BITPoint Weekly View(Mar.03)

        

<今週の相場概況振り返り>
金融市場ではトランプ米大統領の議会演説<1日>が最大イベントであったが、懸念されていたような反応は金融市場では起こらず、むしろ「Buy the Rumor」となり、ドル円が上昇した。
 
仮想通貨市場もリスクオフ要因でBTCが買われており、世界各取引所ベースでも対ドル、対ユーロで史上最高値を更新した。
金融市場では、米国株式市場を筆頭に、主に先進国で株高が散見される。
リスクオンの様相になってきたため、仮想通貨市場に一旦は頭打ちとなると思われたが、その勢いは継続されて仮想通貨市場も高値を更新していた。
 
<来週の相場展望>
中国のビットコイン取引所の中で三大取引所と呼ばれている、「Huobi,」、「TCC」、「OK Coin」については、信用取引を停止したこともあり、中国での取引高が一気に減少し、取引量の回復が全く見られていない。
 
1月からの急落相場はすでに終えたかと思われるのだが、香港の取引所関係者によると、どこかの取引所が業務停止命令を喰らう可能性があるのではないかと市場では噂されているとのことである。
おそらく見せしめなのだろうが、その場合の急落には注意をしたい。
しかし、いずれにしてもBTCやブロックチェーンが破壊されるわけではないので、今回も同様に急落した場所は買場となるのではないだろうか。
 
<来週の予想レンジ 2017年3月5日(日曜)~11日(土曜)>
BTC/USD
想定レンジ幅:1100~1400ドル
コアレンジ:1150~1300ドル

【テクニカル分析】
ローソク足+ADX14+RSI14
 
BTCトレードの場合は従来のテクニカルでまともにワークするものがあまりない。若い市場のため、勢いが出ているトレンドや平均的な乖離を見ることをおすすめする。
 
筆者的には、オシレーターを駆使して、相場の勢いを図りながらトレードが最も効率的だと現状は考えているため、トレンドの勢いを図るオシレーター:ADX14と買われ過ぎ、売られ過ぎの指標を図るRSI14を多用している。
 
株や為替市場よりも勢いがある市場のため、オシレーターなどの数値は比較的大きめにして参考としている。
 
BTC/USD日足であるが、ご覧の通り、勢いをキープし過ぎている。ADXもうなぎ昇りのため、もう一段高が望めそう。
 
ADXが失速したタイミングでは、急落が起こらない限り、高値圏でもみ合うことが多いため、そこが一旦の利食いの目処ではないだろうか。
RSIでは+80%ラインを超えてきており、買われ過ぎを示唆している。
ダイバージェンスが出ることに利食いで良いのかもしれない。
 
特に1200ドル~1300ドルで数日間もみ合いが続けば、ちょうどよい頃合いなのではないだろうか。
 
もう一回転ぐらいロング戦略ができそうだ。
 
BTC/JPY
想定レンジ:125,000~155,000円
コアレンジ:134,000~150,000円

BTC/JPY日足でも同じように上昇局面である。
USD/JPYの上昇がみられたため、BTC/USDよりも上昇幅が大きい。
 
おそらく、FOMCが実施される前の14~15日ぐらいまではUSD/JPYの上昇がみられるのではないだろうか。
よって、トレードをするならBTC/JPYがより効率的なのかもしれない。
こちらも同じく押し目買いが良いだろう。
1時間足や4時間足ベースで細かいトレードがワークしやすいのではないだろうか。
 
■イーサリアム(ETH)なども上昇。
最後に補足程度だが、アルトコイン市場も活況が目立つ。
(アルトコイン市場とは:BTC以外の仮想通貨を示す、一種の総称。イーサリアムETHやリップルXRPも纏めて呼ぶときにアルトコインと表現されることが多い。)
BTCだけに限らず、仮想通貨市場第二の時価総額を持つ、イーサリアム(ETH)の価格も上昇中だ。
昨年末には1000円程度であったイーサリアム(ETH)も今や2000~2500円まで上昇してきた。
特にここ1週間では1500円前後から1000円近くの上昇である。
明らかに第二のBTCを探しに向かっている状況だろう。
中国のマネーローンダリングの向かう先を見つけては今後も市場が活況に呈すのではないだろうか。
アルトコイン市場にも今後注目である。
 
 




■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)


FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


 

免責事項・注意事項




トップへ戻る