Flare Networks 「Sparkトークン」付与に関する共同対応について

平素よりビットポイントジャパンをご利用いただき、誠にありがとうございます。

リップル(XRP)の保有者に対し、Flare Networksにて付与予定の「Sparkトークン」について、以下の通りお知らせいたします。

内容

<Sparkトークン付与について>
国内事業者12社(オブザーバー1社)にて、顧客資産保護、顧客メリット最大化を目的として、Flare Networksと協議を続けておりました。この度、以下の条件でFlare Networksと合意いたしましたので、お知らせいたします。

<Flare Networksとの合意条件>
Sparkトークンが2022年6月12日までに日本暗号資産取引業協会(JVCEA)と金融庁に上場承認された場合、当該国内事業者はSparkトークンを請求しXRP保持者に分配する。

  • 国内事業者の取扱開始のためには、法令や自主規制団体の規則に沿った手続きがございます。
  • 取扱の開始等の今後の進捗は、決定次第、各社サイト等にてご案内をさせていただきます。
  • 個社の取扱審査・システム対応状況等に応じて取扱開始やトークン付与の時期が左右される可能性があります。
  • Sparkトークンの発行元であるFlare Networksの方針変更その他の事由により、方針変更となる場合がございます。

<Flare Networks について>
Ripple社の投資部門「Xpring」からの支援を受けて、XRP Ledger上にスマートコントラクトの実装を目指すプロジェクトです。XRPの保有者に対し、Flare Networks上のネイティブトークンであるSparkトークンを付与するエアドロップを2020年8月10日に発表(※)しております。

  • Flare Networksについての発表はこちら

<国内事業者12社一覧>
株式会社bitFlyer
QUOINE株式会社(Liquid by Quoine)
ビットバンク株式会社
SBI VC トレード株式会社
フォビジャパン株式会社
株式会社ビットポイントジャパン
株式会社DMM Bitcoin
株式会社Xtheta
コインチェック株式会社
株式会社ディーカレット
LVC株式会社(BITMAX)
その他1社

  • ⽇本暗号資産取引業協会(JVCEA)会員番号順

今後ともビットポイントジャパンをよろしくお願い申し上げます。

以上