Campaign Now

フィンテックで注目される技術・ブロックチェーンとは

フィンテックで注目される技術・ブロックチェーンとは

フィンテックの領域は決済・投資・融資・仮想通貨と多岐にわたり、いずれも独自の技術を応用する企業の参入が目立ちます。中でも注目される技術がブロックチェーンで、「分散型台帳技術」とも呼ばれています。

中央集権型の管理を行わず、世界中にあるコンピューターにデータを分散させ、破壊・改ざんなどのリスクが低くなるように作られたネットワーク上のシステムです。通常、銀行にお金を預けた場合、取引の記録は銀行の中央サーバーによって管理されます。これに対してブロックチェーンは、金融機関などの中央組織を必要とせず、取引情報はネットワーク上に分散されて保存されます。

ただし、暗号化技術により利用者は許可された項目しか参照できず、個人情報が流出することはありません。すべての記録はコンピューターのネットワーク上に保存されているため、誰でも精査・監査ができて、不特定多数の人の目にさらされることで偽造や二重払いを防止しています。この技術が、ビットコインにも活用されています。

g_07_01.jpg

ビットコイン取引の安全性を保つブロックチェーン技術

ブロックチェーンは仮想通貨ビットコインを支える基盤技術として、今大きな注目を集めています。ビットコインは国や企業が管理しているわけではありませんが、ブロックチェーンの技術があることによって、ビットコイン取引の安全性が保たれているのです。

ブロックチェーンの優れた技術は、仮想通貨以外の用途にも応用することが検討されています。フィンテックのサービスの中でも、仮想通貨ビットコインが当たり前のように使われる日は近く、ブロックチェーン技術は私たちの生活に大きな変化をもたらしつつあります。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。