Campaign Now

リップル(XRP)とは?特徴・仕組み・歴史

グローバルな送金ソリューションとして注目されている「リップル」は、他にはない特徴を持つ仮想通貨です。本記事ではリップルの基本的な仕組みや特徴を解説します。

リップル(XRP)とは?

g_05_01.jpg

リップル(XRP)とは、2012年より発行が開始されている仮想通貨です。

2020年3月時点で時価総額はビットコイン、イーサリアムに次ぐ3位。

開発は2004年からカナダのプログラマーRyan Fugger氏によって行われ、リップルの基礎が作られました。

2011年には共同開発者のJed McCaleb氏が新しいマイニングアルゴリズム「Proof of Consensus」を開発し、2013年になると本格的に仮想通貨としての運用がスタートします。

国際送金システムのSWIFTに課題があり、それを解決すること目的として作成されています。
そのため、国際決済に必要な手間やコストを低減させることが期待されています。

リップル(XRP)の特徴

仮想通貨リップルには、主に以下のような特徴があります。

  1. 「Ripple Inc」によって管理と運営が行われている
  2. 総発行枚数の1,000億枚がすでに発行済み
  3. リップル・トランザクション・プロトコルという送金システム

以下からは、この3つの特徴について解説します。

「Ripple Inc」によって管理と運営が行われている

リップルはアメリカに拠点を置いている「Ripple Inc」という会社によって、通貨全体の管理・運営が行われています。
通貨の管理はこのRipple Incが責任を持って実施しているため、特定の団体が権力を持つ「中央集権型」の仮想通貨としてカテゴライズされるのが特徴です。

既存の金融システムの代替として機能するためには、分散型ではなく責任や方針が明確な中央集権型のほうが相性は良いとされています。

リップルは専用の分散型台帳管理システム(XRP Ledger:XRPレジャー)を使っており、仮想通貨で一般的なブロックチェーンは使われていません。
ブロックチェーンを介してユーザー同士で取引内容をチェックするビットコインのような「非中央集権型」と違って、直接企業によって管理されている点がリップルの特徴になります。

総発行可能枚数1,000億枚。すでに発行済み

リップルの総発行枚数はおよそ1,000億枚。ビットコインの発行上限である約2,100万枚と比較するとかなり高い数値に設定されています。

そして、1,000億枚のコインは2005年に全て発行済みであるため、今後新規発行される予定もありません。
また、2020年3月現在、多くの部分をリップル社と創業者が保有しているため、すべてが市場に流通していないといったところも特徴の1つです。

通常ビットコインをはじめとした仮想通貨は、マイニングによって新しい通貨を少しずつ市場に流通させる形式を取っています。リップルは国際送金のシステム内で利用されるたびに少しずつ消滅する仕組みをとっており、徐々に枚数が減っていくため、希少性が出てくる≒価値が保持されるのです。

※今後需要と供給のバランスを取るために、多くの通貨を保有するRipple Incが必要に応じてリップルを市場に放出し、価格を正常に保つ可能性があります。

リップル・トランザクション・プロトコルという送金システム

g_05_01.jpg

そもそもリップルは、「リップル・トランザクション・プロトコル(RTXP)」と呼ばれる送金システムの中で使われる仮想通貨として誕生しました。

リップル・トランザクション・プロトコルとは、異なる決済手段や通貨であっても同価値で安全にトレードができる「インターレジャープロトコル(ILP)」と、通貨の送金をスムーズに分散型台帳「XRP Ledger」によって形成されている金融システムです。

従来の場合、日本円をドル宛に国際送金する際には、SWIFT(国際銀行間通信協会:Society for Worldwide Interbank Financial Telecommunication)のルール上、多くの時間や手数料が発生していました。

しかし、RTXPであればリップルを軸にした「日本円→リップル→ドル」という流れを作ることができるので、

  • 数秒程度で取引が可能
  • 手数料ビジネスではないため、換金にかかるコストが低い。

といったことが可能です。

※ビットコインは、送金から決済が完了するまでに約10分の時間がかかります。
一方でRTXPシステムを有するリップルは、1〜4秒といった短時間で送金を完了させることができるのです。

これらの特徴を持つため、リップルは数々の銀行と提携することに成功しています。
※アメリカンエキスプレスや各海外の中央銀行といった国際的な銀行だけでなく、日本の三井住友信託銀行や三菱UFJファイナンシャルグループといった大手銀行と提携が行われています。

別々の通貨と通貨をつなぐその特徴から、リップルは「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

リップル(XRP)の仕組み

「Proof of Consensus」による承認システム

リップルでは、「Proof of Consensus(PoC)」と呼ばれる承認システムが採用されています。
PoCはリップルに関する取引データ処理をRipple Incのサーバーで行い、「バリデーター(Validator)」という承認者によって取引の正当性を確認するのが特徴です。
80%以上が正当であるとバリデーターが判断した場合にのみ、リップルの取引が成立します。

ビットコインなどの仮想通貨は、コンピューターで膨大なデータを処理するPoW(Proof of Work)によるマイニングを実施して取引の承認を行います。 この方式のマイニングは自由競争であるため、マイニング競争が発生しています。
競争があるがゆえに、コストをかけられる一部の法人しか競争に勝ち残ることができず、その結果として一部の法人がマイニングを占有してしまっていることが問題点としてあげられます。

一方でPoCの仕組みはユーザー間の競争を必要としないシンプルな形になっているため、低コストによる運用を可能としています。
管理者がシステムを統括する現在の金融に近い形が、リップルのPoCの特徴です。

IOU取引

リップルでは送受金時に「IOU取引」と呼ばれるシステムが使われています。
IOC取引とは借用書や約束手形のような機能であり、直接通貨を口座に送るのではなくまずは送金したという「借り」を作り、後に必要に応じて回収を行うシステムです。
※IOUはI Owe U(you)の略で、「あなたに借りがある」という意味です。

このIOUによって、通常の通貨のやり取りに必要とされる手間と時間が削減されるので、リップルの特徴である送金スピードと低コストが実現されるのです。

IOU取引は「ゲートウェイ」という役割を担う業者がデータのやり取りを実施し、システムの残高の書き換え等を行っています。
ゲートウェイの信頼を担保にIOU取引は行われているので、金融機関と変わらないレベルの信頼を有することが求められます。

 

リップル(XRP)の歴史

2012年に「Ripple Consensus Ledger」開始

リップルは2012年に、XRP Ledgerの前身となる「Ripple Consensus Ledger(RCL)」の開発を行います。
リップルを使っての支払いを効率良く行うためのシステムとして注目されていましたが、送金される金額が可視化されてしまうというセキュリティ上の問題などが不安視されていました。
その点を改善を行った上で採用されたのが、現在のリップルで使われている分散型台帳XRP Ledgerです。

2015年にインターレジャーとの接続を行う構想を発表

2015年にはリップルのバージョンアップの構想が発表され、XRP Ledgerにインターレジャーのシステムを接続することが提唱されました。
インターレジャーとは「通貨間台帳」とも呼ばれ、仮想通貨や法定通貨を直接送金できるシステムです。
国際標準規格を作るこのプロジェクトが実現されれば、ブリッジ通貨も必要なくなるので、送金にかかる手数料が今よりも下がると言われています。

SBIホールディングスが「SBI Ripple Asia」を設立

2016年には、日本のSBIホールディングスがリップルと共同で「SBI Ripple Asia」という会社を設立します。
日本やアジア地域において仮想通貨技術を用いた新しい決済基盤を作りあげ、独自のソリューションを展開すると発表しました。
その後もリップルは多くの日本企業と提携しており、徐々に拡大を続けています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。