お役立ちコラム

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインは「貨幣」としての存在感が増している!

ビットコインは仮想通貨の中でも最もシェアが大きく、既に海外では日常的に使用されています。仮想通貨なので現実に紙幣や硬貨は存在しませんが、スマートフォンやPCなどを使用して、商品の売買を行うことが可能です。

送金手数料が格安になる、国外でも法定通貨を両替せずに使えるなどメリットも多いため、日常生活で利用できる場所は拡大しています。ビットコインを現金と同じように使用できる日も、そう遠くはないでしょう。

貨幣としての存在感が増すビットコインは、「使う・送る・投資する」手段として、より普及していくことが予想されます。

ビットコインは「貨幣」としての存在感が増している!

ビットコインは電子マネーではない

ビットコインは紙幣や硬貨が存在しないため、電子マネーと混同している方も多いのですが、性質上は全く異なります。

電子マネーを使用するためには、事前にカードへチャージ(入金)する必要があります。そうすることで入金した額を買い物などに使用することができ、わざわざ財布からお金を出す必要がないというのが電子マネーの仕組みです。支払い時にポイントがつく場合もありますが、それは電子マネーを発行している会社独自のサービスであり、「円」という枠からは出ていません。

一方ビットコインは、現実に紙幣や硬貨がなくとも、「円」「ドル」「ユーロ」などと同じ通貨なのです。そのため「BTC」という通貨単位も存在していますし、日々相場も変動しています。

ただ、ビットコインは円やドルと違い、国や銀行などのいかなる組織にもコントロールされていません。インターネットを通して世界中の誰にでも送金でき、手数料も格段に安くなっています。

ビットコインは電子マネーではない

ビットコインの購入・送金・換金が可能な仮想通貨の取引所「ビットポイント」

ビットコインの購入をお考えなら、万全なセキュリティ体制のもとで仮想通貨の取引所を運営するビットポイントをご利用ください。ビットコインの送金・換金などに必要な口座開設を受け付けており、その際の口座開設手数料・管理料は無料にてご利用いただけます。

金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現しており、パソコンからだけでなくスマートフォンからもビットコインの取引が可能です。申し込みページにて、口座開設の流れや規約などを記載しております。ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。