BITPoint Weekly View(May.15)

        

<先週の相場振り返り>
 
ビットコインが一気に市場最高値を更新し続けた。
先週は個人的な予想を上値20万円と書かせて頂いたが、さらに10%以上の上昇があった。
 
「想像を遥かに超えて動く。」
 
個人的な相場の格言である。
長年トレードしてきているが、今回はこのパターンであった。
 
ビットコインに限らず、アルトコイン市場も多くがうなぎ昇りであった。
 
ライトコイン(LTC)のセグウィット(segwit)もアクティベートが完了し、市場全体的にセルザファクトになると考えていたが、大きく値を崩したのはライトコインのみだった。
 
取引所によってつけた高値はまちまちだが、おおよそ4,500円前後まで上昇していたようだ。
 
そこから3,000円前後まで下落し、現在は3,000円台前半で推移をしている。
 
ビットコインもリップル(XRP)もだが、ちょっと加熱しすぎかな?っと個人的には考えている。
 
Twitterのツイートを見ていてもかなり熱狂的になっている投資家が多く見受けられた。こういう時は静観するか持っているポジションの3割ぐらいを利益の確定をしておくと良いだろう。
 
現物の買いポジションをホールドしながら、信用取引でショートしてヘッジをかけるのも一つの手だ。
 
もし今週大荒れとなった場合、こういった方法で対処してみると良いかもしれない。
 
 
<今週の見通し>
 
今週もビットコインの価格予想というか、方向性を示すのは正直難しい。
 
値動きも激しく危険なボラテリティだ。
 
もみ合いになって日足ベースでローソク足の実体が小さくなるまるまで待つのが賢明ではないだろうか。
 
この1年間、ビットコイン急騰の後の相場はおおよそ30%ぐらいは下落することが多かった。
 
結局は下落の後、全て高値を超えてきているのだが、過去の値動きに学ぶならば30%ぐらい下落してもポジション管理できるように準備はしておくべきだろう。
 
直近高値はおおよそ22万円となるため、3割下落すると、1516万円近辺だ。
 
ちょうどサポートラインが引けるポイントでもある。ひとまず、ここまで下落する可能性を想定しておくべきだろう。
 
逆を言えば、下落してきたら押し目買いチャンスかもしれない。
意識しつつ、準備万全で臨みたい。
 
 
BTC/円 価格帯予想 515日~21日>
想定レンジ:150,000円〜250,000
コアレンジ:180,000円〜230,000
 
BTC/JPY 日足チャート>

■出所:BITPoint
 
ビットコイン円の日足チャートである。
 
大きな上昇トレンド発生後、その高値圏で長い陰線と陽線が交互にでると、テクニカル的には反落の合図となることが多い。
 
投資家の心理をよく表しており、熱狂的になっている際にこういった値動きをよくする。
おそらく皆さんも先週、先々週はかなり興奮したであろう。(筆者もだが・・・。)
 
しかし、相場につきものなのは、こういったときにそれ以上のしっぺ返しがあることだ。
この23週間の大きな上昇トレンドを今一度ご覧頂きたい。
チャート上で出来高(チャート下部の棒グラフ)が徐々に増えてきているのがお分かり頂けるだろうか?(4月後半から特に顕著。)
 
上昇するスピードが速すぎて、慌てて買ったプレイヤーである。
次々と高値を掴んでくれたおかげだ。
 
利益確定ポイントをトレールして、少しずつ切り上げていけばグッドトレードになるのだが、やはりいざ安値を更新し始めると危ない。
 
下落を始めた場合、この数日間で高値掴みをしたプレイヤーが一斉に逃げはじめるからだ。
18万円以上で強めに買い増しをするのは避けたいところだ。
 
 
ETH/円 日足チャート>

■出所:BITPoint
 
変わってイーサリアム(ETH)円である。
そこまで他の暗号通貨の影響を受けているわけではなさそうだ。
先週は大きく上昇を見せる場面は目立っていなかった。
 
持合い三角形を作りに行きそうな形状である。
 
4月後半から確かに出来高が増えてきているが、上昇もせず、下落もせずといったところだ。
買い手と売り手が均等に入れ替わった証拠でもある。
 
もう1週間ぐらいこの価格帯で推移をすれば、過熱感も抜けてくるため、再度上昇する可能性が高くなってくるだろう。
 
参考になるのは、水色で囲った過去の値動きである。
 
市場が若い場合はこういった値動きになりやすい。(トレンドが若いという意味。)
 
価格をキープしながら出来高が減って行けば一相場終えた合図にもなりやすい。同じ価格帯だったとしても、少し買い増しをしても良いだろう。
 
但し、もう数日間は様子見で良いのではないかと考えている。
 
 
 




■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)


FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


 

免責事項・注意事項




トップへ戻る