BITPoint Weekly View(Jan.30)

        

春節入り。今週のBTC相場を展望する。

<先週(123日~27日)のレンジ>

始値

高値 安値 終値

BTC/USD

916.80

926.00

883.26

910.62

BTC/JPY 104,792 105,553 99,716

104,849

BITPoint FX (MT4 bid )より

<先週の相場概況>

先週のBTC市場は静かな値動きのなか底堅く推移した。24日(火)から中国国内3大取引所が取引手数料徴収を開始したことを受け弱含む局面もあったが、BTC/JPY100,000円近辺では買い意欲が強く、27日(金)には週高値水準まで回復。BTC/USDも先々週の終値(888.15ドル)より高いレベルをほぼ維持しており、久しぶりに狭いレンジでの取引となった。

<今週の相場展望>

今週も潜在的なBTC需要などを背景に、市場は堅調に推移すると予想される。ただし、中国BTC市場の状況などを考えると、なかなか大相場に成り難いのではないか。1月11日からの中国金融当局による各仮想通貨取引所への立ち入り検査継続を受け、中国の各取引所は手数料徴収開始や信用取引停止という対応を取ったため顧客取引高は大幅に減少している模様だ。また、春節(旧正月)休みに入ったこともあり活発な取引になるとは予想されず、薄商いのなかレンジ相場が続きそうである。 注目すべきレベルは、先週のレポートでもお伝えした1/5(木)暴落の際に一度支えられたBTC/USD 940/950ドル・BTC/JPY 108,000/109,000円近辺だと考える。

中国金融当局のBTC取引に対する更なる規制や、米国トランプ政権の対中政策等にもまだ注意を払わねばならないだろう。中国が米国から通貨政策の是正を求められた場合、中国当局が対応するしないに拘わらずBTC相場の波乱要因となりかねないので、そういった場合の短期的な乱高下には十分留意したい。

<今週の予想レンジ>

BTC/USD   800~1000

BTC/JPY   85000~110000

BTCJPY chart 4時間足

20170130.png

※ 本相場展望は著者HiroとBariの個人的見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。

また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。

※ 本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

著者紹介

Hiro

外為ブローカーとして銀行間の外国為替取引仲介業務に携わったのち、米国銀行でアジア/オセアニア地区の外国為替セールスやトレーディング業務を経験。現在はビットコイン相場の魅力に取り付かれ奮闘中

Bari

複数の大手金融機関で、外国為替インターバンクディーラーとして15年以上トレーディング業務に携わる。欧州通貨を好んでトレードしていたが、今ではBTCと格闘中。ラーメン好き、犬(ポメラニアン)好き。アンガーマネジメントコンサルタントとしての一面も持っている。

トップへ戻る