Campaign Now

仮想通貨(ビットコイン)投資の始め方!初心者向けに買い方・購入方法を説明

仮想通貨(暗号資産)の一種である「ビットコイン」は、誰でも購入ができる金融商品です。
こちらでは初心者の方向けにビットコインの買い方を紹介し、取引開始までをサポートします。

ビットコインとは?

ビットコインとは、仮想通貨(暗号資産)の代表的存在として知られている通貨です。
デジタルデータ上で「お金」として扱われるビットコインは、BITPOINTをはじめとした暗号資産交換業者(※交換所、取引所、販売所とも呼ばれます)などを介して購入・活用されています。

「BTC」とも表記されるビットコインは2009年に運用が始まって以来急速に普及し、世界中で利用される新しい通貨となりました。

支払い、送金、投資といった多用な使い道がありますが、まず、仮想通貨(暗号資産)の購入(保有)です。
以下では、初心者の方に向けて、代表的な仮想通貨(暗号資産)であるビットコインの買い方・購入方法を説明します。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


仮想通貨(ビットコイン)の買い方・購入の流れ

ビットコインを買うことは、基本的に以下の3つの流れによって構成されます。

① 口座開設
② 日本円を入金
③ 金額を指定して購入

それぞれの詳細を、以下解説します。

始め方① 仮想通貨取引所で口座開設を行う

ビットコインの購入を行うためには、まず仮想通貨取引所(暗号資産取引所)に自身の口座を開設します。

口座開設を行うことで、ビットコインをはじめとした仮想通貨(暗号資産)の取引、送金などを行うことが可能となるのです。

一般的に仮想通貨取引所の口座開設は無料となり、メールアドレス、携帯電話番号、本人確認書類などを提出して審査に合格すれば、自分の口座を持つことができます。

BITPOINTでは、本人確認書類として以下の書類を利用できます。

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • 在留カード(※外国籍のお客様)

BITPOINTも口座開設が無料で行える仮想通貨取引所で、簡単な方法でビットコインをはじめとしたさまざまな仮想通貨(暗号資産)を購入できます。
全ての手続きはパソコンやスマホを使ったインターネット回線から行えるため、直接的な接触は一切不要です。

詳細:仮想通貨 口座開設(個人)はこちら

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


始め方② 購入のための日本円を入金する

口座開設後は、購入に必要な日本円を入金します。

BITPOINTではWeb、アプリから入金することができます。また、「銀行振込」と「即時入金」の2種類の入金方法から選択ができ、それぞれ以下のような特徴があります。

<銀行振込>
銀行振込は、BITPOINTのお客様専用入金口座に対して、自身の銀行口座から直接入金(お振込)を行う方法です。銀行振込手数料は、お客様の負担となります。

都市銀行をはじめとした「モアタイムシステム」に参加している金融機関を利用する場合には、24時間365日の入金が可能です。

モアタイムシステムに参加していない金融機関からもお振込みすることが可能ですが、入金のタイミングによって、口座に金額が反映される時間が変わります。詳しくは以下ページをご覧になってください。

詳細:仮想通貨 入金方法詳細はこちら

<即時入金>

即時入金は、BITPOINTが提携しているインターネットバンキング口座からリアルタイムで入金した金額が反映される方法です。

24時間(毎日16:00〜16:10の時間以外)入金可能だけではなく、手数料無料というメリットがあります。

BITPOINTでは「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の3つの金融機関を利用可能です。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


始め方③:ビットコインの金額を指定して購入

日本円を入金後、BITPOINTの取引画面にログインし、買いたいビットコインの金額を指定して取引を行います。

BITPOINTにおけるビットコインの最低購入金額は500円です。

※BITPOINT PROを使った場合の最低購入数量は、「0.0001BTC」です。
BITPOINT PROについては後述します。

以上、ビットコインの基本的な買い方の流れです。

仮想通貨(ビットコイン)の2つの買い方・購入方法

BITPOINTでのビットコインの買い方には

  • BITPOINT
  • BITPOINT PRO

の2パターンがあり、どちらを使うかは利用者が自由に選択可能です。
以下からは、それぞれのサービスの特徴と買い方を解説します。

BITPOINTでのビットコインの買い方

BITPOINTは、金額や数量の指定を行うだけで簡単に注文が行える取引サービスです。

初心者でも使いやすいシンプルなシステムが特徴で、ビットコインの取引に慣れていない人でも安心して利用できます。

BITPOINTでの買い方は、以下の手順になります。

  1. BITPOINTにログインして仮想通貨(暗号資産)の上にマウスを置き、「買う」ボタンをクリック
  2. 「コインを買う」画面に移動
  3. 購入したい金額を入力
    ※「円▾」を押すと数量を指定することも可能です。
  4. 「確認画面へ」ボタンをクリックして6秒以内に「確定」ボタンをクリック

アプリもこのBITPOINTをベースに取引が可能となっています。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


BITPOINT PROでのビットコインの買い方

BITPOINT PROは、板形式で注文を行い売買する取引サービスです。

成行、指値、逆指値といった方法で現物取引が可能で、仮想通貨(暗号資産)投資の中級者〜上級者向けサービスという位置付けです。

BITPOINT PROでの現物取引は、以下の手順で行えます。

  1. BITPOINTにログインして「BITPOINT PRO」をクリック
  2. 取引したい仮想通貨(暗号資産)を左上のプルダウンか右上のボックスから選ぶ
  3. 注文方法で成行、指値、逆指値を選ぶ
  4. 注文したい条件内容を入力し、「買う」、「売る」をクリック

以上が、BITPOINT PROでの買い方になります。

ビットコインの特徴

ビットコインには、以下のような特徴があります。

① 2020年12月現在、仮想通貨(暗号資産)の中で一番単価が高い
② 時価総額が大きく流動性が高い

それぞれの詳細を、以下で紹介します。

投資の特徴①仮想通貨(暗号資産)の中で一番単価が高い

ビットコインの価格は、2020年12月時点で1BTC=200万円以上を記録しています。

この金額は、日本の仮想通貨取引所で購入可能な仮想通貨(暗号資産)の中で1番価格が高いです。価格は市場における需要と供給で決まるため、ビットコインを200万円以上という価格でも買いたい、保有したいという人達がいるといえます。

初心者の方ははじめての投資として、仮想通貨(暗号資産)を買う際、その仮想通貨(暗号資産)の価格に着目してみるのはいかがでしょうか。

投資の特徴②時価総額が大きく流動性が高い

ビットコインは時価総額が大きく、流動性が高いという特徴があります。
流動性とは、簡単にいうと売買のしやすさ(換金性の高さ)のことを指します。

ビットコインの時価総額は、2020年12月現在で40兆円を突破し、2017年12月以来の過去最高値を記録しており、現時点ではすべての仮想通貨(暗号資産)の中でNo.1となっています。

時価総額は、仮想通貨(暗号資産)の価格 × 発行枚数で決まります。
そのため、ビットコインの発行枚数を考慮しても、現在価格の価値があると市場で売買されている結果、時価総額1位になっているということになります。それだけ仮想通貨(暗号資産)の中でビットコインの価値を認め、安心・信頼を寄せる人が多くいるともいえます。

ビットコインは最もメジャーで人気のある仮想通貨(暗号資産)であり、買いたい人も売りたい人も多くいる銘柄の1つです。世界中の多くの仮想通貨取引所で取り扱われており、日々の取引量が多いため、流動性が高いといえます。取引量が多ければ多いほど、それだけ売買が盛んに行われていることを示しておりますので、まとまった金額でも比較的購入・売却がしやすく、現金化したい時も換金しやすいメリットがあると考えられます。

BITPOINT 口座開設(無料)

申込完了後 最短10分で取引可能


注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。