Campaign Now

仮想通貨(暗号資産)の今後・未来・将来性を見るポイント

仮想通貨(暗号資産)は、世界中で取引されている金融商品です。
今後の将来性にも期待がされており、未来にはさらに多くの人が使用しているかもしれません。

本記事では仮想通貨(暗号資産)が将来的にどこまで広がるのかという観点から、今後の広がりを考えるときのポイントをいくつか紹介します。

仮想通貨(暗号資産)の将来性を見るポイントとは

仮想通貨(暗号資産)の今後や将来性を考えるときには、いくつか観点があります。まずは以下のポイントに注目してみましょう。

①仮想通貨(暗号資産)の取引量
②仮想通貨(暗号資産)の開発コミュニティ
③仮想通貨(暗号資産)を使った応用例の広がり
④仮想通貨(暗号資産)に対する法規制

まずは、仮想通貨(暗号資産)が、上記の4点でどのような動きをしているのかを知ることからはじめてみましょう。以下からは、この4つのポイントについて説明します。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


将来性のポイント①「取引量」

仮想通貨(暗号資産)の将来性を考えるときには、「取引量」が重要なポイントになります。
仮想通貨(暗号資産)の取引量(日本円換算)が多いほど、多くの人が購入・売却している、すなわち多くの人から価値を認められていると言えるかもしれません。この取引量について過去からの推移を見ることで、その仮想通貨(暗号資産)の普及度合いをチェックしてみてはいかがでしょうか。

売買だけではなく送金などに使われているかもポイント

仮想通貨(暗号資産)の将来性を考えるときには、売買だけでなく送受金など別の用途で使われることが増加しているのかどうかもポイントです。売買目的だけではなく、支払いや送金に使われるようになれば将来的な広がりを見せる可能性があります。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


将来性のポイント② 「開発コミュニティ」

仮想通貨(暗号資産)の将来性を確認する際には、「開発コミュニティ」もポイントになります。
運営団体や開発コミュニティが積極的な動きを見せている仮想通貨(暗号資産)ほど、システムの利便性が向上していく将来性も期待できると考えられます。

仮想通貨(暗号資産)を運用する上で、多くの仮想通貨がシステムトラブルに見舞われてきました。トラブルをそのまま放置するのではなく、要望や時勢に合わせて改良している開発コミュニティがあると、今後も良い方向に向かっていくと可能性があるのではないでしょうか。

たとえばビットコインは、送金遅延につながるシステムトラブル(スケーラビリティ問題と呼ばれています)を解決するために、開発コミュニティが多くのアップデートを行ってきました。その結果、通貨の分裂なども起きましたが、より良い仮想通貨(暗号資産)として成立させたいという姿勢が示され、今日の発展につながっているとも考えられます。

また、開発コミュニティへの参加者の数も、仮想通貨(暗号資産)の将来性を考える指標のひとつです。アルトコイン「イーサリアム」は、1月に300人以上の開発者がコミュニティに参加しています。
多くの開発者が活発な議論を行いながら、より便利なシステムを作ろうと開発が進むことにより、仮想通貨(暗号資産)のプロジェクトは進行しやすくなります。どれくらいの開発者がいるのか、コミュニティへの参加人数は増えているのかなども、仮想通貨(暗号資産)の将来性を知るポイントと言えそうです。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


将来性のポイント③ 「応用例の広がり」

仮想通貨(暗号資産)の将来性のポイントには、応用例の広がりも数えられます。
ただ売買・保有するというような投資対象ではなく、具体的な使い道が示される仮想通貨(暗号資産)ほど、将来的に普及していく可能性が高いかもしれません。

以下では、イーサリアムとリップルを参考に、仮想通貨(暗号資産)にどのような応用例があるのかを紹介します。

イーサリアムベースのブロックチェーンやSTOの応用例

イーサリアムは、「スマートコントラクト」という機能を導入したブロックチェーンを普及させています。
このスマートコントラクトを使ったイーサリアムベースのブロックチェーンを応用して、以下のような機能を普及させています。

・DeFi(分散型金融):
金融サービス(銀行、証券、暗号資産取引所など)をブロックチェーンで提供するシステム。

・Etherisc(分散型保険プラットフォーム):
スマートコントラクトを利用して、保険金の支払いやその可否を自動で実行するシステム。

上記のような機能が、イーサリアムの応用例として普及しています。

他にも、イーサリアムはSTO(Security Token Offering)と呼ばれる資金調達法を広げています。
STOとは、セキュリティトークン(ブロックチェーンを使って価値が裏付けられている資産)を投資家に販売して、資金を集める方法です。従来はICO(Initial Coin offering)による資金調達が流行しましたが、不正行為が行われるなどの問題が多発していました。
STOはICOの問題点を改善し、今後の仮想通貨(暗号資産)の資金調達方法として普及することが期待されています。

XRP(リップル)を使った金融機関との提携

XRP(リップル)は300社以上の金融機関と提携を行い、素早い国際送金を実現する計画を進めています。
今後、国際送金ネットワーク「SWIFT」の代替として、XRPのシステムが採用されるようなこともあるかもしれません。
より身近な場所で、今後は仮想通貨(暗号資産)が応用されていく可能性も考えられます。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


将来性のポイント④「法規制」

仮想通貨(暗号資産)の将来性を探る最後のポイントは、法規制です。
法律によるルール作りが出来上がることで、仮想通貨(暗号資産)の立場が良くも悪くも変わる可能性があります。

日本では、仮想通貨(暗号資産)は、2020年5月に資金決済法が改正施行され、証拠金取引が新たに金融商品取引法の対象となるなど法規制の整備が行われています。

また、仮想通貨(暗号資産)は、2021年7月16日現在、売買差益による税金が、株式・FXなどと比較して高い状況にあります。この税制がどう変わるのかという観点も今後を考える上でのポイントとなりそうです。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


4点以外のポイントを見つけて自分だけの予測を

仮想通貨(暗号資産)が将来的にどこまで広がるのかについての代表的な観点をまとめました。
説明した4点以外にも考慮したほうがよいポイントは色々見つかると思います。様々な情報をまとめながら自分ならではの将来予想をしてみるのもよいと思います。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。