BITPoint Weekly Market View(Dec. 11)

2017年12月11日

<先週の相場振り返り>

また先週も非常に大きくビットコインが上昇していった。
各取引所の高値は違えど、おおよそ210万円~240万円で現物は高値をつけたようだ。
今週もどこかでこの動きが継続されるのかもしれない。

急騰あれば急落もあり。
一時150万円を割り込むなど、調整もあっというまに済ませて現在170~180万円で推移をしている。

正直ちょっと危険さを感じるが、急落するとしたら来週のCMEにビットコイン先物が上場してからではないかと考えている。
今週の見通しをみていこう。

<今週の見通し>

ビットコインの上昇急落に巻き込まれつつも、アルトコインも比較的堅調に推移をしている。
正直、今週のビットコインの見通しは厳しいものがあり、個人的にはやや敬遠気味だ。
ビットコインキャッシュを追加で仕込み始めており、今週の個人的なメインコインはBCCで考えている。

<BTC/円 レバレッジ市場 価格帯予想 12月11日 ~ 12月17日>

想定レンジ:100万円 ~ 250万円
コアレンジ:130万円 ~ 200万円

20171211-btcjpy

■出所 BITPoint MT4 BTC/円

BTC-FX日足チャートになる。
目先サポートラインとしてワークしそうなポイントは130万円前後のサポートラインになる。
この付近では強い押し目買いが入ると考えられる。じっくり待つならこのポイントからであろう。
BTC現物で買い下がるつもりで臨みたい。

短期トレードの場合は、高値圏では振らされる展開を想定し、FX取引で10万円程度の値幅を抜くぐらいの気持ちでトレードをすると良いかもしれない。
ご覧の通り、日足レベルで1日に30万円前後も動くので、十分値幅として取れるのではないだろうか。
ボラティリティが高いため、ストップとリミットはどちらも的確に入れておこう。
またエントリーロットは少なめに設定をして余力を残しながらトレードしていきたい。

<ETH/円 価格帯予想 12月11日 ~ 12月17日>

想定レンジ:45,000円 ~ 60,000円
コアレンジ:45,000円 ~ 55,000円

20171211-ethjpy

■出所 BITPoint ETH/円

イーサリアム円の現物チャート分析になる。
目先サポートラインが45,000円で引ける。
ここを割り込むと少し苦しい展開となるが、ここで少しだけ買いを入れておきたいポイントでもある。

割り込んだ場合、4万円付近まで下落する可能性があるので、追加ポジションは少し離れた4万円付近で買いを指しておくと良いだろう。
出来高が直近高値圏で増えてきており、直ちに新高値をつけていくには少々厳しいと思われる。
何か好材料のニュースが流れない限り、少し上値が重い展開が続くのではないだろうか。
横ばいでもう数日~数週間このレンジでとどまるか、少し右肩下がりになるのではないかと考えている。
よって向こう1~2週間にかけては、買い場が何度かやってくるだろう。
中長期狙いの投資家は今月中に買い仕込みをしておくことをおすすめする。

<BCC/円 価格帯予想 12月11日 ~ 12月17日>

想定レンジ:10万円 ~ 20万円
コアレンジ:13万円 ~ 17万円

20171211-bccjpy

■出所 BITPoint BCC/円

最後にビットコインキャッシュの現物になる。
サポートラインを引いた13~14万円付近をBCCが割り込もうとするタイミングに注目してほしい。
何度も買いが入ってきていることをお気づきになるだろうか?

何かしら、ここを割り込ませたくないのか、上がる材料があるため、押し目買いが旺盛なのかはわからないが、相場心理上、どちらにしても大きな勢力の買いが入ってきているのは確かなようだ。
この勢力には逆らう必要もなく、大きく相場を動かせるプレイヤーがいることがわかったのだから素直に買い持ちしておくことがベストである。

おそらく近々ポジティブな材料が流れるのではないだろうか。
いずれは30万円まで価格を回復させるのではないかと考えており、ここを超えて行くと凧の糸が切れたかのように高値を更新し続けるであろう。
買いが買いを呼ぶ展開になるはずだ。

今週の仕込みコインの個人的な優先順位は
BCC≧ETH≧BTC
で考えている。

くれぐれもBTCの急落には気を付けて頂き、キャッシュは多めに準備して相場に臨んで頂ければ、と思う。

■執筆者プロフィール
H&Iトレード株式会社
代表取締役 加藤 宏幸(通称:ひろぴー)

FXトレーダー兼FXコラムニスト。
サラリーマントレーダーとして、第一回「ザイFX!杯 FXリアルトレード対決!」で優勝するなど、数多くの実績を残す。
複数のポータルサイトにて執筆活動も精力的に行うなど、各種メディアへの出演も多数。
2015年からは仮想通貨の可能性に注目し、ビットコイントレードを開始した。


免責事項・注意事項

ページトップへ戻る