BITPoint Weekly View(Jan.23)

        

トランプ米大統領就任後のビットコインは? 今週のBTC相場を展望する。

<先週(1月16日~1月20日)のレンジ>

始値

高値 安値 終値
BTC/USD

807.84

907.85

807.54

888.15

BTC/JPY 92,379 103,699 92,364

101,791

1/23(月)7:00~15:00レンジ  BTC/USD 906.00~921.25  BTC/JPY 103,178~105,006

BITPoint FX (MT4 bid )より

<先週の相場概況>

先週のBTC相場は概ね堅調に推移した。BTC/JPYは95,000円を上抜けすると、上昇に加速力が増し103,000円近辺へ。水曜夜に95,000円台まで急落する場面もあったが、先々週のようなパニック的な売りとはならず、翌日には再び100,000円台を回復した。BTC/USDも週半ばの売りを持ちこたえ900$近辺まで上昇し、BTC/JPYとともに週足では今年初めての陽線となった。

<今週の相場展望>

米国、トランプ大統領の就任演説は目新しいものも無く、保護主義的な内容に市場はドル売りの反応を示した。BTC相場自体は先週の流れを引き継ぎ、下値を切り上げながら小確り(こじっかり)と動いている。今後の注目すべきレベルとしては、1/5(木)暴落した際に一度支えられたレベル、BTC/USD 940/950$・BTC/JPY 108,000/109,000円近辺だと思われる。

注意したいのは、ビットコイン総取引高の8~9割を占めていると言われる主要な中国の取引所が、投機を抑制するために取引手数料(0.2%)の徴収を始めること。また、中国の春節(旧正月)も今週末に控え、ポジション調整的な動きになる可能性もあり、市場に対して決め打ちするのは避けたい。

<今週の予想レンジ>

BTC/USD   800~1000

BTC/JPY  92,000~112,000

BTCJPY chart 4時間足

20170123.png

※ 本相場展望は著者Bariの個人的な見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。

また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。

※ 本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

著者紹介

Bari

複数の大手金融機関で、外国為替インターバンクディーラーとして15年以上トレーディング業務に携わる。欧州通貨を好んでトレードしていたが、今ではBTCと格闘中。ラーメン好き、酒好き、犬(ポメラニアン)好き。アンガーマネジメントコンサルタントとしての一面も持っている。

トップへ戻る