Campaign Now

仮想通貨(暗号資産)取引にかかる4つの手数料を解説!

仮想通貨(暗号資産)の売買や入金・出金を行う場合には、手数料が発生することがあります。
本記事では、仮想通貨(暗号資産)の取引にかかる手数料を紹介します。

手数料は大きく分けて4つ

仮想通貨(暗号資産)取引には、大きく分けて4つの手数料があります。

  1. 口座管理手数料
  2. 法定通貨(日本円)の入出金にかかる手数料
  3. 仮想通貨(暗号資産)の売買にかかる手数料
  4. 仮想通貨(暗号資産)の入出金にかかる手数料

仮想通貨取引所・販売所では利用時に上記の手数料が発生する可能性があります。
BITPOINTでは、2021年7月16日現在、多くの手数料が無料となっています。
※一部のサービス利用には手数料が発生するケースもあります。

以下からは、仮想通貨(暗号資産)の取引等をする際にかかる手数料をそれぞれ紹介します。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


手数料① 口座管理手数料

仮想通貨取引所・販売所の口座を開設すると、口座管理の費用にかかることがあります。

海外の銀行などでは、口座維持のために、管理手数料が取られる場合もあります。

しかし、BITPOINTをはじめとした日本の仮想通貨取引所・販売所では、口座開設およびその維持に手数料はかからず無料のところが多く、初期費用なく始めることが可能です。

2021年7月16日現在、BITPOINTでは口座管理手数料はかかりませんので、口座管理コストを気にせずに仮想通貨を保有し続けることができます。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


手数料② 法定通貨の入出金手数料

仮想通貨を売買するために以下のタイミングで手数料がかかる場合があります。

  1. 日本円を仮想通貨取引所・販売所に入金
  2. 日本円を仮想通貨取引所・販売所から自身の銀行口座へ出金

この手数料は、仮想通貨取引所・販売所がいただく手数料ではなく、銀行口座の入出金時にかかる振込手数料です。それぞれ説明します。

日本円を仮想通貨取引所・販売所に入金する場合

BITPOINTの場合として説明します。
法定通貨(日本円)の入出金にかかる手数料は、「銀行振込」か「即時入金」のどちらを使うかによって異なります。
銀行振込とは、BITPOINTが指定する「お客様専用入金口座」に直接日本円を入金する方法です。
銀行振込を利用する場合、基本的に銀行振込手数料はお客様の負担になります。
一方、即時入金は、BITPOINTと提携している金融機関から日本円を入金する方法で、入金手数料はかかりません。手数料を気にすることなく日本円を入金することができます。
BITPOINTの即時入金に対応しているのは、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の3つの金融機関です。
それぞれの金融機関でネットバンキングの契約が必要となるので、即時入金を使う場合には事前準備をしておきましょう。

日本円を仮想通貨取引所・販売所から自身の銀行口座へ出金する場合

BITPOINTから法定通貨(日本円)を出金する際には、振込にかかる銀行振込手数料がかかります。※2021年7月16日現在
こまめに日本円を出金する場合、そのたびに手数料が発生するということは注意したいところです。預けた日本円を出金するときには、できるだけまとめることが手数料を抑えるポイントとなります。

また、BITPOINTでは、セキュリティ対策の一環として法定通貨(日本円)の出金時に2段階認証(Google AuthenticatorもしくはSMS通知も選択可能。)が行われます。
覚えのないSMSが届いた場合には、不正出金などの疑いがあるので、すぐに問い合わせを行ってください。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


手数料③ 暗号資産売買手数料

BITPOINTの仮想通貨(暗号資産)の売買にかかる手数料は、2021年12月15日現在、無料となっています。

仮想通貨(暗号資産)の基本的な取引については、手数料を気にすることなく利用ができます。
デイトレードやスイングトレードなど複数回の取引を前提とした短期売買でも、手数料を気にする必要はありません。

BITPOINTでは、以下の仮想通貨(暗号資産)の取引が行われています。

・ビットコイン
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・リップル
・イーサリアム
・ベーシックアテンショントークン
・トロン
・エイダ
・ジャスミー
・ポルカドット
・チェーンリンク

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


手数料④ 仮想通貨の入出金手数料

BITPOINTでは仮想通貨(暗号資産)の入出金手数料も、無料になっています。
別の仮想通貨(暗号資産)取引所・販売所や仮想通貨ウォレットから、仮想通貨(暗号資産)をBITPOINTに入金したい、逆にBITPOINTから外部に仮想通貨(暗号資産)を出金したいといった時にも、手数料はかかりません。

BITPOINTでは、仮想通貨(暗号資産)の出金条件は、以下の数値で設定されています

ビットコイン 0.005BTC以上であれば小数第8位まで
ライトコイン 0.03LTC以上であれば小数第8位まで
ビットコインキャッシュ 0.01BCH以上であれば小数第8位まで
リップル 5XRP以上であれば小数第6位まで
イーサリアム 0.1ETH以上であれば小数第8位まで
ベーシックアテンショントークン 400BAT以上であれば小数第8位まで
トロン 50TRX以上であれば小数点第6位まで
エイダ 10ADA以上であれば小数点第8位まで

仮想通貨(暗号資産)の入出金の履歴は、BITPOINTにログイン後「入出金」→「入出金履歴」から確認できます。パソコンでは以下の画面が表示されます。

入出金の処理が完了すると、ステータス表記が「処理中」から「処理完了」に変わります。

暗号資産の入金方法

暗号資産の入金方法は、以下の手順で行うことができます。

  1. BITPOINTにログイン
  2. 「入出金」→「入出金」と進み、仮想通貨(暗号資産)の入金ボタンをクリック
  3. 「アドレスコピー」をして他の取引所やウォレットから入金
    →リップルの場合には、「タグコピー」を押してから必ず「宛先タグ」を指定します。また、XRP入金アドレスをコピーして他の取引所やウォレットから入金します。

暗号資産の出金方法

暗号資産の出金は、以下の手順で行えます。

①BITPOINTにログイン
②「入出金」→「入出金」と進み、出金予定の仮想通貨(暗号資産)の出金ボタンをクリック
③出金する仮想通貨(暗号資産)を選択
④出金先アドレスを選択
⑤暗号資産出金画面の「出金先」から「追加」を選択
⑥「ラベル」「アドレス」「宛先タグ」を設定
⑦出金額を入力し、「確認画面」から出金を行う


仮想通貨(暗号資産)を出金する際には、事前にGoogle AuthenticatorかSMS通知の二段階認証の設定が必要です。
出金依頼が完了してしまうと、その後訂正や取り消しはできません。
出金先のアドレスや仮想通貨(暗号資産)の種類などに間違いがないことを十分に確認した上で、出金手続きを行ってください。
出金先アドレスや宛先タグを間違えた場合には、出金した仮想通貨(暗号資産)は元に戻らないので注意が必要です。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


4つの手数料を覚えて仮想通貨取引を

本記事では、仮想通貨の取引に関連した4つの手数料を説明しました。BITPOINTでは、多くの手数料が無料ですが、各仮想通貨取引所・販売所ごとに手数料が異なります。
仮想通貨のお取引をする際は、手数料を事前に調査してみましょう。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。