BITPoint Weekly View(Nov.7)

        

<先週(10月31日から11月4日)のレンジ>

始値 高値 安値 終値
BTCUSD 716.00 752.45 687.83 707.95
BTCJPY 74844 78148 70788 72993

BITPoint FX (MT4 bid )より


<先週の相場概況>
先週のBTC/JPYマーケットも10月からの地合いをしっかりと引き継ぎ、週半ばまでは堅調に推移。 しかしBTCは3日深夜から4日朝に急落。高値から8千円の戻し、7万円台(取引所によっては7万円割れ)まで落ちるという、久しぶりに見せた10%以上の動きであった。
この下げの引き金となったのは、「中国が人民元安に歯止めをかけるために規制をするのではないか」という噂が広まったこと。
しかし、噂は噂のままで確認されず、結局はマーケットに新たな買い場を提供した形になり、BTCJPYも73000円近辺で引けることとなる。


<今週の相場展望>
今週の注目はやはり、11月8日(火)の米大統領選。
先週はトランプ氏が支持率で追い上げを見せ、米大統領選の不透明感が増した。どれほどまでBTCがこの米大統領選に影響されるかは未知数であるが、トランプ氏勝利がドル売りという流れになり、USDCNY相場が売られやすい展開になった場合は、BTCも売られることになるだろう。
ただし、クリントン氏の勝利がBTC買いに直接つながるとは考え難い。不美人投票と揶揄される中予想通りクリントン氏が選出されても、米国の政治の不安定さがぬぐえないのであれば、BTCが荒い値動きになると思われる。BTC市場は先週に引き続きも不安定のままだが、丁寧に拾っていく、というスタンスに変わりはないように考える。

<今週の予想レンジ>
BTCUSD   690.00~752.50
BTCJPY   69,000~76,500



BTCJPY Daily chart

chart_1107


※ 本相場展望は著者Hiroの個人的な見解であり、株式会社ビットポイントジャパンの公式見解を示すものではありません。
また、情報提供を目的としたものであり、ビットコインをはじめとするいかなる商品についても売買の勧誘・推奨を目的としたものではありません。
※ 本相場展望は信頼できると思われる各種データをもとに作成されていますが、その正確性、完全性を保証するものでは ありません。

著者紹介
:Hiro
外国為替市場に外為ブローカーとして携わったのち在日米国銀行でアジア/オセアニア地区の外国為替セールスとトレーディング業務を経験。其の後FX業界に転じトレーディング、業務オペレーション等を統括。

トップへ戻る