BITPoint Weekly Market View(Jan. 22)

2018年01月22日

<先週の相場振り返り>

先々週、韓国も仮想通貨禁止のヘッドラインが流れて後に下落。

先週はドイツとフランスから、次回のG20で仮想通貨への取り組み姿勢、規制を世界的に設けようと働きかける、といったヘッドラインニュースが流れ、下落に拍車をかけた。
捕まっていたポジションが多かったのだろう。

そして今回のこの事案は要警戒となりそうだ。
中央銀行総裁や国の財務大臣が出席するため、議論になった場合、ネガティブな発言のほうが多いように考えている。

G20は3月19日~20日にアルゼンチンで開催されるが、20か国の中で仮想通貨をポジティブに捉えている国は、日、米、露、加、豪、英の5~6か国くらいではないだろうか。
基本、自国通貨の弱い国々が悲観的に捉える可能性のほうが高い。

これは致し方ないことだ。
新興国の中でも特別なのが、ロシアのプーチン大統領だ。
デジタル・ルーブルを目指しており、いつもは足並みを外す国であるが、この意見については賛成側に回ってくれるかもしれない(笑)。

このサミットまで、まだ2か月ぐらい時間はあるが、しばらくこのイベントを通過するまで市場全体が横ばいで推移をなるかもしれない。
我々投資家としては、良い規制、将来的に良い枠組みの制定に期待したいところだ。

<今週の見通し>

今週に限っては、まだ高値を買っていくようなことはできないチャート形状である。
様子見姿勢を維持で、申し訳ないのだが先週同様に今週のコラムもトーンが弱めである。

上がったところは利食いに押される可能性が高く、市場全体が少し重い空気感があるためだ。
今週も全体的に横ばい、または下値の堅さを今一度試しにいく可能性があるので注意が必要だと考えている。

<BTC/円 現物市場 価格帯予想 1月22日 ~ 1月28日>

想定レンジ:100万円 ~ 160万円
コアレンジ:110万円 ~ 150万円

20180122_BTCJPY

■出所 BITPoint BTC/円

BTC円日足分析をしていく。

綺麗な三角持ち合いから上値方向にブレイクに期待していたが、ヘッドラインニュースが立て続けに流れ反落した。
さすがにこの類の悪材料は事前に察知できないので致し方ない。

先週からBTCの買い入れを少しずつ再開していくと執筆させて頂いたが、方針を転換する。
今一度、様子見姿勢とし、買い入れたポジションは上がったところは一旦売ろうと考えている。

目先、レジスタンスラインとして機能するポイントは150万円と160万円になる。
特に160万円以上にまで価格が持ち上がるのは少し難しい展開かもしれない。
下落のスタートがこのポイントだったため、一度では上抜けて行かないかもしれない。
150万円付近まで上昇したら、今一度、コストを見直してポジションを解消していく予定だ。

いつも通り、現物ポジションは7割、現金ポジションは3割ぐらいの比率で様子を見守りたい。

<ETH/円 価格帯予想 1月22日 ~ 1月28日>

想定レンジ:80,000 ~ 140,000円
コアレンジ:90,000 ~ 130,000円

20180122_ETHJPY

■出所 BITPoint ETH/円

イーサリアム分析に移る。
日足のサポートライン10万円を下髭で抜けている。
再度、このラインを伺う展開の場合、さらに下値の余地が拡大しやすいだろう。

ただ、他のアルトコインと比べて値を戻す回復力が強かったように感じる。
下値は他と比べれば限定的かもしれない。
ビットコインよりは、イーサリアムを優先して買いを入れていけそうだ。

ポイントは、もし10万円を下抜けする場面がある際に、出来高に注目してほしい。
下落中に出来高が増える現象は既に買いポジションが逃げ切っている証拠なので、買いの合図となりやすい。
今週はここを見極めるポイントなりそうだ。

最初に投資再開を視野にいれているのはこのイーサリアムになる。

<BCC/円 価格帯予想 1月22日 ~ 1月28日>

想定レンジ:15万円 ~ 25万円
コアレンジ:17万円 ~ 23万円

20180122_BCCJPY

■出所 BITPoint BCC/円

続いてビットコインキャッシュの分析に移る。

四角で囲った上髭の上値ブレイクが失敗に終わったのが非常に残念な形となった。
先日のコラムで、このポイントについて少しボヤキをいれたが、見事にしっぺ返しとなってしまった。

こちらも新規で買い向かう場合、1月上旬ぐらいの出来高にまで低下しないと買いに行けない。
すでにその兆候が出ているため、今週の後半からはそのようになるかもしれないが、数日はまだ様子見となる。
現在持っているポジションは買い継続のままでいる予定だ。

追加はまだなし。

基本様子見、BTCとETHの利益確定で残った現金ポジションを今週前半は維持し、後半にタイミングがあえば、またエントリーをしていく。
しかし、上値は追わず、今一度ポジションを縮小することを考えていく予定だ。

<LTC/円 1月22日 ~ 1月28日>

20180122_LTCJPY_board
 
20180122_LTCJPY

■出所 BITPoint LTC/円 日足

最後に先日ビットポイントジャパンで取り扱いが始まったライトコインについても触れておく。

まだリリース直後のため、ローソク足のデータが少ないため分析はできないが、非常に狭いスプレッドで提供が始まっているのでぜひ参加して頂きたい。

板が薄いものの、こちらは皆さんの参加によって充実したものとなる。
LTC/円では、おそらく国内業者の中で最もスプレッドが狭い業者となるだろう。

また次回から少しずつライトコインの相場分析を進めていく予定なので期待してお待ち頂きたい。
今回は簡単だが、ライトコインの紹介も入れておく。

■執筆者プロフィール
ひろぴー(@hiropi_fx

FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


免責事項・注意事項

ページトップへ戻る