BITPoint Weekly View(Jan.09)

        

BTC史上最高値の更新後に急落。山高ければ谷深しなのか。

今週のBTC相場を展望する。

<先週(13日~16日)のレンジ>

始値 高値 安値 終値
BTC/USD

1017.69

1150.12

877.38

894.06

BTC/JPY 119,550 133,900 102,685

104,560

1/9(月)のレンジ  BTC/USD 869.61~909.86  BTC/JPY 101,947~106,695

BITPoint FX (MT4 bid )より

<先週の相場概況>

昨年の高値越えで始まった2017年BTC相場は、1月5日(木)午後まで堅調に推移。BTC/JPYが133,900円、BTC/USDも1150.12ドルと史上最高値をつけた。しかし、人民元の対ドル基準値が約1カ月ぶりの元高水準になったことなどを背景に、5日夕方からBTC/CNYは約30%暴落。それに引きずられBTC/JPYも109,000円、BTC/USDは950ドル割れと急落した。その後、6日(金)朝にかけて買い戻される展開も見えたがやはり頭は重く、夜には週安値を更新する展開となった。

9日(月)朝はやや高く始まったものの、上値の重さは変わらない値動きとなっている。

<今週の相場展望>

昨年10月末から12月末までの、BTC/JPY上昇局面における週間平均値幅は約8,400円。先週4日間の値幅が約31,000円で安値圏引けと、かなり長い陰線となった。人民元高や中国人民銀行による「急激なBTC価格上昇への懸念」に対し、やや過剰反応とも思えなくはない。しかし、チャートの長い陰線から考えると、BTCに対しての強気局面は小休止となったように見える。しばらくレンジ相場が続くのではないだろうか。

ただし、まだまだBTCへの潜在的な需要があることは予想されるので、下がったところを突っ込んで売ることには注意したい。

<今週の予想レンジ>

BTC/USD   750~1000

BTC/JPY   87,000~117,000

BTCJPY chart 4時間足

20170109.png

※ 本相場展望は著者Bariの個人的な見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。

また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。

※ 本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。

著者紹介

Bari

複数の大手金融機関で、外国為替インターバンクディーラーとして15年以上トレーディング業務に携わる。欧州通貨を好んでトレードしていたが、今ではBTCと格闘中。ラーメン好き、酒好き、犬(ポメラニアン)好き。アンガーマネジメントコンサルタントとしての一面も持っている。

トップへ戻る