BITPoint Weekly View(Aug. 14)

        

<先週の相場振り返り>
非常に大きな上昇トレンドとなった。
ビットコイン(以下BTC)価格が40万円を突破し、さらに加速した。
取引所によるが、史上最高値が49万円前後まで上値を伸ばした取引所もあったようだ。
 
またドル建てでも4,000ドルを突破し、米国のBTCサイトでも大きな見出しが躍り出ている。
北朝鮮情勢の緊迫から投資家によるリスク回避の動きによりBTCへ資金移動しているとの報道もあり、またBTCの円建て取引が40%以上を超えたことを考えると日本国内からも買いが殺到していた模様だ。
 
先週のコラム予想通り40万円を突破するとまでは書かせて頂いたが、正直45万円以上まで上値を伸ばすとはさすがに思ってもいなかった。
相場は「想像を遥かに超えて動く」といった個人的な格言があるのだがまさにその通りだった。
 
<今週の見通し>
 
正直、ここからの展開を予想しろと言われると本音はキツい(笑)
特に史上最高値更新中のトレンドは、その目処を想定するのは本当に難しいからだ。
 
誰もが想像をしていなかった領域にあっという間に足を踏み入れてしまったため、ひょっとしたら50万円または60万円までいってしまうのかもしれない。
但し、やはり目先利食いが優勢となりそうなので、押し目買いの目処をご紹介しておきたいと思う。
 
BTC/円 レバレッジ市場 価格帯予想 8月 14日 〜 8 20日>
 
想定レンジ:400,000円〜500,000
コアレンジ:415,000円〜480,000

  出所 BITPoint MT4 BTC/
テクニカル:ボリンジャーバンド±2σ中心線SMA30  MACD
 
ビットコイン円の日足分析からしていく。FXチャートになるが、+2σの線に沿って上昇しているのがお分かりいただけるだろう。
なのでこの上昇テンポで日足が続く場合は、+2σを下回ったあたりから買いを並べておけば良いことになる。
かなり攻撃的なトレードとなるので、こちらは少額の打診買いトレード程度に留めておくと良いだろう。
 
もう一つの戦略はプライスの節目を狙ったトレードを実施することである。
いわゆる40万円や45万円など、キリの良い数字は心理的節目と呼ばれ、こういった史上最高値更新中の上昇相場では、テクニカル的な要素が少ない。
よってこういった心理的節目での押し目買い戦略は結構使えることが多い。
 
よって、まずは40万円台から買い指値をセットしておこうと考えている。
または39万円だとサポートラインが引けるため、39万円台前半から買い指値を準備しておくことも手だ。
 
相場に過熱感があると考えているため、これぐらいの余裕を持ってトレードしていくと良いかもしれない。
 
 
<イーサリアム円>
ETH/円 価格帯予想 8月 14日〜820日>
想定レンジ:28,000円〜37,000
コアレンジ:30,000円〜35,000
 
■出所 BITPoint  ETH/
 
変わってイーサリアム円の日足分析を実施する。
チャート上には下降トレンドラインを引いて、それを右に抜けてきてから反転相場となっている。
 
先週は30,000円を突破してから35,000円まで上値を伸ばすものの、少々足踏み相場となってしまった。
ビットコインがこれだけ上昇しているので、イーサリアムももう少し頑張ってほしいところだったが今ひとつである。
 
現在は3万円の値固めといったところだろう。
 
チャート形状上は実はそこまで悪くない。30,000円〜35,000円台でもう数日停滞できれば、かなり良好なチャート形状になってくる。
 
さらに出来高が今以上に減ってくれた場合はチャンスだと考えて良い。
アク抜け感が強まり、これ以上売り込むプレイヤーがいなくなった証拠であるからだ。
その場合、次は上昇のターンとなることが非常に多い。(株やFXの経験上)
イーサリアム円も同じであろう。
 
筆者がイメージしている形状を申し上げると、黄色の四角で囲ったゾーンで、もう数日レンジ相場を形成できれば、矢印の方向に進み始めるかも・・・と考えている。
 
逆に損切りラインはピンクのサポートラインで引いた27,000円付近となる。
 
ここを割り込まれるとさすがにチャート形状が崩れてしまうので、筆者も諦める予定だ。
 
今のところ3万円に近づけば少額ずつ買いを入れていく予定でいる。
 
 
 
 
 




■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)


FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


 

免責事項・注意事項





 

トップへ戻る