FAQ よくあるご質問 - レバレッジ取引

口座開設関連

レバレッジ取引口座の開設方法を教えてください。

「レバレッジ取引口座」の開設には、「総合口座」を開設が必要です。まずは「総合口座」の開設をお申し込みください。
「総合口座」開設後、取引サイトへログインいただき、追加で「レバレッジ取引口座」の開設をお申し込みください。
「総合口座」と「レバレッジ取引口座」の開設を同時に申し込むことはできません。
「総合口座」と「レバレッジ取引口座」では、口座開設基準が異なります。「総合口座」を開設いただいても、「レバレッジ口座」を開設できない場合がございますので、予めご了承ください。

総合口座を開設しています。追加でレバレッジ取引口座を開設したいのですがどうしたらいいですか?

取引サイトへログインして、ホームのメニューから「メンバートップ」の資産状況 [レバレッジ証拠金現金]の枠にある『申込み』ボタンより、または「口座管理」⇒「各種申込状況」⇒「口座・サービス利用状況」のレバレッジ取引口座の『申込み』ボタンより、以下の手順に沿って開設手続きを行ってください。

  • ①契約締結前交付書面へのご同意

     レバレッジ取引の契約締結前交付書面 をご確認の上、ご同意ください。

    ②口座開設にあたってのご確認事項等

    ・年収    現在の情報を選択してください。

    ・金融資産  現在の情報を選択してください。

    ・米国納税義務ご登録情報に変更がある場合は、当社カスタマーセンターまでご連絡くださいますようお願いいたします。

  • ③証拠金取引(レバレッジ取引)レバレッジコースのご選択

      レバレッジコースを1倍・2倍・4倍から選択してください。

      レバレッジコースは取引サイトより変更可能です。

    ※注文中の注文やポジションを保有している場合はレバレッジの変更を承れません。

  • ④[確認画面]のクリックにてレバレッジ取引口座 申込み内容確認画面が表示されます。

     内容を確認の上[この内容で申し込む]にて申込入力完了です。

     ご登録メールアドレス宛に「【BPJ】レバレッジ取引口座申込受付のお知らせ」メールを送ります。

  • ⑤審査完了後、審査結果をご登録のメールアドレス宛ご連絡いたします。

  • ⑥「【BPJ】レバレッジ取引口座開設手続き完了のお知らせ」が届いた方は、取引サイトへログインして『仮想通貨取引 』のレバレッジ取引を開始ください。

「総合口座」と「レバレッジ取引口座」では、口座開設基準が異なります。「総合口座」を開設済みの方でも、「レバレッジ口座」を開設できない場合がございますので、予めご了承ください。

レバレッジ取引口座開設基準を教えてください。

レバレッジ取引口座の開設基準は、以下のとおりとなっております。

  • 当社のレバレッジ取引について相当の知識があり、取引の仕組みとリスクを十分にご理解し、自己の責任と判断においてお取引いただけること。
  • レバレッジ取引約款等の内容にご同意いただけること。
  • お客様が20歳以上かつ、行為能力者であること。
  • 金融資産の総額が50万円以上であること。
  • 日本語が問題なく理解できること。
  • お客さまのレバレッジ取引口座は、円貨のみの取り扱いであることにご同意いただけること。
レバレッジ取引口座開設基準を満たしても、審査の結果、口座開設できないことがあります。その場合、口座開設をお断りした理由は開示していませんので、あらかじめご了承ください。

レバレッジ取引口座の開設に手数料はかかりますか?

口座開設手数料、口座管理料は、無料です。

パスワードについて

レバレッジ取引を行うのに必要なログインID、ログインパスワードを教えてください。

レバレッジ取引は現物取引と同様のサイトとなりますので現物取引で設定しているログインID、ログインパスワードとなります。
当社ホームページのログインボタンよりログインしてお取引ください。

入出金・振替について

レバレッジ取引口座への口座資金振替方法を教えてください

取引サイトへログイン「入出金・振替」⇒「資金振替指示」にて行えます。

  • ①振替元に総合口座を指定いただき振替先にレバレッジ取引口座を指定してください。
  • ②振替可能額の範囲内で金額を指定するか全額を指定してください。
  • ③よろしければ確認画面のボタンをクリックしてください。
  • ④確認画面が表示されますので確認の上、取引暗証番号をご入力ください。
  • ⑤執行ボタンのクリックにて資金振替が実行されます。キャンセルする場合はキャンセルボタンをクリックしてください。

全額を選択すると資金振替指示画面を開いた時の振替可能金額が振替額に表示されます。

レバレッジ取引口座から総合口座への口座資金振替方法を教えてください。

取引サイトへログイン「入出金・振替」⇒「資金振替指示」にて行えます。

  • ①振替元にレバレッジ取引口座を指定いただき振替先に総合口座を指定してください。
  • ②振替可能額の範囲内で金額を指定するか全額を指定してください。
  • ③よろしければ確認画面のボタンをクリックしてください。
  • ④確認画面が表示されますので確認の上、取引暗証番号をご入力ください。
  • ⑤執行ボタンのクリックにて資金振替が実行されます。キャンセルする場合はキャンセルボタンをクリックしてください。

全額を選択すると資金振替指示画面を開いた時の振替可能金額が振替額に表示されますので実行時の振替可能額と相違する場合もございます。
また、証拠金維持率が100%を下回るとロスカットが発動するため、レバレッジ取引の保有建玉(買建・売建)がある場合にレバレッジ取引口座から総合口座へ全額振替えを行った場合1円でも評価損が発生するとロスカットが発動しますのでご注意ください。
ロスカットはあくまでもお客様の損失を最小限にすることを目的としているものでございます。

レバレッジ取引口座から総合口座へ振替る際の注意点。

レバレッジ取引の建玉(買建,売建)がある場合にレバレッジ取引口座から総合口座へ振替可能額の全額を振り替えた場合、証拠金維持率100%を下回るとロスカットが発動するため1円でも評価損が発生するとロスカットが発動しますのでご注意ください。
ロスカットはあくまでもお客様の損失を最小限にすることを目的としているものでございます。

入出金・振替に手数料は必要ですか?

総合口座からレバレッジ取引口座へ振替る際の手数料は一切かかりませんが、総合口座に残高がない場合の総合口座へのご入金は、即時入金サービスをご利用の場合は振込手数料無料でご入金いただけますが、当社指定の入金先銀行口座へお振込にてご入金いただく場合の銀行振込手数料は、お客様負担となります。
お客様の出金依頼額から差引かせていただきますのであらかじめご了承ください。

決済代金はいつ出金可能となりますか?

レバレッジ取引にて決済した代金は即時に資金振替が可能となりその後ご出金依頼いただけます。
取引サイトにログイン⇒「入出金・振替」⇒「振替」にてレバレッジ取引口座から総合口座にお振替後、「出金依頼」を行ってください。
ご出金依頼を行った資金は出金依頼日の翌々営業日(T+2)にお客様の出金先銀行口座へお振込みいたします。お振込みに係る銀行振込手数料は、お客様の出金依頼額から差引きさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
出金依頼日が土・日の場合、金曜日の出金依頼と同じ扱いとなり、金曜日の翌々営業日が出金日となります。
なお、出金依頼日が祝日の場合、翌営業日の扱いとなりその翌々営業日が出金日となりますので、ご注意ください。

レバレッジ取引口座、総合口座間の振替履歴はどこで確認できますか?

取引サイトにログイン「入出金・振替」⇒入出金履歴にてレバレッジ取引口座を選択してご確認ください。選択いただいた口座に関連する情報が表示されます。

レバレッジ取引口座の振替可能額はどこで確認できますか。

取引サイトへログイン「入出金・振替」⇒「資金振替指示」にて振替元にレバレッジ取引口座を選択いただくと「レバレッジ取引口座」の振替可能額が表示されます。資産状況に表示されているレバレッジ証拠金の残高と証拠金の振替可能額は異なりますのでご注意ください。
証拠金維持率が100%を下回るとロスカットが発動するため、レバレッジ取引の保有建玉(買建・売建)がある場合にレバレッジ取引口座から総合口座へ全額振替えを行った場合1円でも評価損が発生するとロスカットが発動しますのでご注意ください。
ロスカットはあくまでもお客様の損失を最小限にすることを目的としているものでございます。

レバレッジ取引口座⇔総合口座間の振替にはどれくらいの時間を要しますか?

即時反映いたします。

レバレッジ取引について

レバレッジ取引の特徴を教えてください。

レバレッジ取引は、現物取引とは異なり、売りから始めることが選択できるため、相場のトレンドにかわからず、上昇・下降の両局面において、利益を得ることが可能となります。
また、レバレッジ取引は、証拠金現金にレバレッジを効かせた取引が可能となるため、現物取引と比べてリスクの高い取引となります。詳細は「レバレッジ取引の契約締結前交付書面 」等をご覧ください。

取扱い銘柄について教えてください。

BTC/JPY(ビットコイン/円)のみとなります。

ロスカットについて教えてください。

証拠金維持率が100%未満で発動
ロスカット取引は、証拠金維持率が100%を下回った時点(証拠金余力が必要証拠金を下回った時点)で、新規注文の中で証拠金の拘束額が大きい順に指値(逆指値)注文が順次キャンセルされます。すべての注文がキャンセルされても証拠金維持率が100%へ回復しない場合は、直ちにお客様が保有するポジションのうち評価損の大きいポジションから証拠金維持率が100%に達するまで、順次成行にて強制的に決済します。口座状況によっては保有ポジションの全部が強制決済される場合もあります。
相場が急激に変動した場合には、ロスカットルールが適用されても、差入ている証拠金の額を上回る損失が生じることがあります。

アラート通知について教えてください。

お客様の建玉管理のため証拠金維持率120パーセントを下回った場合は、アラート通知(警告メール)をお客様メールアドレスに送信いたします。
アラート通知(警告メール)は一日(計算区域16:00~翌16:00)1回の配信となりますのでご注意ください。
翌取引日に再度、証拠金維持率の判定が入りその際に120%を下回っていた場合には再度アラート通知(警告メール)を配信いたします。
アラート通知(警告メール)は、システム上の技術的な理由や相場の急激な変動などで送信が遅れる場合、あるいはまったく送信されない場合もありますのでご注意ください。そのような場合をあらかじめ想定していただき、常日頃から十分な余裕をもってお取引くださいますようお願いいたします。
アラート通知は、電子メールを利用しますので、回線の通信速度、障害又は通信環境の変化等により、遅延や不着等が発生する場合があります。

追証について教えてください。

追加で証拠金をご入金いただくことです。
証拠金維持率100%でロスカットになるため証拠金現金がマイナスになることは、ほとんどありません。
しかし、実現益や評価益等により新規建てを行った場合、新規建時に証拠金現金より建玉管理料(建玉の0.035%)が徴収され証拠金現金より建玉管理料が多い場合は、その時点では証拠金現金がマイナスで表示されます。
追証判定時の日次処理時間の16時の時点で実現益が証拠金現金へ反映され証拠金現金がプラスになれば追証は解消されますが、実現益反映後もマイナスの場合追証となります(評価益では追証の解消にはなりません)。
また、追証判定時の日次処理時間の16時の時点で実現損が証拠金現金へ反映され証拠金現金がマイナスになった場合も追証となります。その場合は翌営業日の15時までにレバレッジ取引口座へ総合口座から資金振替にてご入金ください。
入金期限を過ぎた場合、延滞金が発生いたします。ご注意ください。

注文・取引について

注文の種類を教えてください。

ストリーミング注文(成行・指値)、シングル注文(成行・指値)、逆指値注文が行えます。

レバレッジ新規注文の方法を教えてください。

取引サイトにログイン(現物取引と同じサイト)して「仮想通貨取引」➡「レバレッジ新規」をクリックしてください。

  • ①注文種類の選択:「ストリーミング」「シングル」「逆指値」を選択してください。
  • ②シングル注文、逆指値注文を選択の場合「売建」「買建」を選択してください。
  • ③数量の指定:1注文の注文数量、0.01BTC以上0.01BTC単位100BTC以内で指定してください。
  • ④価格の指定:成行、指値を選択してください。指値注文、逆指値注文を選択の場合、価格を指定してください。
  • ⑤有効期限はGTCのみ ※執行された注文は取り消しされるまで有効となります。
  • ⑥取引暗証番号(数字4桁)を入力してください。
  • ➆シングル注文、逆指値注文の場合は、注文ボタンをクリック、ストリーミング注文の場合は2WAYプライスのクリックにて確認画面が表示されます。内容を確認の上、執行ボタンをクリックしてください。

注文画面の注文確認画面の表示を省略するに☑を入れると確認画面を省略することができます。

ADVANCEでのレバレッジ取引の取引方法を教えてください。
  • ①画面左上のADVANCEのロゴの右から現物取引を選択してください。えんじ色に文字が白抜きしてある方が選択されています。
  • ②銘柄を選択してください。 BTC/JPYのみとなります
  • ③チャート、板情報から情報を確認して注文画面でご注文してください。
  • ④指値、成行、逆指値を選択してください。注文区分は新規注文となります。
  • ⑤数量の指定:1注文の注文数量、0.01BTC以上0.01BTC単位100BTC以内で指定してください。
  • ⑥指値・逆指値の場合には価格を指定してください。
    板情報から価格をクリックすることで注文画面に価格が反映させることも可能です。
  • ⑦取引暗証番号(数字4桁)を入力。
  • ⑧売、買ボタンをクリックして注文が執行されます。
  • ⑨内容確認画面が表示されますので確認の上執行ボタンをクリックしてください。
  • ⑩現物取引注文完了画面が表示され売買注文を承りました。
  • ⑪注文画面の下に表示の執行中の注文は[執行中の注文]に約定した注文は[約定履歴]をご確認ください。
  • ※約定履歴には当日分のみ表示がされているため前日並びに前日より以前の約定履歴については取引サイトの取引照会⇒約定照会にてご確認ください。
レバレッジ決済注文の方法を教えてください。

【決済方式を指定落ち(初期値)を選択している場合】
取引サイトにログイン(現物取引と同じサイト)して「仮想通貨取引」➡「レバレッジ決済」をクリックしてください。

  • ①建玉一覧より売建玉・買建玉を選択して決済される建玉にチェックを入れてください。決済は数量の指定は行えず注文単位となりますのでご注意ください。
    (※複数選択は可能です) 決済に☑を入れた数量の合計がレバレッジ取引注文内容に表示されます。
  • ②注文種類の選択:「ストリーミング」「シングル」「逆指値」を選択してください。
  • ③価格の指定:成行、指値を選択してください。指値注文、逆指値注文を選択の場合、価格を指定してください。
  • ④有効期限はGTCのみ ※執行された注文は取り消しされるまで有効となります。
  • ⑤取引暗証番号(数字4桁)を入力してください。
  • ⑥シングル注文、逆指値注文の場合は、注文ボタンをクリック、ストリーミング注文の場合は2WAYプライスのクリックにて確認画面が表示されます。内容を確認の上、執行ボタンをクリックしてください。

注文画面の注文確認画面の表示を省略するに☑を入れると確認画面を省略することができます。
成行を選択した場合、表示されている価格以外でも約定します。価格が急変すると予期せぬ価格で注文が成立することがあります。
指値を選択した場合、表示(指定)された価格より悪い条件で約定することはありません。

決済注文時の注意事項
レバレッジ新規注文が全約定していない場合(部分約定)はレバレッジ決済注文を執行することができません。部分約定数量を決済する場合には、新規注文の残執行中の注文を取消してから決済注文を執行してください。

自動決済(指定落ち以外)をご利用の場合は、あらかじめ、お客様ご自身でログイン後右上「ユーザ設定」⇒「レバレッジ取引」-「決済方式」にて、FIFO・LIFOをご選択ください。
レバレッジ取引にて売・買の両建玉を保有していない場合、及び執行中の注文がない場合に変更が可能です。片方の建玉のみ保有している場合は切替が可能です。

レバレッジ取引決済方式の変更方法を教えてください。

ログイン後右上「ユーザ設定」⇒「レバレッジ取引」-「決済方式」にて、指定落ち・FIFO・LIFOをご選択ください。
初期値は「指定落ち」となっております。
切替前の決済方式で、レバレッジ取引にて売・買の両建玉を保有していない場合、及び執行中の注文がない場合に変更が可能です。

自動決済(FIFO・LIFO)を選択し、約定時に同一通貨ペアの売買に対する反対建玉を保有している場合には、その選択された決済ルールにより建玉が決済されます。

【レバレッジ取引の決済方式】

  指定落ち【初期設定】 自動決済 (FIFO・LIFO)
注文区分
(新規・決済の別)
注文の都度指定 自動的に判別(事前にユーザー設定要)(※)
決済される建玉指定 注文の都度指定 自動的に判別(事前にユーザー設定要)(※)
(※)レバレッジ取引にて売・買の両建玉を保有していない場合、及び執行中注文がない場合に変更が可能です。

「指定落ち」とは何ですか?

レバレッジ取引の決済時に、建玉を指定して決済する方式です。(初期設定)

自動決済(FIFO・LIFO)とは何ですか?

「ユーザ設定」⇒「レバレッジ取引」-「決済方式」にて、FIFO・LIFOをご選択いただくと、注文入力時に新規・決済の区分を選択せずに発注を行うことができます。
レバレッジ取引にて売・買の両建玉を保有していない場合、及び執行中の注文がない場合に変更が可能です。

また、決済される建玉の順序はFIFO・LIFOの選択に応じて次のようになります。
お好みの取引スタイルなどに合わせてご選択ください。

FIFO・・・「First In First Out(ファースト・イン・ファースト・アウト)」の略で、約定日時の古い順から決済されます。
LIFO・・・「Last In First Out(ラストイン・ファーストアウト)」の略で、新しい建玉から順番に決済されます。

FIFOとは何ですか?

「FIFO」とは、レバレッジ取引サービスにおける当社が提供する3つの決済方式のうちの1つを指します。
「FIFO」を選択していると、注文入力時に新規・決済の区分を選択せずに発注を行うことができます。また、約定時に同一通貨ペアの売買に対する反対建玉を保有している場合には、自動的に決済注文として認識され、その決済する建玉についても自動で指定されます。
「FIFO」とは、「First In First Out(ファースト・イン・ファースト・アウト)」の略で、約定日時の古い順から自動的に判別され決済されます。

LIFOとは何ですか?

「LIFO」とは、レバレッジ取引サービスにおける当社が提供する3つの決済方式のうちの1つを指します。
「LIFO」を選択していると、注文入力時に新規・決済の区分を選択せずに発注を行うことができます。また、約定時に同一通貨ペアの売買に対する反対建玉を保有している場合には、自動的に決済注文として認識され、その決済する建玉についても自動で指定されます。「LIFO」とは、「First In First Out(ファースト・イン・ファースト・アウト)」の略で、約定日時の古い順から自動的に判別され決済されます。

決済方法「指定落ち」「指定落ち以外(FIFO・LIFO)」により必要証拠金は違いますか?

決済方法「指定落ち」を選択して注文を行った場合、「売」「買」に関係なく、既に保有する建玉の必要証拠金と注文中の証拠金が単純に加算されて必要証拠金が計算されます。

決済方法「指定落ち以外(FIFO・LIFO)」を選択して注文を行った場合、既に保有する買建玉と注文中の買い注文の必要証拠金の合算と、既に保有する売建玉と注文中の売り注文の必要証拠金の合算を比較して、どちらかの大きい方の金額を必要証拠金とします。

例) 買建玉+売新規注文 決済「指定落ち」
  買建玉 単価100,000円 10BTC レバレッジ4倍 必要証拠金100,000円×10BTC÷4= 250,000円
  売注文 単価110,000円 10BTC レバレッジ4倍 必要証拠金110,000円×10BTC÷4= 275,000円
          必要証拠金 525,000円
  買建玉+売注文 決済「指定落ち以外(FIFO・LIFO)」
  買建玉 単価100,000円 10BTC レバレッジ4倍 必要証拠金100,000円×10BTC÷4= 250,000円
  売注文 単価110,000円 10BTC レバレッジ4倍 必要証拠金110,000円×10BTC÷4= 275,000円
          必要証拠金 275,000円
注文単位を教えてください。

0.01BTC以上0.01BTC単位でご注文が行えます。

取引・注文可能時間を教えてください。

24時間365日ご利用いただけます。(毎取引日16:00~16:10を除く)
臨時メンテナンス時を除く。

注文数量の制限はありますか?

あります。1注文あたり0.01BTC以上、上限100BTCまでです。但し成行(逆指値を含む)の新規注文は、1注文あたり0.01BTC以上、上限30BTCまでです。

建玉保有制限はありますか?

あります。500BTCが上限値となります。

決済期限はありますか?

ロスカットによる強制決済の場合を除き、お客様が決済の指示をするまでポジションを繰り越す(ロールオーバーする)ため、決済期限はありません。

注文の有効期限はありますか?

GTC(Good Till Cancel)注文が成立するか、お客様がご注文を取消まで有効。

注文の取消・訂正方法について教えてください。

「取引照会」⇒「注文照会」にて訂正・取消の欄にボタンが表示されている注文の訂正・取消が行えます。
成行新規・決済注文の場合:未約定の注文中の注文の取消が行えます。取消をクリックして行ってください。
指値新規・決済注文訂正の場合:未約定の注文中の注文の訂正が行えます。訂正をクリックして訂正内容をご入力ください。
指値新規・決済注文取消の場合:未約定の注文中の注文の取消が行えます。取消をクリックして行ってください。

注文状況はどこで確認できますか?

「取引照会」⇒「注文照会」にてご確認いただけます。
通貨ペア、区分(全て、現物、新規、決済)の選択、売買(全て、売、買、売建、買建、売決済、買決済)の選択、注文状況、期間を選択して検索ボタンをクリックしてご確認ください。
全ての注文の確認は、全ての通貨ペア、他の項目も全てにおいて「全て」を選択して期間を最長でご確認ください。

約定はどこで確認できますか?

取引サイトにログイン「取引照会」⇒「約定照会」にてご確認いただけます。
全項目にて「全て」を選択いただくと選択いただいた期間の全てのお取引で約定した結果が表示されます。
以下のように項目を選択して抽出することができます。

  • ・通貨ペア
    「BTC/JPY・BTC/USD・BTC/EUR・BTC/HKD・BTC/CNY・BTC/SGD/.BTC/PHP.ETH/JPY」 ※レバレッジ取引はBTC/JPYのみです。
  • ・区分
    「現物・新規・決済」
  • ・売買
    「売・買・売建・買建・売決済・買決済」
  • ・期間
    「当日・前日・1カ月・3カ月・6カ月・1年」

条件を選択して検索できます。この画面は自動更新ではありませんので検索ボタンをクリックして最新の情報でご確認ください。

保有している建玉はどこで確認できますか?

取引サイトにログイン「取引照会」⇒「建玉残高一覧」にてご確認いただけます。
建玉残高一覧、建玉明細ともに自動更新ではありませんので[建玉残高検索]ボタンをクリックして更新してご確認ください。
また、建玉残高検索のバーに表示されている評価損益額合計には建玉管理料は含まれておりません。
建玉残高一覧は、買建の建玉 売建の建玉ごとに合算されております。
建玉明細は注文ごとの建玉情報が表示されております。

レバレッジ決済を行った損益はどこで確認できますか?

取引サイトにログイン「取引照会」⇒「実現損益」の種類[レバレッジ]を選択、期間を指定して検索ボタンをクリックしてください。約定ごとの実現損益がご確認いただけます。
分かれて約定した場合、それぞれの約定ごとに表示されます。

レバレッジ買新規・売新規の成行注文を行いましたが「出来ず」となり約定しません。必要証拠金不足ではありませんがなぜ約定しないのでしょうか?

レバレッジ取引買新規・売新規注文が約定後に証拠金維持率が110%を切ることになる場合は、当該注文に対しエラー「出来ず」となります。
あくまでもロスカットにならないようお客様保護を目的としております。ご了承ください。

手数料について教えてください。

取引手数料、口座開設手数料及び口座管理料は無料です。
建玉管理料として以下の費用が発生します。
建玉金額の0.035%を建玉管理料として新規建時に徴収いたします。
その後建玉を持越した場合、建玉金額の0.035%/日を建玉管理料として日々徴収いたします。

必要証拠金はどこで確認できますか。

取引サイトにログイン「取引照会」⇒「レバレッジ管理明細」のレバレッジ明細の必要証拠金合計にてご確認いただけます。レバレッジ明細に表示の建玉残高、建玉金額、必要証拠金には未約定の建玉数量、建玉金額、注文中証拠金も含まれております。

必要証拠金は何が基準となりますか?

新規建(買・売)の建玉金額が基準となりレバレッジコースに応じた建玉必要証拠金を計算します。
例)レバレッジ取引 10BTC新規買建て(1BTC100,000円)レバレッジ4倍の場合の必要証拠金は、
100,000円×10BTC÷4=250,000円
100,000円×10BTC÷4=250,000円
時価評価額が増減しても建玉必要証拠金額は変わりません。

取引サイトの『取引照会』⇒レバレッジ管理明細の決済損益と『取引照会』⇒実現損益の実現損益の金額が違うのはなぜですか?

レバレッジ口座管理明細の『レバレッジ明細』の決済損益は決済損益がそのまま表示されていますが、実現損益の『実現損益』にはその建玉にかかわる費用(建玉管理料)が含まれています。建玉管理料の累計分が相違いたします。
建玉管理料は日々徴収され、決済のときにまとめて差し引かれるものではありません。

取引サイトのメンバートップに表示されているレバレッジ証拠金現金と取引照会⇒レバレッジ取引管理明細に表示されているレバレッジ証拠金現金の金額が違うのはなぜですか?

取引サイト⇒『レバレッジ管理明細』のレバレッジ証拠金は未受渡の決済損益は含まれません。
土曜日、日曜日に受渡が行われないため、約定日が土日の場合は、金曜日の取引と合算し、月曜日が受渡日になるためレバレッジ管理明細のレバレッジ証拠金には含まれず決済損益に蓄積されています。
受渡完了後にレバレッジ証拠金に移動します。
一方メンバ-トップのレバレッジ証拠金には受渡が行われていない決済損益につきましても含まれていますので未受渡の決済損益分が相違します。

両建ての取引は可能ですか?

決済方法「指定落ち」に限り両建てが可能です。
証拠金は売りポジション、買いポジション両建て分が必要となりますのでご注意ください。
決済方法「FIFO」「LIFO」は両建てができません。

期間損益証明書について

仮想通貨取引に関する確定申告の税金計算方法について教えてください。

仮想通貨取引により生じた利益は、所得税の課税対象になり、原則として雑所得に区分されます。仮想通貨の損益や具体的な計算方法等は、国税庁にて「仮想通貨関係FAQ」が公表されておりますので、こちらをご確認ください。

レバレッジ取引の確定申告用の証明書を取得できますか。

2018年の確定申告に係る年間取引報告書は、取引サイトログイン後の『取引照会』⇒『電子交付-電子帳票閲覧』よりご確認いただけます。

2017年以前のお取引については、取引サイトにログインして、メニュー『取引照会』の、電子交付の『期間指定取引明細』にて口座種類を『レバレッジ取引』を選択、出力基準を『約定日基準』を選択して期間を該当の年の『1月1日から12月31日』を指定して『検索』をクリックしてください。
確定申告に利用する場合は1月1日から12月31日を選択する必要があります。
法定通貨の入出金情報、お取引の内容、仮想通貨の送受金の内容がご確認いただけ、右上の『CSV』ボタンのクリックにてCSVファイルのダウンロードが可能となっております。
確定申告には『PDF』ボタンのクリックにて期間損益証明書をPDFファイルにてダウンロードしてご利用ください。
期間指定は、数字を続けてご入力ください。
入力例)20180209(2018/2/9では表示できません。)
なお、期間指定は最大1年です。

仮想通貨に関する税務上の取扱いは、国税庁ホームページに記載しておりますので
ご参照ください。

仮想通貨取引の損益は、先物取引との通算損益はできますか。

仮想通貨取引により生じた利益は、所得税の課税対象になり、原則として雑所得に区分されます。
現時点では、仮想通貨は金融商品取引法上の金融商品として取り扱われておりませんので、他の「先物取引に係る雑所得等」の所得と損益通算をすることはできません。
税金の詳細は最寄りの税務署へお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご確認ください。

上記の内容は法令の改正等によって内容が変更される可能性があります。
当社は、如何なる場合においてもお客様または第三者の税務申告、税負担及びいかなる損害について、一切の責任を負いません。税金の取扱い等は、お客様ご自身で最新の情報をご確認ください。

仮想通貨証拠金取引の損益は、株式取引や外国為替証拠金取引(FX取引)と損益通算できますか。

仮想通貨の証拠金取引は、所得税の課税対象になり、原則として雑所得に区分されます。
一方株式取引や外国為替証拠金取引(FX取引)は、申告分離課税の対象となり、税区分が異なるため、仮想通貨取引による損益と通算はできません。
税金の詳細は最寄りの税務署へお問い合わせいただくか、国税庁ホームページをご確認ください。

上記の内容は法令の改正等によって内容が変更される可能性があります。
当社は、如何なる場合においてもお客様または第三者の税務申告、税負担及びいかなる損害について、一切の責任を負いません。税金の取扱い等は、お客様ご自身で最新の情報をご確認ください。

仮想通貨の取引は確定申告が必要ですか?

仮想通貨取引により生じた利益は、個人の場合、日本の所得税の課税対象となっており、原則として総合課税の雑所得として確定申告が必要となります。
ただし、一部の給与所得者は、1月1日から12月31日までの間で当該利益が20万円以下の場合、確定申告をおこなわなくてもよい場合がございますが、詳細は最寄りの税務署へお尋ねください。
法人のお客様の場合も法人税上、確定申告が必要です。

上記の内容は法令の改正等によって内容が変更される可能性があります。
当社は、如何なる場合においてもお客様または第三者の税務申告、税負担及びいかなる損害について、一切の責任を負いません。税金の取扱い等は、お客様ご自身で最新の情報をご確認ください。
国税庁:「仮想通貨関係FAQ」の公表についてはこちら
国税庁:「仮想通貨に関する税務上の取扱いについて(FAQ)」はこちら

仮想通貨の取引で損失がでました。翌年以降に繰越することはできますか?

仮想通貨の損失は、翌年以降に損失を持ち越すことはできません。

上記の内容は法令の改正等によって内容が変更される可能性があります。
当社は、如何なる場合においてもお客様または第三者の税務申告、税負担及びいかなる損害について、一切の責任を負いません。税金の取扱い等は、お客様ご自身で最新の情報をご確認ください。

年間取引報告書の記載内容について教えてください。
  • 現物取引
    年始数量:その年の1月1日現在の仮想通貨の保有数量
    年末数量:その年の12月31日現在の仮想通貨の保有数量
    購入数量:その年に当社で買付した数量
    購入金額:その年に当社で買付した数量の購入金額合計
    売却数量:その年に当社で売却をした数量
    売却金額:その年に当社で売却をした数量の売却金額合計

    仮想通貨を外貨で購入・売却した場合、取引時の三菱UFJ銀行の電信売買相場の仲値(TTM)で円に換算した金額に基づいて算出しています。

    現物取引では、仮想通貨を他の取引所などから受金している場合、取得単価が不明なため当社で損益を確定することができません。お客様ご自身で年間取引報告書や取引報告書等を基に、他社のお取引と合わせて損益の計算を行っていただきますようお願いいたします。
  • 証拠金取引
    損益合計:レバレッジ取引とビットポイントMT4取引の損益合計
    支払手数料:建玉管理料・スワップ

    確定申告のお手続きについては、所轄の税務署へお問い合わせください。
    仮想通貨に関する税務上の取扱いは、国税庁ホームページに記載されておりますのでご参照ください。

レバレッジについて

自分のレバレッジコースはどこで確認できますか?

取引サイトにログイン「仮想通貨取引」レバレッジ新規・決済画面に表示されています。
レバレッジコースは証拠金取引口座開設時に「レバレッジコースの選択」にて選択いただいているコースとなります。変更される場合は、取引サイト「口座管理」⇒「口座情報」⇒「レバレッジコース選択」のレバレッジ取引(証拠金取引)にて24時間365日変更が可能です。ただし、注文中及び建玉を保有している場合、レバレッジコースの変更はできませんのでご注意ください。

レバレッジコースの種類を教えてください。

レバレッジコース1倍・2倍・4倍の3パターンとなります。
レバレッジコースは口座全体の設定となりポジションごとに設定はできません、ご了承ください。

レバレッジコースの変更方法を教えてください。

取引サイトにログイン「口座管理」➡レバレッジコース選択、レバレッジ取引(証拠金取引)にてレバレッジコースの変更が行えます。
ただし注文中の注文がある場合及び建玉を保有している場合はレバレッジコースの変更はできません。