BITPoint Weekly View(Mar.27)

        

<先週の振り返り>
 
ビットコイン相場は荒れた。
案の定でもあったのだが、やはりプライスが動いてくると、ヒヤヒヤする。
25日(土)は一時9万円台で推移する場面もあった。
 
ビットコインハードフォーク問題を理解したのか、市場が非常にネガティブになってきた。
 
先週の記事ではないが、今一度簡単におさらいする。
 
 
■ビットコインハードフォーク問題
 
現在、世界のビットコイン市場を牽引する、ビットコイン・コアと呼ばれている通称:BC軍団が業界を牽引している。
 
対する、ビットコイン・アンリミテッドと呼ばれる、通称:BU軍団が勢力をつけてきて、BC軍団とBU軍団で対立が激化してきた。
 
BC軍団は従来のビットコイン支持者のグループで、現在のビットコインを支持している。
 
対して、現状の世界的均衡では、反乱軍とも言えるBUグループは、現状のビットコイン能力を増強するため、改善を促しているグループと言えよう。
 
ともあれ、将来的にビットコインの能力面だけでみると、BUの理論に改善してくれたほうが、後々の新規参入者のことを考えると良い面がある。
 
しかし、主導権を握っていたBCの何割かがBUに実権を握られたくないことと、現状のプライスを大きく崩されたくないことは明白でもある。
従ってハードフォークを許した時点で相場が混乱する恐れ、確率は幾分高い。
 
ここからの副作用を考慮すると、健全に何事も起こらずBC側の従来通りのビットコインを維持していてほしいとの思惑も個人的にはある。
 
本当に難しいところだ。
 
 
<今週の見通し>
 
さらに中国の大手マイニング会社が、ビットコインアンリミテッド(BU)に舵を切りつつあるという報道がなされたことが、今回の相場の引き金となった。
 
このことにより、ビットコインのハードフォークの可能性がより濃厚になりつつあるのだ。
 
ビットコインについてはやや慎重姿勢。
むしろ逃避先として選ばれているイーサリアムは対BTCで過去最高値を更新しており、イーサリアムに資金を移しておくのも手の一つだろう。
 
これらのファンダメンタルズを含めて相場解説していきたい。
 
 
BTC/円 予想レンジ327日〜42日>
 
想定レンジ幅:80,000円〜125,000
コアレンジ幅:90,000円〜115,000

 


BTC円の日足である。
 
この記事を書いているときは107,000円〜108,000円で推移をしている。
大台の10万円を一時割れる展開でもあったが、現状は踏ん張っているようにも思える。
次のサポートラインは86,000円付近となる。
下値の寄りはこのあたりまで許容しておくことが懸命ではないだろうか。
 
まだ話題がHOT過ぎて、このまま即座に切り返していくとは考えにくい。
あまりにも早い下落だったことから、もう数日から数週間、このあたりの価格で乱高下を繰り返すのではないだろうか。
 
もう一つ、興味深いのはBTC人民元チャートであった。
 
BTC/人民元チャート日足分析


こちらは人民元建てのチャートである。
BTCあたり、6,6006,800元あたりで推移をしている。
 
水色の四角で囲ったポイントは出来高を示すのだが、価格が下落しているのにも関わらず、出来高は妙に減っている。
 
じつはそろそろボトムが近いのではないのであろうかと思わせる出来高でもある。
 
BTC市場は非常に若い相場であり、ファンダメンタルズのリアルタイム性が幾分遅れる。
 
本当に50年ぐらいまえの株式市場のような値動きではないかと近頃よく思う。
このようなテクニカル分析と市場参加者心理を組み合わせると、意外にもボトムは近いのかもしれないとも考えられる。
 
いわゆる、完全に市場参加者が損切りをして、抜けきったと考えるとわかりやすい。
 
小生は為替・株トレーダーでもあるので、こういったチャート形状、出来高と値動きのバランスに矛盾を生じたタイミングではよく勝機を感じる。
 
もしこのままの出来高を維持、またはそれ以下でもビットコイン価格が下落するならば、そこは最後の下落と判断して多少勝負してみてもいいように感じる。
 
個人的には買いに向かうのはあまり気が向かないのだが、テクニカル上、市場心理上、買い向かっても悪くないタイミングでもあるのではないかと少し感じている。
 
かなり面白い局面でもある。
 
今週は中国市場含めて、日本市場の出来高にも注意し、出来高が少ないにも関わらず、価格の安値を更新があるならば、ぜひ現物で打診買いをしていきたいと考えている。
 
但し、くれぐれも慎重にお願いしたい。
 
 



■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)


FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


 

免責事項・注意事項




トップへ戻る