史上最高値を更新してきた。 おそらくBTC/USDの6000ドル突破の恩恵を受けた形ではないだろうか。 ストップロスを巻き込んで真空地帯を駆け上がるのは毎度おなじみの光景となってきた。 次はBTC/円の番だ。 700,000円突破の際、再び勢い余ってどこまで上値を伸ばせるかが注目される。

<今週の見通し>

今週も再び史上最高値を更新する展開で予想している。 BTC/USDも6000ドル前後で推移をしており、レジスタンスラインとなるものがないため、ポジティブな材料が出れば上昇しやすいはずだ。 但し、注意点もいくつかある。 次の上昇は間もなく利食いの合図となる可能性がるため、この件に関して今日は記述しておく。

<BTC/円 レバレッジ市場 価格帯予想 10月23日 ~ 10月29日>

想定レンジ:560,000円 ~ 750,000円 コアレンジ:650,000円 ~ 700,000円

20171023_BTC/JPY

■出所 BITPoint MT4 BTC/円 (テクニカル:ボリンジャーバンド±1~3σ 中央線SMA30 MACD)

ビットコイン円の日足分析をしていく。 まず、メインチャートをご覧頂きたい。フィボナッチエクスパンションを引いて1.272のラインがおおよそ75万円前後まで伸びている。

次のおおよその史上最高値はこの付近で止まると考えている。 プライスの節目でもあり、ターゲットとしやすいだろう。 MACDも次の上昇でダイバージェンスする可能性もあり、短期的には最後の上昇となるような気がしてならない。

ビットコイン価格80万円か!?っといった見出しが並んだら合図であろう。 個人的な目安はズバリ72~75万円のゾーンである。ここをリミットの目安としている。 ここまで上昇すれば、短期ポジションは今こそ利食いすべきだと考えているし、個人的には利食いを終えた後、FXでショートを仕掛けてみたいとも考えている。 これは完全な逆張りであるが、あくまでデイトレードの過熱感を逆手に取った手法であるため、FX経験がある方なら試されると良いのではないだろうか。

また別のトレードパターンとしては、逆に70万円を突破できずに反落し、65万円を割り込みそうならば、長らく持っていたビットコインのロングポジションも利食いを慣行する。 ダブルトップ形成となってくるため、トップアウトが濃厚になってくる。 この点についても注意をしておこう。

<ETH/円 価格帯予想 10月23日 ~ 10月29日>

想定レンジ:30,000円 ~ 37,000円 コアレンジ:同上

20171023_ETH/JPY

■出所 BITPoint  ETH/円

正直イーサリアムの価格予想はかなり難しい局面にきた。 三角持ち合いを形成し、上にも下にも抜ければ大きくトレンドが発生する可能性があるからだ。 コアレンジも想定レンジも同じ設定にした。ご了承頂きたく。

先日のイーサリアムハードフォーク、メトロポリスの期待で買われていたが、案の定、下落した。 先週のコラムでお伝えしたようにセルザファクトとなった。 これは今後も非常に使える手法なのでぜひみなさんには覚えて頂きたい。

誰にでもわかるポジティブな材料へ最後に飛びついてきたプレイヤーの裏をかくように、逆のトレードを行う戦術だ。 誰もが認識しており、誰もが同じ方向にポジションを取れば、各自それぞれどこかで利食いを入れなければならない。 なので、思ったより上がらないことが多く、もし買いに回っている場合は、いち早く逃げられるように準備しておこう。 特にこのアルトコイン市場で直近見られる現象は、リップルやイーサリアムがこのパターンにハマっていることが多い。 今後もぜひ注視して頂きたい。必要があれば、こちらのコラムで再度言及していく。

<BCC/円 価格帯予想 10月23日 ~ 10月29日>

想定レンジ:30,000円 ~ 45,000円 コアレンジ:33,000円 ~ 40,000円

20171023_BCC/JPY

■出所 BITPoint  BCC/円

ビットコインキャッシュはと言うと、ようやく動きが出てきた。 ヘッドラインでは、ビットコインキャッシュがアップデート?のため、ハードフォークを実施するようだ。 この件は、分裂騒動ではなく、今月のイーサリアムと同様、バージョンアップといった内容で伝わっている。 これまた近々の情報なのでリサーチ不足で申し訳ないのだが、ビットコインゴールドの誕生を完全に意識した動きだと推測される。

先日までボラテリティが極端に低い相場だったが、こういった材料から反応はしやすい。 既に売られきっているため、下落はかなり限定的だと考えられる。 少しだけ今週中に買ってみようかな、と思い始めた。 今週から向こう3週間以内が仕込み場となるように思える。

BTC > ETH > BCC の順序が変わってきそうだ。

ビットコインゴールドについては先週金曜日各社対応を公表した。当社ではこの通貨についてはビットコインを基準時点で保有しているお客様の権利として付与する方針を公表している。詳しくは弊社お知らせをご覧いただきたい。 参考:10月25日に予期されるビットコイン分岐に向けた対応について

■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)

FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


免責事項・注意事項

トップへ戻る