Campaign Now

ビットコインとは?Bitcoinの特徴・仕組み・歴史を解説

「ビットコインとは何?」と聞かれたとき、あなたなら何と答えますか。

本記事ではビットコインとはどのようなものなのか、初心者の方にもわかりやすいように、特徴や仕組みなどを解説します。

ビットコインとは?

g_05_01.jpg

ビットコインは簡単に一言で説明すると、インターネット上に存在する金のような資産価値のあるものです。

そのため、ビットコインはデジタルゴールドといわれており、以下の類似性があります。

  • 金のように有限であり希少性があること
  • 金と同じく偽造することはできないこと
  • 希少性があること

    金は現在分かっているだけで、50メートルプール4杯分しか存在しないと言われています。 そして、ビットコインの総発行枚数は2100万枚と決まっているため、金と同様に希少性が高いと言えます。

    ②偽造することができないこと

    金は現在の科学をもってしても、金を人工的に作ることは不可能です。 ビットコインも同様で、保有しているビットコインと同じものを作成することは不可能です。 なぜ同じものを作成できないのかといいますと、ブロックチェーン技術(※後述)がかかわっています。

    ビットコインの特徴

    ビットコインにはどのような特徴があるかを紹介します。

    g_05_01.jpg

    世界で最初に作られた仮想通貨

    ビットコインは、2008年10月サトシ・ナカモトという人物がネット上である論文を公開したのがきっかけです。 論文は、「ブロックチェーン技術を使った中央管理者のいない決済システム」というものです。

    この論文に賛同した複数の開発者がサトシ・ナカモトに協力し、ビットコイン誕生に尽力します。 その結果、2009年にはビットコインの運用が開始されました。

    このビットコインを基礎に、イーサリアムやXRPなどの通貨が作られているのです。

    中央の管理者がいない

    中央の管理者とは、通貨であれば日本銀行、アメリカならばFRB(連邦準備制度理事会)のことを指します。また、お金を支払うときに発生するクレジットカード会社なども中央の管理者にあたります。

    致し方ないことですが、管理者が居ることによりその影響力を受けざるを得ないのです。

    その点ビットコインは、中央の管理者がいないことにより、管理者の影響をゼロにして、直接取引することができるのです。

    この管理者なしで取引できるのは「ブロックチェーン技術」と「マイニング」が鍵を握っています。次章「ビットコイン取引の仕組み」でブロックチェーン技術とマイニングについて説明します。

     

    発行枚数の上限がある

    日本銀行やFRBなどの中央の管理者はその時々で、発行する円やドルの発行量の調節をすることで、経済のバランスをとっています。

    ですがこの需給のバランスというのは非常に不透明で、『国家経済の都合』によって管理されています。

    そのため、国家がお金をむやみに刷ってしまい、ハイパーインフレなどを発生させ、通貨の価値を大きく下落させることがあります。

    一方、ビットコインは発行枚数の上限(約2100万枚)があるため、システム的にハイパーインフレは発生することはないのです。

    ビットコイン取引の仕組み

    g_05_01.jpg

    ブロックチェーンは、一言でいうと「取引情報を複数の情報端末に保管をする技術」です。

    本項では、以下2点に分けて取引の流れを説明します。 ブロックチェーンを使った取引の仕組みとマイニング ブロックチェーンを使った際の特徴。

    ブロックチェーンを使った取引の仕組みとマイニング

    ビットコイン取引の流れは以下3ステップです。

    ①ブロックチェーンに書き込む取引記録をまとめる

    「AさんからBさんに1BTCを送る」という取引内容がまとめられます。この複数の取引内容をとりまとめたものをブロックと呼びます。

    取引をすすめるたびに、このブロックがつながっていきます。チェーンのようにつながっていくことから、ブロックチェーンと名付けられました。

    このブロックは、一度確定すると取り消すことができません。一度取引が確定すると取り消すことができないため、あとから改ざんすることができない、つまり非常に強固なセキュリティを構築できているのです。

    ② ブロックチェーンに記録する人を決める

    ブロックが確定したら、ブロックチェーンに記録する人を決めます。

    ビットコインの場合、記録するためには、コンピューターを使って暗号を見つける必要があり、マイニング(採掘)と呼ばれます。

    このマイニングに協力してくれる人のことを「マイナー(採掘者)」と呼びます。

    マイナーの中で最も早くノンスといわれている数値を探しだした人が、チェーンにブロックを繋げる権利を与えられます。

    g_05_01.jpg

    ③ ブロックチェーンに記録が書き込まれる

    取引が確定し、ブロックチェーン上に記録されます。このとき、マイナー(採掘者)には報酬としてビットコインが配られます。

    ビットコインで使われるブロックチェーンの特徴

    ブロックチェーンを使うことで、中央の管理者や銀行など第三者を介さずに取引をすることが可能であることを説明しました。このブロックチェーンには2つ特徴があります。

    ① 誰でもすべてのデータを見ることができる

    ビットコインで使われているブロックチェーンでは、台帳に登録されたすべての取引を皆見ることができます。そのため、透明性をもった取引が可能です。

    例えば、ビットコインの場合だったら、ビットコインが誕生した2009年1月3日から、現在の取引記録が複数の情報端末に記録されているということになります。

    ② ブロックチェーンは分散管理なのでハッキングに強い

    従来の管理システムである集中管理型システムは、1箇所ハッキングをされてしまえば最悪全ての情報を盗まれてしまうというデメリットがあります。

    一方、ブロックチェーン技術を用いると、仮に一か所の情報端末が何かしらの攻撃によって、破損や改ざんされてしまった場合でも、ハッキングされていない情報端末があるので、全体で情報を共有するときに、改ざんされた情報は改ざんされたものとして使えなくなるのです。

     

    ビットコインの歴史

    ビットコインですが、紆余曲折様々な歴史がありました。いくつか話題になった出来事を紹介していきます。

    2010年にはじめて通貨としての価値ができる

    2009年に運用を開始したビットコインですが、金銭的な価値を持ったのが2010年でした。 アメリカフロリダ州でプログラマーがピザ2枚を1万ビットコインで購入したのが、ビットコインで商取引が成立した最初の例と言われています。

    2014年 マウントゴックス事件

    マウントゴックス事件とは、日本に拠点を構えていた当時世界最大級のビットコイン交換所がハッキングを受けた事件です。

    ある意味ビットコインの名が有名になったきっかけを作ってしまった事件と言っても良いでしょう。 2014年ハッキングにより、当時のレートで470億円分のビットコインが紛失しました。

    本件の真相は2020年現在不明であり、犯人に関しても、マウントゴックス社のCEOマルク・カルブレス氏ではないか?ロシア人のアレクサンダー・ピニック氏では?と様々な憶測が流れています。

    2017年 ハードフォークによってビットコインキャッシュが誕生

    g_05_01.jpg

    世界的に増大したビットコインの需要のため、取引スピードの遅延や手数料の高騰化に対処する必要が出てきました。※スケーラビリティ問題

    2017年8月1日、ビットコインはスケーラビリティ問題を解決するために、実行したのが、ハードフォークという方法です。

    ハードフォークとは仮想通貨をアップデートする方法の一つです。 ある一定時点のブロックから新ルールを適用し、過去のブロックは以前のルールのままというもの。

    仮想通貨で使用しているブロックチェーンの仕様を変更するので、それまでの通貨とは全く新しい通貨になると思ってください。

    そして、ハードフォークを実行することで、ハードフォーク以前の仮想通貨よりも技術的な性能の高い通貨になります。このハードフォークと同時に、新しい通貨が誕生する場合があり、それによって生まれたものがビットコインキャッシュです。

    ※ここで覚えておきたいのが、ハードフォークをするからといって、絶対に新しい通貨が誕生することではないということです。新しい通貨を誕生させるかどうかは、仮想通貨内のコミュニティ内の合意によって決められます。 コミュニティ内の人全員が、ハードフォークに賛成しても新しい通貨としない場合もあります。主にハードフォークの方法に反対する人がいた場合、新しい仮想通貨が生まれることが多いです。

    注意事項
    こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
    売買はご自身の判断にて行ってください。
    また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
    当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。